◆やっと許可を頂いたので公開だ!
 というわけで連日もらってばっかりのお話で大変にこう、鼻高々でそろそろその鼻折れるんじゃないかなあと戦々恐々なんですが、自慢していいよ好きにしてって言われたから紹介するんだーひゃっほー。

 拙作「超絶変身ユカリオン」より、由香利の変身した姿=ユカリオン描いてもらったんじゃーーー!
 サークル「クロヒス諸房」のトオノキョウジさんからだよーーー!
 kyozy_yukarion.jpg
……実は去年の「誕生日、祝って欲しくなんかないんだからねいですお願いします!」企画の時に「こっそりだよこっそり」って頂いてたもの。一年間寝かしときました! 
 スマホの待ち受けにしてましたので、いつでも自慢できるようにしてたんだけどね!
matiuke.jpg
 ……スクショ撮れよって言われそうですがスクショ取れないねん……。

 ほんでもって今年も何故かい頂きましてね! 同じくユカリオンから、今度はカマセイヌだってさー!!
kyozy_wanwan.jpg
 吼えてますよこの見事な犬男。鉄の爪(アイアン・クローなるルビがふってある中二感溢れる呼び名)もギラリとね!

 この二枚が並ぶとすっげー「戦闘中!!」って感じですわ……。

 そんなトオノさんところの作品は、こんな風に戦ったり眼鏡っ子が活躍したりとにかく楽しいエンタメラノベを書いてるよ! 一冊読み切りで楽しいよ! だから買いに行こうぜ! 直近イベントは「Text-Revolutions」だぜ! スペースはC-13「クロヒス諸房」(WEBカタログページ)だぜ! 電子書籍版もあったりするぜ! これくらい宣伝しとけばええかな。
 
 というわけで自慢させてもらいました。
 ほんと二次描いてもらえるの嬉しい!
スポンサーサイト

◆自作品の二次!
 を、もらって……というか、ほぼ「書いてー! 書いてー!」とわめき散らした結果、
HPJ製作工房」の森村直也さんに「夢守人黒姫」より、青子/バレンタインというお題で小説を頂きました。
 私が書くよりまとまってて、ほぼ本編まんまじゃないですか……つうかもう本編でいいよこれで……!
 っていうくらい、完成度の高いお話です。バレンタインという季節ものではありますが(だから今更感あって申し訳ない……)「黒姫」読了済みの方も、これから(……なんというダイレクトマーケティング)の方も、どうぞご覧くださいませ。
※PDFファイルでの公開です。
※森村さんに許可を頂き、自サイトのサーバーにアップしています

→【青子のときめきバレンタイン/森村直也 様】

 こんな感じの文体で、SFファンタジーを書かれるサークルさんなので、是非是非ご本も!
 練りこまれたプロットから出来上がる、完成度の高いお話が多いです。
 直近イベントは「Text-Revolutions」 スペースはB-25「HPJ製作工房」(WEBカタログページ) ですぞ。
(※イベント近いので勝手に宣伝です)
 

 黒姫に関しては、頒布直後にすぐ感想を頂けたり、おまけに絵まで描いていただいたり(堺屋さんありがとうございます!)で、改めて嬉しいなあ、と心底思っています。
 

■星くず管理人×超絶変身ユカリオン 二次創作SS
 一次創作でお付き合いのある、少年・ファンタジージャンルの岡亭みゆさんの作品のキャラクターをお借りして「ユカリオン」の話を書くという、ややこしいことをやってしまいました。それただの二次創作っていいますやん。
 私が元々、岡亭さんの作品「星くず管理人」のビティさんというキャラが好きで、しまいには「彼女に叱られたいよおおおうおおお」というのをこじらせた結果、うちのうじうじヤローキャラ・榊乃優人の夢という体裁で書いてしまえ! それなら「ヒカリシ」のヒカリシさんとカゲシさんもお借りしてよろしいかしらよろしいかしら、と打診したところOKのお返事もらえましたので、彼らにもご出演いただいております。
 岡亭さんの魅力あるファンタジーの世界観を、文字で表現したらどうなるだろうか? という好奇心にも勝てませんでした……。
 岡亭さん、本当にありがとうございました!!

【火色星の夢】(二次創作)
※サークル「火色星」岡亭みゆさんの作品世界観および、作品「星くず管理人」のビティさんと「ヒカリシ」のヒカリシさん、カゲシさんをお借りしています。
 性格や世界観設定は服部の独自解釈であり、「星くず管理人」「ヒカリシ」作品本編との関係はありません。
※拙作「超絶変身ユカリオン」のキャラクター・榊乃優人が見た夢としての話
※ユカリオン本編中の設定だけど具体的にどの辺りかはご想像にお任せ
※公開範囲:ネットのみ

本文は続きからどうぞ 続きを読む

■二次創作「青い花」
 以前きむら先生がツイッターに上げた絵にすんげーイメージ湧いちゃったので、SS書いてしまいました。
 http://twitpic.com/cyo2wc
 憂いのある表情とか! 真っ青な綺麗なお花とか! しかも学生!(だと思われる)
 しかも「きむらひろきは右目から真っ青な花が咲く病気です。進行するととても惚れっぽくなります。人魚の鱗が薬になります」
 惚れっぽく?! 恋愛ものなの?!
 ↓
 そうだ書いちゃえばいいんだーあははははー!
 という流れですユカリオンのプロットどこいった! 毎日頭悩ませてますよ! 爆発しそうだったんだよ! 二次創作楽しいんだよ!!(本音)

 
 というわけで描いて下さって先生ありがとうございます拝んでしまう。
 序盤だけ乗せているので、続きは記事の一番下からどうぞ。

※きむらひろき先生の絵を元にした二次創作です
※公開範囲:ネットのみ

:::::::::::::::::::::::::

 【青い花】
静まり返っている図書室の中。椅子に腰掛けている彼の右目から、それはそれは真っ青な花が咲いている。
 目の前で散っている花びら邪魔じゃない? って聞きたくなってしまう程、花は咲き誇っているのに、彼は以前と変わらない、間延びした声で「やあ」と私に言った。
「……お花、大きくなったね」
「うん。だいぶ大きくなった」
「その花、邪魔じゃない?」
「うーん……ちょっとだけ本が見づらいかな」
「それだけ?」
「うん」
 それだけ言うと、彼はまた手元の「テストに出る英単語」に目を落とす。私と彼しか居ない図書室の中はしんと静まり返っている。その間にも花びらはお構いなしにひらひらと散っていく。
 私は彼の向かいに座り、その様子を暫く見つめることにした。真っ青な花びらに囲まれた彼は動じない。ただ淡々と、本のページをめくっていくだけだ。
 どうして彼の右目に花が咲いてしまったのか、解る人は誰も居なかった。当人にもわからない。ただ、彼は慌てるでもなく、恐れるでもなく、淡々と、あたかも自然に、花が咲いているという事実を受け入れているようだった。

続きを読む