◆読書記録
 ツイッターでやってたやつを、検索に引っかかりやすくするためにブログにしてみました。
 商業・同人ごっちゃ。ほぼ読了記録のようなものです。
・1~3行程度の短いコメントが主です。時に思うことがある場合はそれ以上書いたりしています
・作者さんがご覧になって、掲載内容や、掲載自体に問題がある場合はお知らせください


◆商業(敬称略)
シンデレラ・レッスン(栗谷あずみ/新潮社 プリシラブックス)
まさにシンデレラなお話で、最初から最後まで夢を見せて下さってありがとうございますと何度も思いました。
しっかりと働き、なおかつ思いやりのあるヒロインですが、過去のトラウマからおしゃれや恋愛を楽しむことが出来ない……という所に勝手に感情移入していました(ここが、まさに「夢を見せてくれる」ポイントなのかもしれません)
槇さんの恋に落ちる様子が気に入りました。素敵な男性が、原石を秘めた女性をどう好きになるのかがとても気になったので。

楽園で恋をする ホテル御曹司の甘い求愛(栗谷あずみ/竹書房 蜜夢文庫)
良くも悪くも普通のOLさんが主人公で、きっと優梨がとても思い悩んでる事は、ごくごく普通の女性には多くあてはまるんじゃないかなあと同情しながら読みました。単に見初められて、流され続けるのではなくて、しっかり思い悩んだ上で行動する後半の優梨の成長にぐっときました。あとは、一見パーフェクトに見えるヒーローがぼろっと本音や弱音を吐くところや、実は優梨と同じような悩みを抱えていて、ただ求められる関係というよりは、仲間意識見たいなものが芽生える瞬間が好きです。
あとは、他のあずみさんの作品よりもとてもエッチなシーンが多いですね……エロを求める方には一番オススメかも。

・これで「耽溺クルーズ」合わせて3作読ませて頂きました。TL初体験。
 今まで成人向けに近いものは、男性向けエロ漫画しか真面目に読んだことが無かったので新鮮な気持ちに。個人的にオレ様系ヘテロ恋愛のお話は好んで読まないので、どうせオレ様キャラにムカつきながら読んじゃうのかなあ、と変な先入観があったのですが。
 予想以上に、女性の仕事への意識や恋愛への感情と、それ以上に男性キャラの気持ちもしっかり描かれていて面白かったです。(あずみさんの同人作品を先に読んでたので、そういうのが得意な方だという認識もあったのかもですが)
 3作の中で一番好みなのは「シンデレラ・レッスン」です。槇さんが好みだし、ヒロインの璃子が地味目の女性なので、自分は感情移入しやすかったのかもです。


◆同人誌
XXXの仮想化輪廻(青波零也さん/シアワセモノマニア)
終末の国からの世界観。青波さんの本は、どの本から読んでも「置いてけぼり感」がなくて楽しめる。ユーグリット君がどこに(物語の行く先というのも含めて)行くのかが気になる内容。登場人物からの問いかけは読み応えがあり、それがいつも青波作品の楽しみになっている気がします。

スカル・ヘルモンド(浮草堂美奈さん/浮草堂)
スカルのおっさんがイカしてる。短いお話の中にきちんと切ないカタルシスがあって面白かった。浮草堂さんのお話には、歪な家族が良く出てくるけれど、たぶんその要素が、更にスカルのおっさんをカッコよく(ダークヒーローですね)見せてくれているのではないかと思いました。

ぼくとおねえちゃんのあいだにある300のことのは(世津路 章さん/こんぽた。)
世津路さんはおねショタの神である。……神はおおげさだけど、本当に毎回「神!」と叫びたくなるような気持ちになるのが、この本。
元々、丁寧な描写が素敵な方なのですが、こと300字になると短い故に、その良さが特に出ている気がします。

a Little Hero Gangstar -Crime of god- A/B(水夜ちはるさん/Heart of cooL)
最初から最後まで疾走感とスリルとケレン味に溢れた傑作でした。裏社会が舞台ですが、主人公・ヒロインも10代の少年少女、真っ直ぐな感情が気持ちよかったです。ボーイ・ミーツ・ガール、良いなあ。退魔バトルものとしても面白く読みました。

さが。(ななさん/7's Library)
ゆるっとしたRPG風の冒険ファンタジー。3人組の掛け合いがなんともいえないゆるっとさ。のんびりな大陸の旅を味わえます。あまり大きな野望とか、イベントとか、使命とか考えず、気楽に読めて良かったです。
アレスさんが好みですハイ。

マヤ(大和かたるさん/宝来文庫)
ネット上で拝読済みでしたが、本も購入。改めて読み返して、大和さんの丁寧な語り口、心情描写、お話運びにすっかり虜になってしまった。
意思を持った少女人形と少年のお話。人形の製作者である叔母との関係も絡んでいて、それがお話に深みを与えている気がします。
短いお話ではありますが、妖しい魅力を持った叔母とのキャラクター、物を大切にできる心根の優しい主人公、少女人形のマヤの心の変化の描き方は感服せざるを得ません。

空間回帰 Return to space Vol.55(工学院大学SF研究会)
大学のサークル部誌。特に「ノンフィクション(インフィクション)」「ノクターン」のラストが好ましく感じました。

地下アイドルポートレート(大原まつりさん/青羽工房)
廃業寸前の地下アイドルと、彼女をモデルに写真を撮りたいという少女とのお話。それに後輩の売れ筋アイドル・マユも加わって、女の子たちが悩んで前に進んでいく良いお話でした。作中分かる「小さな偶然」は、何かしら表現活動をしている人だと思うことがある事かもしれません。物語のラスト、二重の意味で感動しました。

黒南風の八幡 隻眼の海賊と宣教師の秘宝(唐橋史さん/史文庫~ふひとふみくら~)
日本を舞台にした歴史冒険海賊小説。歴史には疎い私でしたが、冒険活劇と聞いて楽しく拝読しました。めまぐるしく舞台が変わり、登場人物たちを繋ぐ縁の謎……息をつく暇も無いほど物語に引き込まれます。とても迫力のある、楽しい時間を過ごせました。

柊ちゃんと楓くん。 その1~5(月湖さん/月陽炎)
まとめてで申し訳ないです。同姓同名、同じ読みの男女4人が登場人物のコメディもの。
ゆっくりゆっくり距離が縮まっていってるのがどきどきします。キャラクターの「普通」っぽさのおかげで、どこかの街にいる、親しい友人を応援している気持ちになります。
キャラ萌えとしては新堂吉見さんを目当てで読みはじめた読者なのですが、吉美さんの方がとてもとても気になります……! 早く気づいてあげてあごひげさんっ!

ふぁみふぁみ(気侭家ぐっちさん/気侭家‐Carefree Home-)
そこそこ忙しい小説家のパパと姉さん女房のママ、しっかり者の姉と元気な弟の家族もの四コマ。理想郷のような家族だけど、そこで起こる事は「ああ、あるある、分かる~」と笑ってしまう事ばかり。別シリーズの作品でも「うんうん、あるよね~~~」とうなずきたくなるようなオチが多いので毎回読むのが楽しいです。あとパパとママのなれそめ教えて下さい。



◆今後もちょくちょく書いていこうと思います。
 自分も書き手なので、読了した、ということが分かると嬉しいです。それに、一言でもどう思ったか書き添えて頂ければ嬉しいなあ、と思っているので、自分が受けたいならまず自分が発信すべき……という考えのもとこの形になりました。
 なかなか作者さんの言いたいことを深くくみ取るのは苦手らしいので、簡単な言葉になってしまいますが……。
スポンサーサイト