FC2ブログ

ED6A2kqUwAEw6SP.jpg
◆参加してまいりました
 2019年9月8日に開催された「第七回文学フリマ大阪」にサークル参加してまいりました。
 懸念だった台風は関西・中部をそれて、なんと静岡・関東方面に直撃し、帰り~翌日に大きな影響がでてしまいました。
 会場は晴れているのに、新幹線が軒並み運休となって、関東方面の方は随分と大変だった様子です。本当にお疲れ様でした。
 
◆当日の様子
 当日の行き来は近鉄を使い、なんばから地下鉄を乗り継いで会場へ。直結とお聞きしてましたが便利~~~便利~~~~!
 朝5時に地元を出ても会場到着が10時前のため、設営のご協力はできなかったのは申し訳ないです。
 しかしすごく緊張してました。なんでかというと、おそらく2014年以来の規模の大きなイベント参加だったからです。というか文フリ自体久しぶり。出店でいえば第二回大阪(2014年)が最後なので。(最近は名古屋コミティアもすごく大きくなりましたが……某レボさんはほら、いつも委託の一般参加なので……)
 持っていった頒布物も、基本的に大阪初売り。気分は初参加のようなものです。

 会場の広さや人の多さにテンションがあがります。ドキドキしながら、初お目見えとなった「棚化キット」(SiestaWebの桂瀬さん製の段ボール棚)を使って設営。文庫本主体のうちにはちょうどいい薄さと高さです(以前はだんだんだんぼーるさんを使っていたのですが、B5などの漫画本を想定されているそれらだと大きすぎて、手に余っていたのです)下に置く箱に在庫を入れられる、棚自体は薄くて軽いと便利なので、文庫本~A5サイズがメイン(300p超える鈍器は2冊か1冊しか置けないのでそこだけ注意)で、品数がどちゃくそ多めじゃないけど目立たせたいな、みたいなサークルさんにオススメですぞ~~~。
ED6A2kqUwAEw6SP.jpg
設営写真。実は帰ってから蒼衣のアンソロジーに値札が貼ってない事に気づいて、何の本なのか分からない状態で大変申し訳なく……(途中で装丁で手に取って下さったのか、見てくれた人がいて嬉しかった~)

 設営完了、そして入場。やはり最初はみなさんお目当てのサークルさんに向かわれるので、見て下さる方は少なく(逆に顔見知りのお知り合いさんが早めに来てくださいました。ありがとうでした)耐えかねて自分も隣接のあずみさんにお任せしてさっさと回遊してたのほんとひどい。
 スペースを見てもらえる余裕が出てきたのは12時~13時くらいだった記憶があります。蒼衣~の無配などをスパスパお配りしていったら無くなりました。なんかほんとすごく弱気で、スペースを見てもらえる余裕など皆さんないのでは、と思ってたのですが、存外気にして下さる方が……というより、両隣のパワーに引き寄せられて見た人が「なんじゃこれ」と見てくれたり、あずみさんが「こちらにも~魔法菓子が~おすすめですよ~」ってなぜか売り込みして下さって……みたいな……あとはポスターと表紙の力……・(これ言うと怒られるけど、実際蒼衣の「表紙がかわいい」って言われたからウソジャナイもん……ほんとだもん……)
 前回の新刊だった「九十九ふくふく堂」の持ち込みが少なかったので、後でほしかったなあという方に渡せずにそれは申し訳なかったです。あれは表紙のロゴが褒めてもらえることが多いのと、お知り合いさんがご感想を言ってくださることも多いので気になる方が多いものなんだなあと実感しました。
 無配新刊だった「滅びとの婚姻」と、残り1冊「魔法菓子コレクション」も完売となりました。魔法菓子、あれは本当によく見てもらえる(表紙の力……というより、題材ですかね。魔法のお菓子というのはどこでもパワーワードらしく、どのイベントでも触れてもらえる果報者です)ので、また書きためたら総集編が作りたいですね。
 ただほんとお財布事情で申し訳ないのですが、再販が未定です。日本茶カフェのあやかしもの(もう開き直ってあやかしもの扱いをしてます)「九十九ふくふく堂」はWEB小説投稿サイト(無料で読めます。閲覧だけならどこでも会員登録無しでOKです)カクヨムエブリスタセルバンテスで全文公開しておりますので、よろしければご覧いただければ。魔法菓子コレクションもまた投稿サイトに纏める予定です。
 無料配布だった異世界ファンタジー(通称・男を結晶に閉じ込めて結婚しちゃうぞ本)「滅びとの婚姻」はカクヨムエブリスタでも公開しておりますので、よろしければごらんくださいませ。

 今回はいぐあなさん・歌峰由子さんの本を一種類ずつ委託させていただきました。どちらも完売させることができたのでよかったです。
 
 とにかく人が多かったです。そして、ありがたい事に午後からは通りがかりの人がブースを見てくれている印象。そういう時のお声かけは本当に悩みます。ご説明してお話すると、買わなければという強迫概念もあるのかなと思うと、タイミングを計るのがなんとも。
 お尋ねいただければもちろんご説明はするのですが、難しいなと思います。
 それでも、素通りばかりではないのが救いでした。自分は売り子するのが好きなタイプなので、何もせずに待つ時間が実はしんどいのです。だから見てくれるだけってのも、最近は随分嬉しいです。
 部数を少なく持ち込むものが多かったので、空いたら寂しいなと思い、家に眠っていた予備用の在庫を持ってきていました。
 2014年の大阪文フリでは分冊で出していた「超絶変身ユカリオン」の合本版と、飯テロBL「君と食べ物があればいい」。ユカリオンは気になっていたという方の手元に行き、飯テロBLは表紙で気になって下さった方に行きました。全く宣伝無しの本も出て行ったので嬉しかったですね。
 
 文芸イベントの初動が遅いのは、見本誌コーナーで吟味してからというのもあるのでしょうか。自分も見本誌で見てと言われたので。
 自分は……いけませんでした……!! いやもう知り合いさんとチェックしてたところを回って買ってお話してるだけで時間が溶ける溶ける。いくら優しいお隣さんがお店番をして下さってるとはいえ(しかも頒布物も傾向も分かってるため安心)やはり気もそぞろになります。
 おまけに今日は撤収を早めに計画してたので、以前のようにゆっくりにとはいかないのも歯がゆいです。
 隣接していただいたあずみさんにも大変お世話になりましたし、お隣・後ろの方とも良好な関係で楽しく快適に過ごせました、ありがとうございました。

◆撤収
 台風の影響で、当初予定してた帰りの新幹線がなくなったため、慌てて帰りの近鉄特急を取りました。そうすると行きと同じく3時間コースになるので、15時半には会場を出ないと帰れない! となったので、14時45分ごろから片付けしてました。17時までやってるイベントをこんな早退すんの嫌だ~とは思いながらも、体力も持たないので後ろ髪ひかれながら帰りました。
 あと、会場で落とし物をしたのですが、親切な方が届けて下さったようでみつかりました! 事務局さんもこまめにアナウンスして下さったので気づけました。ありがとうございます!!

◆見て下さってありがとうございます
 いやはや、いろんな人とお会いできて、短い時間ながらもお話できたことと、初お目見えですが様々な人に本を取ってもらえて、嬉しいです。特に「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」は単価900円なので、そう簡単に手に取れるものではないことはわかってはいるのですが、嬉しいですね…(語彙)
 それでも課題はあって、いかに目を止めてもらえるかかな、の観点では、正直どうやって工夫しようかな~と悩むところです。
 あと、ご説明のタイミングや、勇気なども。色々説明しすぎるのも押しつけがましいし、かといって無言なのも…と悩みます。
 中身のお話を書くのはまた別問題なので……ええ……(目逸らし)

 来年も出たいなともくろんでいます。やっぱり大きなイベントはよきよき。小規模なイベントも素敵だとは思うのですが(言葉は悪いけど)売り買いのコミュニケートがしたい自分は、無配でもいいからもらってくれるイベントの方が、今の精神的には落ち着くのかなと思ってます。
 
 次回イベントは、東京・浅草で10月12日(土)に行われます文章系同人誌即売会「第9回Text-Revolutions」の委託です。「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」「蒼衣さんのおいしい魔法菓子 公式アンソロジー みんなのスペシャリテ!」「変身ヒーロー・ヒロインズ」の3種と、無料配布のお試し本を予定しています。どれも代行購入対応しますので、よろしければこちらもよろしくお願いします。
 テキレボ委託で年内のイベント参加は終了となります。来年度は、春の名古屋コミティアには申込予定、その他の文芸イベントはまだ考え中です。あまり出歩けないのに在庫はたくさん(もうほんとうに。蒼衣~なんてまだまだたくさんあってですね……)あるものですから、もしよろしければお知り合いの方で個人委託をしてもいいよ……って方が居たらご一報ください。

 というわけで年がら年中自家通販をBOOTHで受け付けています。クロネコヤマトの匿名配送サービスを使っています。
・その他、「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」のみ、アリスブックスさんでの通販委託をお願いしております。
・期間限定ではありますが、北海道札幌市の小さな本屋さん「かの書房」さんの貸し本棚に「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」を2019年10月28日まで委託をお願いしております。

 そしてご感想や読了報告はTwitterやメール、本の巻末にあるQRコード記載のアンケートに是非是非お送りいただけると、すごくうれしいです。(何年前の本でも嬉しいのであまりお気にせず)
スポンサーサイト



◆コメントお返事
2015年10月12日 .goさん
>コメントありがとうございます! 過去のコミカライズ版ゾロリの絵を褒めて下さってありがとうございますー。
>美女たちの名前は、是非是非きむら先生の描かれたコミックスを買って、物語を楽しみながら確認するのがオススメです(*´ω`)

◆そうなのよコミックス版オススメなのよ
 久しぶりにコミック版ゾロリネタがあったので懐かしむ。獣人苦手な自分がよー描いたなあと思います。
 2015年現在、コミックスサイズのものがアマゾンでも手に入りにくくなってますが、後期の大判系は注文できるのでお子さんのいらっしゃる方にオススメです>ゾロリコミックス版
 児童漫画のノウハウを熟知したきむら先生が描いてるんだから当たり前じゃんよ……フフ……。ケモナーの方にもお勧めなのかな……? そのあたりはちょっと専門家頼みます。
 そんでもってそのきむら先生が担当した学習漫画が出たよ! 新刊だぜ! 新作だぜ! 別に出版社の回し者じゃないよ! ただの一ファンだよ!
 →学研まんが科学ふしぎクエストシリーズ「人体迷宮を調査せよ!食べ物のゆくえ編」  / Amazon
 先生のブログでの告知はこちら
 コマ割りやお話のテンポ、ギャグと、コミックボンボン黄金期の先生が描くんだから面白いにきまってらー。
 私も本屋行ったら買うのだ。

2015_0505_comitia112ディスプレイ
◆コミティア112お疲れ様です
 というわけでですね、5月の大型イベント終了です。うひょー。いやはや賑やかなディスプレイになりました。
 
 改めて。
 新刊アンソロジー「なないろ世界の食歩記」および、コミティア112部活動「ヒロイン☆ふぇすた2」、本当にありがとうございました! 
 なないろも黒姫も他の本もお昼すぎには全て無くなってしまい、昼にお越し頂いた方に申し訳なかったです。
 なないろは増刷が決まっております。順次、執筆者の世津路さん(こんぽた。)、森村さん(HPJ製作工房)、堺屋さん(S.Y.S.)のサークルで、地方イベントや文学フリマ等頒布予定ですので、お見かけの際はどうぞよろしくお願いします。
 「またまたご冗談を!」の直接参加の予定は未定(一番可能性が高いのは9月の名古屋コミティアなのですが、ちょっとまだわからないです)ですが、自家通販と、可能であればどこかでの委託販売を考えておりますので、イベントでの入手が難しい方はそちらをどうぞご利用頂けると嬉しいです。
 
 さてさて、ではレポート。

◆全体の印象
 にぎわってましたね!! 早朝は曇りで風もあり、寒いなあと思っていたのですが、お昼になって晴れてきたので、イベント終了後は逆に熱く感じるようになってました。
 お向かいの東1・2・3でとうらぶオンリーや西でも他のオンリー、イベントがごった返ししてる中での開催。昼からはとうらぶのパンフとティアマガを持って歩いている人たちも見かけて、OKこれは相乗効果だ! と勝手に思ってましたウフ。

◆◆◆自分のサークルの話

◆なないろ世界の食歩記
 文フリ、ティア共に完売しました。本当にありがとうございます。
 お昼過ぎには完売してしまい、手に入れたかったな~という方に申し訳なかったです。
 一次創作では初めての文庫本アンソロジー、作り方も売り方も部数も読めず、何もかも手さぐりで作りましたが、執筆者の方のおかげで、素敵な一冊になりました。
 キャッチ―な表紙と、そして、中身もパラ見して「面白そう」と言ってくださった方が文フリでいらっしゃったとか。執筆者の方々の力を感じて頂けて嬉しいです。

 上記にも書きましたが、こちらのサークルの活動縮小があっても、この本はしばらくイベントの隅っこに置いてもらえる予定なので、よろしければお手に取って頂けると嬉しいです。
 
 そしてお手に取って頂けた方々へ。
 もしよろしければ、一行でも一言でも何か感じて頂けたら、ツイッターなどでお伝え頂けると、執筆者全員喜びます。(本の最後あたりにツイッターアドレスへのQRコードついてます)もちろん心の宝箱にしまっておくのもOK!
 なんならどなたか飲食系アンソロジーやりませんか。編集中おなかすきますよ。オススメです。飯テロです。

◆ヒロイン☆ふぇすた
 いたるところでスタンプ台紙を持って歩いている方が居て嬉しかったー! たくさんハンコも押しました。ポポン。
 ちなみに開場してからの11時~12時は冬青さんに売り子で居たのですが、女性の方はワスレナウタシリーズを全巻買ってかれる方が多くて、中にはサイトや宣伝を見て気になったのでと言っていらっしゃった方が居ました。サークル主じゃなくてごめんなさいでした……。
 本部も豪華だったね! すっげー目立ってた!
 あっこれ本部の写真です。
DSC_0488.png
おまけでうちのスペースの後ろにあったこんぽた。さんとS.Y.S.文学分室さん
2015_0505_comitia112ディスプレイ02
 やっぱ高い所のポスターは目立つねえ。

 今回はパワーアップして、本当に様々なヒロイン(男の娘から人外まで!)がそろいましたので、お好みのヒロインを見つけて、楽しんで頂けると参加者としては嬉しいな!
 そして嬉しいことに、黒姫持ち込み分が完売に。
 ヒロイン☆ふぇすた効果でした……。対象作品はこちらです、とご案内がしやすかったなあ。スタンプラリー用紙なのがすぐに分かるのと、マス目に卓番号が書いてあるので探しやすい。もちろんマップも。
 DSC_0490.jpg
 ちゃんとスタンプコンプしたよっ! 

 黒姫も在庫あるので、もしご興味持たれた方は自家通販のご利用をおすすめしておきます……ヘヘヘ……。

◆その他のこと
・驚くべきことに、新刊の「異世界ファンタジーのエンディングを迎えたら」や、既刊である「超絶変身ユカリオン 合本版」や無配の「グラタンをつくれば」も持ち込み分が完売しました……。ほへ……。
 確かに全てコミティアでは初頒布(ユカリオンは厳密に言うと違いますが)だったので、もうちょっと持っていけばよかったなと後悔です。(テキレボと名古屋の頒布数でちょっと弱気になってたのが……あかんかった……いやでもあれがうちの普通の持ち込み数です……っていうか昔に比べたら格段に持って行ってる数だったんですが……)
・事前チェックしてたサークルさんを回るのに必死で新規開拓ってやつが……でけん……くすん……。
・いろんな知り合いさんが訪ねて下さって嬉しかったでござるー。差し入れもありがとうございますー!


◆打ち上げ
 ヒロフェスの打ち上げ参加しました。売り子してくれた岡亭さんも一緒に。
 いやー……肉や寿司が美味しくてなあ……(そこかいな)
 お酒なしだったので歩き回らず申し訳ない……。ちゃんとお話……今度の機会には……したい……!!
 (ほんであきらつかささんがA5版ユカリオンを持ってらっしゃると聞いてドッヒャー……未完成版ならいいんですけど、インクジェット”光沢紙”表紙のものだったら……あああ…………あああああっ/実は由香利の性格設定とかお相手の男の子の設定が全然違うのです……ヒエエエエエ)
 ほんと、主催のクロヒス諸房トオノキョウジさん、そして皆さん、本当にお疲れ様でした!! 楽しい時間をありがとうございます!!

◆今後
 今後はイベントの委託や、委託ショップさん、自家通販を中心に頒布を続けていきます。
 書きたいお話はあるので、WEBでの発表が出来ればと思っています。ちっとばかし浮上率は少なくなったりするかもですが、相変わらずなのでどうぞこれからもよろしくお願いいたします。
 



 

◆あけましておめでとうございます
 今年も少しづつで良いので、書いていけたらなと思います。
 
◆創作バトン
 サークル「S.Y.S」の堺屋皆人さんから頂きました創作バトン。実は去年の冬頃にも別の方から回して頂いていたのですが、ツイッター上でお答えしたため&あれから時間も経ってるので改めて答えさせていただきましたー。

1.アイデアとかどうやって出しますか?
 妄想から広げていく感じ。自分の好きなもの・コトから広げていきます。

2.アイデアが出やすい場所
 行き帰りの自転車走行中……。
 あとは、友人などと話しているとそこから広がることが。ある意味ではうちは共同執筆みたいな感じなので、いつも他人様に頼ってばっかりです。

3.作品仕上げるのにどのくらい時間かかる?
 アイディア出しからなら、完結までにユカリオンは5年。
 黒姫は2010年なので、4年くらい。
 そのうち2~3年は着手出来ないことが多い。
 参考までに黒姫の時は、
 キーワード出し・プロット→2週間
 下書き→1か月
 直し→1~3か月
 この間にプロットや下書きの意見をもらったりしているので、大体半年くらい。
(実際は半年ほど全く舞台の違う形のプロットもどきを5~6個作ってた。異能力のバトルもの、異能力の学園ものだったり、黒姫が秘境の村から逃げてきた特異体質の女の子で、製薬会社から逃走する、とかね。黒姫と高校生の男の子のコンビが、青子と男の子のコンビ(主人公の男と、青子のパートナーは親友同士)と戦う話とか。最初から女の子が戦う話っていうのは決まってたんだけど、どの世界舞台で活躍させるかが決まらなくて、紆余曲折あって今の夢の形になりました)
 
4.今までで一番嬉しかったことは?
 いつも思うんですが、初稿のエンドマークまで行く瞬間。あ、ちゃんとかけたんだ。って思えたので。

5.尊敬する人は?
 作品を楽しんで書ける人たち全てを。

6.目標とかありますか?
 今年一年なら、黒姫の続き。
 技術面なら、もう少し作品に合った書き方、表現、そして、文の事を知る事。

7.描きたいジャンル
 ・BL
 ワンライで書いたあの二人(優男とサラリマン同居のアレ)が気に入ってしまって、ちょっともっかい書けたらいいなとか思ってる。
 ・小学生主役の冒険活劇系話
 Tsというシリーズで、昔から居るキャラがいるので、そのキャラで書けたらと。自分がラノベではなくて、児童文庫系の作品に萌えるので、自分でも書けたらなーと。

8.回してくれた人どう思う?
 堺屋さんはバイタリティ溢れる元気な方で、その影響を受けて元気になれるときがたくさんあります。
 まっすぐで個性的なキャラクターが大好きですよー! いその大好きさ!

9.お疲れ様でした!
 こうやって自分のしてること細かく見るのも楽しいですね。
 以前は黒姫書く前に答えたので、また感じ方も変わってるかと思います。
(ツイッタで検索したけど見つからんかった)
 
 次の方へは、すみませんターンエンドでお願いします。
 
◆また走り出さないと
 ちょっとお休みしすぎてたのでまた走り出そうなーと最近の私です。
 いろいろやりたいことあるので、やっていきますぞー。

いつも皆さん拍手(サイトの拍手も!)ありがとうございます。反応遅くて申し訳ない。

>>いぐあなさん
 17歳由香利へのコメントありがとうございます! 原作セラムンを読み返していた時、だんだん成長していくうさぎの表情がいいなーと思って、うちの由香利でもできないかなあと思って描いたのです。
"引退した戦闘ヒロインの復帰戦" いいですよね!!! なんかかんかこねくりまわして、17歳由香利が戦う話とかも面白そう! なんかネタ思いついたら書いてみたい……。そうやって考えて楽しんでいただけると、やっぱり本当に、読んでいただいてよかったなあと心底思います。
 黒姫のこともありがとうございます! いぐあなさんから「待ってます」とお言葉いただけて、とりあえず下書きはできました。当初の予定とはちょっと違う世界観の話になりましたが、よろしければまたお楽しみいただけるとうれしいです!