FC2ブログ

◆第8回Text-Revolutions 委託参加いたしました

 こんにちは、服部匠です。
 2019年3月21日に行われました文章系同人誌即売会「第8回Text-Revolutions」に委託参加しました。
 毎度おなじみですが、ご参加された方、お疲れさまでした。

 通算8回目の委託参加(というか1回目からサークルとしては委託参加しかしたことがない)でした。
 今回は
 ・新刊……あり。しかし自作品の二次創作アンソロジーというある意味で読者を選ぶもの
 ・企画参加……公式アンソロ/かけこみで「うそとほん」さんのみ
 ・リアル会場へは行けなかったので自宅待機組

 という感じでイベントを終えました。
 いつも通りに事前準備&新刊などのお話から。
 主観的であり、頒布数も(一応ぱっと見わかんないようにしましたが)書いてある趣向のレポートです。

 ちょっと長くなってしまった(6000字くらい)ので、先に次回イベントと通販のご案内をさせていただきます。

・次回参加イベント→第三回静岡文学マルシェ 2019/06/16(日)  直接参加予定
・通販→自家通販BOOTH(匿名配送・pixivアカウント必須)/「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」のみアリスブックスさんで委託お願いしております

20190321テキレボ8お品書き
・今回のお品書き
宣伝画像1宣伝画像2
宣伝画像3宣伝画像4
・新刊の宣伝画像

:::::::::::::::::::::::::

◆当日まで
・前回(第7回)のときにはもう参加予定にしていました。というか、正直地方に住んでいて、直接参加出来るイベントは名古屋コミティアしかなく、ほぼ委託と自家通販中心なので、委託でも知り合いや宣伝などで見てもらえるテキレボには出ないとなあ、と思っているのが本当の所です。
・申込開始に申込と入金も済ませています。委託はどうしても枠が早めに埋まるので不安から早めにするんですけど、ね。
・前回でだいぶフルに活動したので、さすがにすぐに新作!!というわけにもいかず(もともとそんなに書けるタイプじゃない)既刊を売っていこうという線で4枠とる。メイン3種と前々回の反省を生かして、直前でも新しいものが置けるように1種。(なんもなければお試しの無料配布本の予定でした)

・テキレボアンソロ
 2018年中に書けたので、今回初めてスタートダッシュに間に合うか! と思ったものの、結局間に合わず1日遅れで送った記憶があります。それでも公開されたのは13日目なので、皆さん相当募集開始当日に送られるんですよねすごくないっすかね。
 今回も「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」の番外編「フォーチューン・フラワーのメッセージ」。前回(サンダーレモンの魔法菓子)は女性客だったので男性客へ。前回はなるべく多くの人に共感してもらえそうなアレな会社勤めの辛さにして、主人公の容姿や雰囲気を多めに描写してキャラクター押し出し形式にしたのですが、蒼衣~の「つまづき」は、当人には辛いけど他の人から見れば些細な事が多いので、今回はそっちメインにして、魔法菓子の不思議さもなるべく盛り込むようにしました。なので蒼衣の描写あたりはたぶん少な目。
 結果としては、お菓子がおいしそうとか、魔法菓子の面白さなどへのコメントが多め。蒼衣~のコンセプト(完全なる解決ではなく、背中を押す形の)に触れて頂いたことも。キャス配信でコメントをいただいたのもうれしかったです。オチの余韻も触れて頂いて(あれは一度書きたいと思っていた場面でしたのでうれしかった)ちょっと落ちこんじゃった人が元気になるという前向きなドラマによかったねと言ってくださる方も。13番目と早めなのもあり、反応も頂けました。ありがとうございます。
 実際の頒布へのとっかかりになったかどうかは、自分の拙い検索や目に入ったTLではあまり見かけませんでしたのでちょっと分からないのですが、お題にかこつけて一作書けたので自分は満足でした。

・宣伝
 後述する新刊扱いのアンソロ編集を優先していたので、結局いつ頃だったかな。新刊単体の宣伝画像4枚は2月中旬(入稿直後)に。お品書きは3月中旬だったかも。(単純に2月下旬から3月上旬まで約2週間ほど風邪で本調子じゃなかったのが原因です) なるべくWEBカタログのアドレスとお品書き、組版のサンプル画像、作品のキーワードや雰囲気をツイートの中に盛り込むようにはしていました。とはいってもこれは毎回同じことをしているので、たまにタグに乗っかってみたり、雰囲気を変えてみたりと自分の中でもマンネリにならないようにしてました。
 途中オススメにも蒼衣~や変身ヒーロー・ヒロインズを上げていただき、雰囲気の違う二つの援護はありがたかったです。

・企画
 今回の企画さんは自分の作品があまりあてはまらないものが多く(一部分はかするけどメインではないなあ……と思ったのですが、本当に一部分だったらねこあつめさんとか花マップさんも行けた……とは思うものの、作品の「核」でもないし、そもそも短編集の一話だけだし……とかとにかく尻込みしてしまった)というのと、単純に作業時間が少なくてそこまで手が回らなかったのがあって、WEB企画の「うそと本と」さんの嘘レビューのみの参加になりました。
 うほはみんなが欲しがる「自作品のレビュー」を、架空の人物になり切って作者が書くというコンセプトが非常に興味をそそられましたし、なにせ作者なので「本当はどう読まれたいか」ということは一応なんとなく分かっている訳で(笑) 架空の人物もバリエーション様々で、企画サイトでアオリも入れられるので大変助かりました。

・宣伝のお手伝い(他薦)
 今回これのスタートダッシュが遅れたので申し訳なかったです。大体代行申込前までに行うと読む側も気に留めるのかなあと思うのですが、私の場合はかなりギリギリだった記憶。
 自分が今までこういう他薦でありがたいお言葉をいただいたり、新しい頒布の機会に恵まれた経験が多いので、自分も連鎖のつもりでやってるんですが、エネルギーが要りますね……。

・荷造りとか
 毎回委託の要項を読むのは!気力がいる! いいかい未来の自分よ、まず納品書はさっさと印刷するんだ。コンビニ出力でもいいからするんだ。放置ダメ絶対である(今回は修正に二度もお手間をかけさせた)  
 一応前回の反省の値段については強気設定にしたので変更もなく行けました。タイトルもコピペすれば間違えない(はず)。
 あとは……単純に搬入数が悩みました。「気になる」ボタンは押されていたものの(ありがとうございます)新刊は自創作の二次アンソロというハードル激高なもので、その原作も300pの短編連作文庫本。どっちも気軽に買える代物じゃない。他の本は発行から時間が経っていたし、メイン頒布がテキレボ中心だったこともあってそこまで持ってかなくてもいいんだろうと思ったのですが、蒼衣~はテキレボでは二度目の頒布ということもあってデモデモダッテを繰り返し、結局強気搬入を決行しました。箱大きかったね……。
 あと、今回の新刊はデザイン表紙だったことと、ロゴを少しおしゃれに作ってもらったので単純作業の場ではタイトルの判読がしづらいだろうと、一応委託ナンバーとタイトルをゴシック体で印刷した紙を貼り付けておきました。(けど文字が小さかったかもな。しかしタイトルが長いのも原因……)


◆新刊 「蒼衣さんのおいしい魔法菓子公式アンソロジー みんなのスペシャリテ!」について
・前回の新刊「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」は、なかなか自分の中でも大きな作品になり(2018年の総括でもかなり語ってるのでご興味のある方はどうぞ)で、創作関係のご縁もあり「オリジナルの魔法菓子」「自創作のキャラに魔法菓子を食べさせる・ピロートへ来店させる」という二次創作を頂く機会が多かったのが、アンソロを作ろうと思ったきっかけでした。
 あと今だから言いますが、自分の創作なら1年後だろうが2年後だろうが、いつ作っても自由なんですが、二次創作はひとの気持ちがとても強く動く時に出来上がる作品だと思っています。特に、作ってくださったのは自分と同じ一次創作をメインにしている方が多く、蒼衣~を読んだあとに面白そうだと思って自発的に書いていただいたものを、私も相手もこの作品に少しでも心が向いている時に、紙の本にまとめたい。活字で読み返したい。こんな素敵なことがあったんだと残しておきたいと強く思ったのが最大の理由です。
 せっかくだからと公募をしたり、お声かけさせていただき、合計10名で本を作る事ができました。
 作品への無粋な指摘も受け入れてくださり、原稿の面でもお手数をおかけした場面もあり、至らぬ主催でしたが、どれもこれも「魔法菓子店 ピロート」の空気とキャラクターを大事にしてくださったものばかりで、ぜひ本編を楽しんで頂いた方にも読んでほしい1冊になりました。ありがとうございます。

<大体のマイルストーン>

・2018年5月ごろから、蒼衣~と他の一次創作キャラが絡んだ「うちよそ」の作品を2、3作ほど頂く機会に恵まれる→めちゃくちゃたのしい!!!
・2018年10月の名古屋コミティアの帰りの電車で「蒼衣の二次創作アンソロ作ろ……」と思い立つ(←創作意欲が別方向に行ったよね
・先述した理由から焦ってしまい、申込済みだったテキレボ8で出すことを決めてしまう(もともと無配か、突発新刊で使おうと思ってた4枠目を利用)
・11月初旬に「どうせなら読了済みの方で書けそうな人いないかな~」と思って公募してみる&書いてもらったひとへ再録の打診&ツイッターなどで書きたそうな感じの発言をしていた人や個人的にいかがですかと声をかける。同時に來さんへ表紙デザインの打診をダメ元で(ご快諾いただきましたが、スケジュール的にはかなりギリギリだったので本当はもっと余裕があるといいとは思ってます……ありがとうございました)
・12月大体の参加者さんが決まる・ロゴに困って妹に頼む(これも実はギリギリだったのですがご対応頂けて大変感謝しております)
・1月中に原稿がゾクゾク集まってくる。そもそもアンソロなのに執筆期間も最長2カ月半ってあたり鬼畜設定だったのですが(元々はすでに発表済み作品の再録という形がスタートだったので……本来なら募集含め1年か最低半年は必要だと思います)皆さまちゃんと締め切りまでに送って頂けてありがたかったです。
・1月に並行して編集。2月上旬に入稿。(ノンブルでミスってお手数おかけしましたサンライズパブリケーション様……)そして宣伝画像。本文を少しでも見せよう、でも詰め込みすぎもアカンやろ……と悩みながら4枚に纏める。
・2月末に納品。……だったんですが、2月下旬から3月上旬まで風邪でダウンしてて作業速度が一気に落ちる。締切を早割り前提で決めてて、かなり前倒しで作っていたので助かりましたが。しかし発送遅れたのでやきもきさせたかもです。

<細かい反省点>

・こちらの最終的な編集ソフトを明記しておくことと、ある程度の軽微な調整がアリかナシかを書いて置く事をやっとくほうがいいなと思った(数は少ないですが、過去アンソロ系に参加したとき、自分は完全に主催さんにお任せパターンが多かったので……)
・二次創作の場合はどこまで原作者監修を入れるかをはっきりしとくこと(固有名詞の変換・認識間違いくらいで済ますのか、設定的な部分なのか……そもそも監修は一切入れずにいくのか)
・部数。うん、もうちょっと少なくても良かったのでは感……ハハ……だからゆっくり本編読み終えた後に!!どうぞ!!!!


◆当日
 とはいっても、今回は家にいる事が決まっていたのでおとなしくTLで様子を眺めているだけでした。
 イベント前になると節操なくRTしまくる民なのでTLえらいこっちゃになってましたね。

◆結果
 日曜日に返送されてきたらしく(名古屋コミティア行ってたので家族が受け取ってくれた)確認は後日になりました。
 単純な頒布数は白文字にしておいたのでご興味ある方は反転させてください。

新刊 「蒼衣さんのおいしい魔法菓子公式アンソロジー みんなのスペシャリテ!」5
既刊 「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」5
    「魔法菓子コレクション」3
    「変身ヒーロー・ヒロインズ」2

・蒼衣~はまた新しい出会いがあったようでありがたいです。本当はお試し本があるとより安心して触れていただけるのかなとは思いつつ。
・アンソロは、あのお祭り騒ぎにお付き合い頂ける方が本当にいたんだなあと嬉しいです。
・既刊2種については、テキレボでもすでにおなじみになりつつある本だったのでどうかなあと思う節がありました。魔法菓子は値段ページ数どちらも手に取りやすいでしょうし(あと、一応魔法菓子シリーズのエントリーモデルでもあるつもりです)変ヒロはすごくプッシュして下さる方がいたのが効いたのか、よくぞ動いてくれましたと嬉しかったです。

・さすがに新刊の数字と比べると勢いは下がるのは当たり前だ服部よ。あとはうまく欲しい人に宣伝が届かなかったか、今回のテキレボで買い物をする人に刺さらなかった(=イベント雰囲気・参加者と作品のミスマッチ)、かなあと。あとは企画参加が1つしかなかったので露出が少なかったのも原因かも。作品紹介アシスタントさんお願いしようって毎回思ってるのになぜ私は頼らない……(次回もあるようなら是非に……)

・とはいうものの、やはり自分が直接ブースに立って無配配ったりお話せずとも売れるのだから、すごいことだなといつも思います。いうてもアマチュアの作品だもの。

◆今後への反省とか改善策とか
・雰囲気が許すか分かんないけど、メイン売りたいもの+1枠で委託枠取ったのは正解だった。(前に急遽企画参加したいがために無理やり枠を取ったことがあって自分も準備会さんにも手間をかけさせた経験から)
・企画は少しでもかするなら(あくまで企画の意図から大きくはずれなければ)参加するのはいいことだ
・アンソロ提出も早めにしとこう。内容は作品番外編でも独立して読めるものを心がけるか、テーマに沿った完全新作をがんばるか。(自分がアンソロで購入を決めるポイントは、好きになりそうなキャラか、作者さんの書かれるお話のテーマやノリが自分に合うか、なので、番外編でも新作でもあまり変わりはないかもしれない……。あとはその時の購入にはつながらないけど、後々チェックしてたりお名前覚えてたりすることもあるので、名刺代わり・サークルカット代わりと割り切る方がいいかも)
・お品書きはもう少し余白を意識したほうが見やすいかもしれん……
・今回は間に合ったけど、体調を崩したり、平日の作業時間が取れなかったことが多く、もっと余裕を持ってやるのがいいんだろうなあって思いました。
・次回は300字ポスカさんへの参加をしたい(今回マジでそこまで余裕が無くて…)

◆次回
 次回も委託で参加予定です。新刊は……全然考えてないです……。今ちょっとプリズムの煌めきであっぷあっぷしてまして。ところでみなさん、美麗でドラマチックな3Dモデルアニメで踊ったり尻からハチミツを出したり無限にハグされちゃったり大剣の上に乗って空を舞うオモシロカッコイイ総合エンターテインメントショー「プリズムショー」で青春するアイドルホビーアニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」が4月8日から始まります。現在劇場で先行公開もしてますし、各種配信ストアでそれの前作である「KING OF PRISM by PrettyRhythm」「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」およびキンプリのスピンアウト元の少女向けアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」も見れますので是非皆さんもプリズムショーとそれに絡む人間関係と少年たちの熱くこじらせた美しく前向きなドラマを見て下さい。ちなみに私の推しは総資産200兆円を誇る財閥の跡取り息子でチャラ男なんだけど根はクソ真面目な眼鏡キャラ・十王院カケルです。
 ……じゃなくて。
 たぶん新刊は、完全新作になるかWEB再録になるか。正直蒼衣~の二部がまっっったく前に進まないというアレな状況でプリズムの煌めきに逃げてる場合じゃないんですけどテキレボは二次もOKなので……じゃなくて……。
 次回も蒼衣~およびアンソロ、変ヒロは持ち込みたいので、今回はちょっと見送っちゃったなって方もどうぞよろしくです。
スポンサーサイト

◆2019年3月24日(日)創作同人誌即売会名古屋コミティア54に参加します
C-45「またまたご冗談を!」現代ローファンタジーの創作小説サークルです。前回はお知り合いさんのサークルにお邪魔していましたが、今回は自サークルでの参加です。
※今回一人参加なので、会場30分後や14時ごろ、お買い物のためにスペースを離れるかと思います

◆お品書き
20190324名古屋ティア54お品書き20190324名古屋ティア54お品書き2


■□■名古屋初売り
【蒼衣さんのおいしい魔法菓子】
hyousi_web_201806302321455f0.jpgkutie4p.jpg
蒼衣さんのおいしい魔法菓子試し読み-001蒼衣さんのおいしい魔法菓子試し読み-005
現代ローファンタジー|キャラクター文芸系|文庫|316p|900円|2018年7月16日第7回Text-Revolutions発刊|イラスト:きむらひろき先生 ロゴデザイン:n2coさん
・WEB小説投稿サイト版(カクヨムエブリスタ)の加筆修正あり
・書き下ろし掌編「ダイエットに向かない職業」収録
<あらすじ>
そのパティシエには、秘密があるのです――。
中部地方にオープンした『魔法菓子店 ピロート』は、優男のパティシエ・蒼衣と、陽気なオーナー・八代の親友コンビが営む小さなお店。
魔力のある不思議なお菓子『魔法菓子』を売るピロートには、悩みや困りごとといった「人生のつまづき」を抱える客が訪れる。
星座が現れるチョコレートケーキ、体が宙に浮く雲のシュークリーム……。
客の心に優しく寄り添う一方で、蒼衣は見ないふりをしていた自身の「つまづき」に向き合うことになる。
友情・家族・仕事……この「世界」で生きるのが、時々しんどいひとへ届けたい。
「人生のつまづき」をお菓子で癒す、お仕事小説。

:::2016年10月の名古屋コミティア、テキレボ6で出していたコピー本のお話に加筆修正し、5つの連作短編+5つの掌編に仕上げました。全編ネットで読めますが、本の形+書き下ろし掌編があります。現代ローファンタジー、お店もの、お菓子のお話や、日常の小さな悩みや困りごとを優しく癒していくヒューマンドラマがお好きな人に届くといいなあと思っております。
◆WEB小説投稿版の中で、雰囲気をつかむのに最適な読み切りをどうぞ
フォーチューン・フラワーのメッセージ
◆ご感想を頂戴しております、ご参考にどうぞ→蒼衣さんのおいしい魔法菓子 感想ツイート


【蒼衣さんのおいしい魔法菓子公式アンソロジー みんなのスペシャリテ!】
宣伝画像1宣伝画像2
宣伝画像3宣伝画像4
現代ローファンタジー|自創作の二次創作アンソロジー|A5|212p|1600円|2019年3月21日第8回Text-Revolutions発刊|表紙;高梨來さん(午前三時の音楽) ロゴデザイン:n2coさん

:::拙著同人誌「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」https://plag.me/p/textrevo08/6274の公式二次創作アンソロジー
・サンプルや作品紹介はTwitterモーメントにて
※本書は同人誌「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」(著:服部匠/またまたご冗談を!)を元に、それぞれの作者が自由に解釈と発想をした二次創作作品を収録したものであり、公式設定と異なる点がございます
※アンソロジー収録作品の一部は、WEB上で掲載されたものの再録や、頒布翌日以降公開されているものも含みます
※一次創作作品同士のコラボレーション(うちよそ)を含む作品がございます

<寄稿作品/参加者>小説10作品/イラスト2作品 敬称略
◆空代 「はじめての魔法菓子」
一次創作作品「探偵 山田太郎と記録者 横須賀一の物語」コラボレーション
◆いぐあな「Symphony for Apple Pie」
一次創作作品「さまよいジャック」コラボレーション(
◆歌峰由子「サンダーレモンを持って」
一次創作作品「巴市の日々」コラボレーション
◆卯月慧 イラスト寄稿
◆雲形ひじき「からたち館のおやつどき」
一次創作作品「二九六銀座」コラボレーション
◆杉岡「晴れのち魔法菓子、ときどき絵本」
一次創作作品「古瀬学園シリーズ」コラボレーション
◆高梨來 「プリンセス・ドゥ・フルールの花咲く午後」
一次創作作品「ほどけない体温」コラボレーション
◆高梨來 「Family Song」
一次創作作品「ジェミニとほうき星」コラボレーション
◆n2co  イラスト寄稿
◆灯宮義流 「真夏の不思議と魔法菓子」
一次創作作品「羽村さん、また明日」コラボレーション
◆柳田のり子 「ミュージック・マカロン」「限りなく透明に近いゼリー」
一次創作作品「翼交わして濡るる夜は」コラボレーション

ぜひ本編と合わせて&本編終了後にお読みいただけるとうれしいです。

【魔法菓子店 ピロート ケーキカタログ風作品紹介】
20190324名古屋無配魔法菓子案内120190324名古屋無配魔法菓子案内2
現代ローファンタジー|A6|4p|無料配布
・「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」作中に登場するケーキをパンフレット風にした作品紹介ペーパーです

■□■既刊

【魔法菓子コレクション】
hyousi_web_20171023233904804.jpg出力見本-003
出力見本-005出力見本-004
300字小説|現代ファンタジー|文庫版|32p|200円
・魔法×お菓子×現代ファンタジーな世界観「魔法菓子シリーズ」300字小説のまとめ本。
 朝焼けの発泡水・氷の琥珀糖・虹の飴細工・声変わり飴……
 不思議で美味しい、魔力を含んだ食材で作られる「魔法菓子」の存在する世界での、さまざまな様子を描いた作品集。

<収録作> 
いぐあなさん主催のツイッター企画「#Twitter300字ss」(@Tw300ss)で書いた作品+書き下ろし一作
◆感情マフィン
◆黄金ゼリィ
◆春風スフレ
◆朝焼けの発泡(ソーダ)水
◆声変わり飴
◆月クッキーにはご用心
◆新春初くじパイの小さな幸い
◆困った氷琥珀
◆飾らないコトノハマシュマロ
◆鮮やかに染まれ飴細工
◆魔法菓子実験・プリン編(書き下ろし)

【変身ヒーロー・ヒロインズ】
hyousi_web_20180712222531294.jpg
現代ファンタジー|特撮・魔法少女系変身ヒーロー/ヒロイン|A5|44p|300円
これが!俺の!私の!変身ヒーロー/ヒロインだッ!!
オリジナル変身ヒーロー/ヒロインの「第一話」だけを収録したお気軽な短編集。
<収録作>
おっぱいに命を燃やす戦士 「白銀の戦士シルバーシザー」
バリスタ姿で戦う二つの顔を持つ男 「ネロ・バリスタ」
わたし、織姫と彦星の娘です! 「七夕星羅の秘密の夜」
アラサーOLは少女怪盗!? 「怪盗C・Bはあきらめない!」
(全てWEBおよび過去同人誌の作品を加筆修正した再録集です)
試し読み→創作文芸見本誌会場Happy Reading様

【君と食べ物があればいい ブロマンズ・BL掌編作品再録集】
おび_2danhyousi_ura.jpg
20161008_sample-004.jpg20161008_sample-038.jpg
飯テロ系ブロマンス・BL|文庫|58p|300円
・飯テロBL本です。男キャラクター(大学生から50近くのオッサンまで)が二人で仲良くイチャイチャご飯やお茶やお菓子を食べているだけの幸せな話ばかりです。

◆その他無料配布の本や300字小説ポストカード、少ない数ですが他の既刊もあります

◆天気予報は晴れっぽいですね。桜も咲き始めているのかしら、という気候のようです。ぜひぜひ、温かな日曜日、たくさんの創作物が集まるイベントへお越しくださいませ、お待ちしております!

◆#テキレボでおすすめの本
 2019年3月21日(木・祝日)に行われる、文章系(小説・短歌・詩・評論など)同人誌即売会「第8回Text-Revolutions」で頒布予定の同人誌で、個人的なオススメ本を紹介する記事です

※タイトルにWEBカタログのリンクを張りますので、詳細はそちらからお願いいたします
※なるべく以前ご紹介がなかったはずの本から選んでいます

翼交わして濡るる夜は
・美味しいものを食べるのが好きな男二人の、日常の中で揺れ動く恋心や気持ちを丁寧に描いたBLです。
 好きだから、いとおしいから。だから、友だちのままで、この関係のままでいいと思う部分。愛しているよ好きだよだけではなんともならない人間関係の奥深さは、ともすれば自分の心の一部にリンクしそうになります。

鉱石展示室 (1巻)
・鉱石を模したお菓子、琥珀糖を売るお店「ジオード」を舞台にした、優しく穏やかなお話。
 バレエや演劇などのエッセンスが随所に差し込まれ、独特の文体は読書の世界にどっぷり浸かる事ができます。
 少年少女、大人らが、琥珀糖片手に夢や愛を語る姿を眺めるのが楽しいです。

アクリルガラスのあいだ
・人魚と人間の運命の恋、って書くとすごく単純な話に見えるでしょ。いやそれがねえ単純なはずなのになんであんなにエモいのか……! アクリルガラスの向こう側でたゆたう人魚は、意思もあるし(危険だけど)声もある。しかしそれでも彼女たちは水族館で「飼われる」種族であり、人間ではない。設定だけを思い浮かべると非常にドライな部分もあるのだけど、そこに関わるのはそんな人魚を愛し「すぎた」人間で。とにかく言わせて、エモいから。これ読んでエモみが分かったらもう貴方は人魚トラックに轢かれてるも同然だから(轢かれながら

《城崎温泉アンソロ》城崎にて?—We stayed at Kinosaki Onsen to write fiction.
・ようやっと「城の崎にて」読んだので。
 SF、純文学、ミステリと、同じ「温泉街」のことを書いているはずなのに、それぞれの作者様の色が強く出ている、とても興味深い一冊です。

二九六銀座でいただきます
・オカマのベルボーイに、優男のマスター、不思議なコールガール、個性豊かな大学生バイトたち。二九六とかいて「ふくろう」と読む商店街に訪れるお客さまや働く人たちの姿は優しく、時に繊細だったりする。だけど、美味しいホットサンドやナポリタンと、あたたかなひとの気持ちが優しく癒していくし、日常へとまた気持ちを戻してくれる。素敵なお話です。

モラトリアム・タイムスリップ
・天才と思っていても、その実抱えていることは違ったりする。どこかぎこちなかった大学生2人が過去にタイムスリップしたことで、別の面と交流を深めていく静かなドラマがオススメ。

フォルティス・オディウム 上
・最愛の花婿は、最凶の魔王に。花嫁は、魔王討伐の「勇者」に――という、運命と愛、嫉妬を巡るヒロイック・ファンタジー。心底愛した人を討たねばならぬという運命は悲劇的ながらも、その裏にて紡がれる運命やキャラクターの深み、襲い掛かる試練と、絶対に読んだあなたを裏切らない面白さです。

絶命のユーフォリア
・リョナバトルBL!!! っていうとすごくエッチで暴力的なの? ってなるんですけど。いや実際なんというか青年誌レベルの暴力かんやエッチさはあるんですが、キャラクターの根底にあるのは特殊な状況下で生まれた信頼だったり愛情だったり、仲間意識だったりとこう、ホモソーシャル的な部分が本編は大きいなって思ってるので私好きです!

老舗魔法薬店末っ子長男の処方箋
・ファンタジー世界で、魔法薬でいろいろ困ってるお客さんを颯爽と解決していく爽快感と、魔法の効能がとても面白かったです! 表紙やノベルティも「おお、薬屋さんだ!」と思うような楽しさにあふれています。

誓いの魔法を、あなたに
・第二王子と護衛の少女との、誠実オブ純愛なラブファンタジー! ヒロイン、アシュレイも自分の立場や能力に溺れず謙虚で可愛い女性であり、王子のダリルも権力を振りかざすことのない優しい男性として書かれます。そんな二人が大きな闇に共に立ち向かっていく姿をぜひ一緒に見守って下さい!

陰陽Gメン警戒中!
・終始ドタバタ、勢いのある陰陽師と書店員の掛け合いが面白かった一冊。本屋さんの内部事情も面白く読みました。

青闇妖影鬼談
・江戸時代でのアクション×オカルト大作ならこちらがオススメ! 前作「赤目のおろく」を読むとより一層キャラクターのことが分かるのでオススメですが、「青闇~」からでももちろんOK。死神の役目と、人間界で起こる特異な現象、人ならざるあやかしの悲哀などてんこ盛りです。

江戸川悠の考察教室
・文学がよく分かんなくても、ちょっと変わった教授と真っ直ぐな大学生たちのやり取りはとっても面白い。文学にご興味のあるひとや、日常ミステリ系がお好きな人にうってつけな一冊! これが気に入ったらスペースの本を総ざらいで買っても絶対後悔しません……。

個人事業主のススメ
・個人事務所系のお仕事もの大好きな人にうってつけな短編集! どれもこれも、後腐れなく(なんという表現だ)いい意味で「押しつけがましい思想や感情が見えてこない」ので、楽しく面白く読める個人事業主ばかりで絶対に面白いんで読んでください。オススメは自然派です。

ほどけない体温
・なかなか他者との交流に積極的でない青年・周と、そんな青年に興味とやさしさを持って近づく忍のBL。
 途中で語られる周の過去や心の奥底に隠したやさしさと戸惑いを、ゆっくりと近づき、時に明るく、時に本音をぶつけて対話していく忍の恋愛過程は丁寧です。

絶望の向こう側
・知識に裏付けられたSF要素と、時代が変わっても変わらぬ人情の悲喜こもごもを描くのがお得意ないぐあなさんの新刊。
 一見ほのぼのとした文体や雰囲気の中に、しっかりと皮肉や毒、容赦のない展開が待っています。

醒めないご飯があればいい
・仕事の休憩時間や、日常でちょっと誰かの日常やお話が読みたくなった時に気軽に読める一冊。

切り裂きジャックを待ちながら
・ひょんなことから怪盗の助手になってしまったどこか兄気質の主人公と、怪盗ジャック・ザ・リッパーのやりとりや関係性は、どこか疑似的な兄弟か家族のように見えてくるような雰囲気で、そういいったものが好きな人にオススメ。

◆あけましておめでとうございます
 本年もよろしくお願いします。 

◆創作アイディアメモノートの使用方法
 昨年に引き続き、Twitterの企画「企画・創作TALK」さんに乗っかって、今度は実際に使った(……一部使ってないような)創作関係のメモ・アイディアノートの実例を乗せようと思います。
 といっても、ルールをきっちり決めていないし、運用方法もほぼ手探りなので、効率が悪いんですが思いますがスルーして下され。

※拙作「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」のメモノートになるので、ネタバレになる要素満載です。ご興味出たらぜひどうぞ熱いダイレクトマーティング。

 現在は、小さなメモノート(ライフ株式会社のやつです)と、「Juice up」というボールペン数本、太めのシャーペンを使ってアナログで書いています。
ODTlgSId.jpg
 以前は、EverNoteやOneNoteも使っていたのですが、子どもが2歳くらいからタブレットやパソコンを使いたがり、目の前に出せなくなってきたのがきっかけで、アナログに変えました。どうせなら好きなデザインと好きな書き心地の文房具にしようと思って。
_LDv6v_9.jpg-Br02I3M.jpg
 左には、キャラクターがなにを考えてるか、どんなことをいいたいか言わせたいかみたいなメモがありますね。
 右は魔法菓子の図と物語のタイムライン(何年前、っていう記述がよく出る話なのと、主人公の蒼衣が早生まれ設定なので年齢がめんどくさくて作った)

 小さなノートで持ち歩くのにもいいのですが、書ききれなくなってきたので、今はA5のルーズリーフも使っています。
qct_VbqB.jpg
 ↑これはテキレボ8WEBアンソロ原稿のアイディアメモです。ネタバレしてるので気にならない人は拡大していただいても。
(魔法菓子の構造も同時に考えないといけないのでこうなる)
 あと、内容が内容なので載せないのですが、テレビや雑誌、本で見たケーキのレシピや構造をまるっと2ページくらいつかって書いていたりもします(BSプレミアムの「極上!スイーツマジック」が多い。あと年末の「TVチャンピオン極」のクリスマスケーキ対決面白かった)

 基本的に「キーワード」と思いついた場面を文字で台詞無しで状況だけ起こすやり方をしています。これが所謂プロットになります。
 去年の「蒼衣~」本編執筆時はもっと迷走していたので、付箋も使っていましたが、このやり方はちょっと自分には合わないみたいで。でも、物語の分岐やパターンABCと分ける時に視覚的に分かりやすいので部分部分で使ってます。
P575YVKz.jpge2_wJUYf.jpgotoerSfU.jpg
qxGeom3E.jpgECi2YX19.jpg
 ↑の「動機/ポリシー」「目的」などの分け方は「どんなストーリーでも書けてしまう本 すべてのエンターテインメントの基礎になる創作システム」(著:仲村 みなみ) という本を参考にしています。これは非常に参考になりました。余談ですが、「公募ガイド 2017年11月号 長編小説に挑むあなたをお助けします 特集」も買って、これで短編連作をつなげれば長編になるのだとか、三幕構造のことを知りました。
 
 これ以前(2017年の夏~秋)に書いた初期の蒼衣のメモはもっと不親切ですね。中高生のときの創作ノート()と大差ないです。いやほんと。
wWT9Ki9y.jpgbsrTiNMw.jpgGA_OfRdY.jpg
 とにかく「優男のパティシエのお仕事キャラ小説を書こう!!!!」って言ってた頃ですね。こういう「●●した~い!」っていってる時点だと軽率に落書きが入ります。

 締切などは、ダイニングテーブルの卓上カレンダーに書いていました(うちはパートナーもいわゆるオタクの分類に入るので、活動自体はオープンです。が、同人に興味が薄い上に興味のあるジャンルが違うので、お手伝いはほぼありませんとは言いつつ、たま~に許可取ってネタを拝借しています)
 
◆参考になるというよりは、恥さらしに近いか
 自分も他のみなさんのノートとか見るのが「おお、すごいな~考えていらっしゃる~~まとめかたこうすればいいのか~」と思って楽しいので、私のような明確に運用方法を決めていない人のを見ればみんな出してくれるのでは的な期待を込めて書きました。
 本当はこういうのを纏めておく参照するというのも苦手だったんですが、好きなデザインのノートや筆記用具をそろえれば(=形から入る)いいのかと目から鱗でした。今後も楽しく使っていければいいなあ。
 
 
 
 
 
 
 


 

◆というわけで1年間の同人活動+私生活の振り返り
 こんにちは服部です。
 毎年、出たイベントや作った同人誌、書いた作品などを振り返るまとめをしてます。今年で5回目で、ほんと飽き性の自分よく続いてるなあと思います。
 今年もTwitterの企画「企画・創作TALK」さんに乗っかっています。
 簡単な自己紹介から。

 PN/HN:服部匠(はっとりたくみ)です。主に90年代アニメ漫画・特撮ヒーローとMマスとシンカリオンとプリキュアと巴市の日々が好きなオタクです。
 主に現代/現代ファンタジーで、キャラクター文芸小説っぽいのとか、変身ヒロインヒーローものとか、お菓子とか食べ物とか優男の話を書いている人です。創作小説同人歴は2013からが一番活動してるので、5年(一応中学生から同人の読み手書き手しておりますが、本格始動が2013年くらいなのでそこを基準としています)
 未満児を持つ子持ちの地方在住者(名古屋県民)です。故に委託と名古屋コミティア参加率高い。
(去年のほぼコピペ)

※記事は主観的なものを多く含みます
※頒布数の記録をしています
※比較的長めです


<参加イベント> 
参加イベント数→7(直接参加1/委託参加3/個人委託3)
新刊→1冊

♪ 2018年03月25日 名古屋コミティア52 (直接参加) イベントレポート
20180325名古屋コミティア52お品書き
新刊
無し(ですが、無料配布で折り本にもなるペーパー配布)
既刊
・魔法菓子コレクション(名古屋初頒布) 18部
・変身ヒーロー・ヒロインズ 3部
・食べ物と君があればいい ブロマンズ・BL掌編作品再録集 8部
・300字ssポストカード「魔法菓子博覧会」(無配なのでカウント記録ナシ)
・委託「ハッターラ・キタクネーの偽史話人出々伝(でででん)」 1部
参加企画
・スタンプラリー
https://twitter.com/tencus/status/977727816925044738
雑感
・魔法菓子コレクションの見た目の綺麗さからか、結構な数が出てる記録があります。名古屋初お目見えってのもあったんでしょうね。あと値段と薄さが、ちょっと買ってこうかな的な感じになったのかもしれません。
 イベントで直接感想をいただける機会もふえたような気がします。お伝えいただき、本当にありがとうございます。
 ポスターの立てる位置と固定が甘く、転倒したのでご迷惑をおかけしました。次回は必ずしっかり固定する。

♪ 2018年06月10日 第二回静岡文学マルシェ (委託参加)
shizumaru2_a4poster.jpg
新刊
無し
既刊
・魔法菓子コレクション 7部
参加企画
無し
雑感
・静マルさんのレポートを見ていて、いわゆる同人イベント慣れしてない一般さんが多いのかしら、というところで、魔法菓子コレクションが出ました。ありがたいです。いい加減本当は直接参加をと思いつつ、今度はどうなるかな。

♪ 2018年07月16日 第7回 Text-Revolutions (委託) イベントレポート
20180716テキレボ7お品書き
新刊
・蒼衣さんのおいしい魔法菓子 25部
・300字ssポストカード「砂時計のかき氷」 50枚
既刊
・魔法菓子コレクション 15部
・変身ヒーロー・ヒロインズ 1部
・食べ物と君があればいい ブロマンズ・BL掌編作品再録集 2部
参加企画
・優男まとめ(主催)
・日本の架空都市まとめ(主催)
・現代ファンタジーMAP
・第三回キャラクターカタログ企画
・青色申告マップ
aoi_web.jpgyashiro_web.jpg
雑感
・去年の目標に掲げた「蒼衣~」の文庫版、出せました。目いっぱい企画も参加し、一般参加でも300字さんのお手伝いをしたりと、楽しいイベントになりました。企画の主催も委託ながらさせていただきました。実際に人の動くリアルイベントなので、どうしても前準備と当日にお手を煩わせてしまう分、委託でも主催、は難しいなと感じました。どうしてもやりたかったらまたやるんですけどね(現金)
 テキレボに関してはイベントレポに頒布数もなにもかもぶっちゃけてるのでそちらをどうそ。

♪ 2018年10月02日~06日 古本市「天神さんの古本まつり」内「文芸同人誌展示即売会@天満天神さん」
2018100509天満天神さんお品書き
新刊
無し
既刊
・蒼衣さんのおいしい魔法菓子 1部
・魔法菓子コレクション 2部
参加企画
無し
雑感
・初めて、既存の同人誌即売会以外で同人誌を売る機会に恵まれたイベントでした。
 古本市の中での開催、とのことで、今までの「同人誌を知っている、それなりに自分の趣味嗜好が分かっている方向け」の広報ではなく、本屋さんに置いてあるようなキャッチコピーに変更したのはこれがきっかけです。
 正直、魔法菓子コレクションは希望が少しはあったのですが(喫茶店のコーヒーレベルの値段のため)蒼衣は900円と、素人の本を買うには勇気のいる値段で、お手に取って頂けたのは本当にびっくりしました。
 最近界隈で、同人誌即売会以外の場所で同人誌を売る、という世界を知ったのもあり、これもありなのではないのかなあと思い始めています。改めて、ありがとうございました。

<個人委託>
♪ 2018年05月27日 第四回文学フリマ金沢 (ななさん委託)
・魔法菓子コレクション 7部
雑感
・いろいろとご縁があり、金沢の地に折り立つことが出来ました。
 委託していただいたななさんに、見本誌コーナーが近かったことや、決め打ちで買って頂いたような印象が多いと教えていただきました。ななさんのコメント付きの宣伝やPOPが功を奏したと思っています。デザイン的には、ご好評いただいているものに(素人ながら)なっているので、そこもあるのではないかと自画自賛しときますすいません。
 ツイートでもこぼしましたが、まほコレはポップカルチャーというよりは、雑貨屋さんなどに置いていただけるような、対文フリ(笑)な本として作ったものだったので、狙い通りの結果がでて嬉しかったです。改めて、ななさん、ありがとうございました。

♪ 2018年10月14日 名古屋コミティア53 (藍間真珠さん委託)
・おいしい話のお味見いかが 作品紹介無料配布本 20部近く
雑感
・名古屋コミティアに初めて落選してしまったので、藍間さんのご厚意で無料配布本を委託させていただきました。
 藍間さんは豪華な無配を作っているので、それに乗っかるという完全におんぶにだっこな状態でした。ありがたいことに、手に取ったあとに詳細をお尋ねいただけたりと、置かせていただいてよかったなと思うことがありました。売り子としては買い物に出過ぎて役目を果たせたのかという反省があります。藍間さんに限らずなんか名古屋で使いッパシリしたいとき、知り合い各位声をかけてください使ってやってください。藍間さん、はるばる遠路よりきていただき、ありがとうございました!

♪ 2018年11月25日 第二十七回文学フリマ東京 (柳田のり子さん委託)
・蒼衣さんのおいしい魔法菓子 5部
・おいしい話のお味見いかが 作品紹介無料配布本 15部
雑感
・名古屋コミティア落選で泣いていたら、蒼衣を買ってくださった柳田さんから委託のお声がかかり、再度東京の地に赴くことが(本だけ)できました。
 美味しいものが好きな男同士のお話、というご縁での委託。イベント前にもコメント入りの宣伝をしていただけたことや、柳田さんの作品を見て下さるのは、普段うちの作品を見て居ない層だという予想もあり、ありがたい事にお昼になくなってしまいました。欲を出して無料配布本も置いていただき、こちらも手に取って頂けました。
 蒼衣は表紙がいわゆるイラスト絵のものなので、対コミティアという前提で作っていた本でした。が、きむら先生の幅広い年齢層に好まれる絵柄もあり、抵抗なく取って頂けたのかもしれませんね、と柳田さんとお話した思い出があります。柳田さん、本当にありがとうございました!

 <オンラインSS> 6作 ●→魔法菓子シリーズ(魔法菓子職人シリーズから改題) 
・ 2018-02-03 300字ss 試食販売トーナメント
●2018-03-03 300字ss 手中の欲望
●2018-04-02 桜シブーストの魔法(名古屋コミティア52ペーパー掲載「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」番外編。本編未読OK)
・2018-04-02 親愛なる友人にハッピーバースデー(long.ver)(名古屋コミティア52内企画「2と5の1コマ」の初稿(ロング)バージョン )
・2018-07-07 300字ss 約束のしょうたい
・2018-10-06 300字ss 食べちゃえば問題ないのに

<オンラインノベル>(12月30日現在)
「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」 第一部完結済み・全34話・ 153,349文字・ 第一部:2018年04月13日~2018年06月29日 第二部:2018年09月24日~不定期連載中
カクヨム/エブリスタ
カクヨム宣伝用画像
雑感
・「超絶変身ユカリオン」以来の、10万字超えの作品を書きあげました(連作短編集ですが、一応オチも付けてるので個人的には長編感覚です)
 去年の秋に突発コピー本という形で出した時に、あまり反応がなかった(その後、反応がない訳ではないのですが、私の言う「反応」は、長くお付き合いのある方ではなく、初めての読者さんに届く、という意味に近いです)本だったので、さてどうやって「いかにこのお話を売るか」を考えていました。その結果、今までやっていなかったことをやってみたこと、その結果など、長めの雑感になっています。

【やってみたことその1】
・自分の性癖に素直に作った
 メンタルお豆腐優男&既婚者ポジティブ男性キャラというコンビ、ユカリオンや黒姫でもちょいちょい顔を出していた「同性同士の恋愛ではない、執着に近い関係性」と、自己愛や自己肯定の物語を、ライフステージの変化後に再度書いた作品でした。
 ちょうど、3年前に子どもを出産していたこともあり、自身を取り巻く環境の変化や、ものの考え方がすこし変わったことがあり、自分の創作に対しても、ユカリオンや黒姫でメインにしていたバトルよりも、現実みのあるお話のほうに興味が湧きました。
 特に蒼衣に関しては、私生活の中でしんどいなあ、辛いなあと思っていることへの、理想の対処法を物語にすることで、いろいろな考え方を整理できたように思えます。同時に、いわゆる「売れる」要素のキャラクターではないことに日々不安を覚えながらだったのですが、それよりも自分の好きなキャラクターが書けたことが嬉しく、なにより楽しかったです。

【やってみたことその2】
・WEBに先行掲載&二つの投稿サイトへの全編同時掲載
 毎週金曜日にまとまった話数を更新。去年の秋にルセット1のプロトタイプをコピー本にしてだしていたこと、その後、表紙を担当していただいたきむらひろき先生からキャラクターのイラストを頂き、宣伝等での利用を快諾いただいたこと、下読みの友人さんがずっと付き合ってくださったことで、自分のなかでは、一人ぼっちではない連載でした。
 今だからぶっちゃけますが、オンノベは、自分の中ではカクヨムがメインです。エブリスタに掲載したのは、所謂『「女性向け」を意識したからです。(エブリスタがケータイ小説の流れを汲んでいること、キャラ文芸のコンテストなどがあったことが理由です)そして比較の為に、エブリスタは淡々と作品を置く場所(=交流を極力皆無)にしてみました。
 結果ですが、カクヨムはタグやフォロワーさんのコメントや応援、レビューのお力添えもあり、10月の頭にランキングに入ることが出来ました。その結果、普通に活動していたら叩き出せないPVと反応を頂け、今まで交流の無い場所にまで届けることができました。
 エブリスタは、特に交流をしていないにもかかわらず、あらすじやキャッチ、表紙などで気に留めていただけたのか、コンスタントに読んで頂いているようです。連載中にコメントも頂戴し、非常にうれしかったです。東京文フリでの無配を配ったおかげなのか、12月の初旬にこちらでもランキングに入りました。本当にありがとうございます。
 もちろん、蒼衣はいわゆる鉄板ネタとされる「食べ物」「お菓子」などの要素があり、去年の飯テロBLではないですが「素材の力」が働いたと思っています。いただいたイラストの力も大きいと思います。つまり、自分の純粋な文章力だけではここまで届けることができなかったと思います。

 どちらのサイトでも、読んで下さった方、コメントや感想を下さった方、評価を入れて下さった方、ありがとうございます。

 その一方で、逐一PV数やランキングが気になってしまったり、読んでもらえるという欲が働いて空回りしている節もあったので、オンノベで連載をし、売り込むという行為は、なかなかなじまないのかもしれません。
 即日の反応は本当に嬉しく、それがきっかけになって完結後も4つのお話を書くことが出来たのは事実です。ですが、それにこだわりすぎてしまう部分があり、一喜一憂するのはあまり健康的ではないなとも思いました。
 しかし、同人誌の場合、読んだという事実は、読み手さんが発しない限り分かりません。オンノベは、PV数でページをクリックしてもらえたかはわかります。この作品を好きになるかどうかはともかく、誰かに読んでもらった、という安心感が常にありました。そして、私はやっぱり「誰かに読まれたい」タイプなのだなと改めて自覚しました。
 なので、今後もなにか仕掛けや事情が無い限りは、WEBへの先行掲載→同人誌、という形をとると思います。

【やってみたことその3】
・過去作で指摘された反省点をなるべく改善すること
 前作「黒姫」での「厳密に言えば完結していない」という反省点、前々作「超絶変身ユカリオン」の「突然思いついた設定がなげっぱなし」「いらん設定とネタを語るな」「読みやすい文節の区切りなどを意識しろ」などの反省点をなるべく改善するように努力したつもりでした。

 完結していない→主人公の答えと変化を書き、完結させました
 思いついた設定→なるべく最初に出したモチーフや行動、イベントなどは、後半の話に盛り込むようにしました
 いらん設定とネタ→本編に必要かそうでないかを判断し、要らない部分は極力削るようにしましたが、一部やはり矛盾する点があるので、改善としては達成度が低めです。もう少し、お話の組み立て方の経験を積むことと、技術的な面での勉強が必要かと思いました。
 読みやすく→句読点を多めにし、一文をなるべく短めにしました。が、てにをはや誤用は多く、これは推敲と校正チェックが甘い・期間が短いことが原因かと思います。こちらも達成度低め。半年で10万字・4エピソードを考えたので、それを基準+αにして、今後は計画を立てようかなと思っています。
 
 それでも至らない点は多々あり、お付き合いいただいた方には頭が上がりません。また、今でも気づいていない部分の改善点はあるかと思っています。

【やってみたことその4】 
・宣伝文やあらすじの随時見直し 
 当初、蒼衣は「ブロマンス」(男性同士の親密な関係性)で売るつもりのお話でした。しかし、蒼衣の抱えているものや、お客のかかえている「つまづき」を通してみると、所謂優しいヒューマンドラマという形で宣伝したほうが、これを読みたいと思っている人に届くのではないか、と思ったのです。なにかしら社会の中で大人として生きる上で辛いことがあり、それをフィクションで癒したいと願っている人へと。
 そして、魔法菓子コレクションで「魔法菓子」という設定世界観に多くの反応があったことで、不思議でおいしい魔法菓子、という方向性でも宣伝させていただきました。
 そして、蒼衣の初期コンセプトとターゲット層を「20~30代女性をターゲットとしたキャラクター文芸・ライト文芸が好きな人」「長髪女顔美形の優男と同性の友だちとのコンビが好きな人」「傷ついたキャラクターが癒され前を向くと同時に、自分も癒されたような気になりたい人」と定め、商業作品のあらすじや帯などを複数参考にし、「どこで誰が何をしてどうなるのか」というあらすじになるよう努めました。
 結果としては「魔法菓子」という不思議さの漂うワードと「人生のつまづき」=悩み、という部分がひっかかってくれたのかなという感じです。優男まとめの企画もしたので、主人公が優男、という部分でも少なからず気にして下さる方がいたようです。

:::

 まあここまで書いている通り、蒼衣はたぶん、私が創作した作品の中で、今までの本と違う読み手層へに迎え入れられ、多くの反響をいただいた作品になりました。
 それは、WEB掲載&同人誌版、という、場所の微妙に違う場所で展開したこと、文字表現だけでなく、きむら先生の魅力的でイメージのわかりやすいイラストがあること、多くの人の目に触れる機会(ランキング)があったこと、熱意と好意にあふれた感想(口コミ)が、他の方の後押しをしてださったが要因かなと思っています。
 もちろん、普段からお付き合いして下さっている友人・知り合いの方々の応援があったのですが、それが「クラスタの外」(私にとっては、オンラインノベルの読者さんや、ツイッターやイベントでの交流が今までなかった方のことです)に多く届く経験は初めてでした。
(なんでこんなに「クラスタの外」に敏感なのかというと、自分は交流で感想をいただいている部類の人間だと思っています。それを、作品やの作品の要素、クオリティをメインにお手に取ってもらえるという経験は多くなく、それでこんなに騒いでいるのだと思います)
 上記の話は主観であり、事実と違う部分もあるかと思います。
 ですが、自分の中では大きな反響が「数字」として表れた作品なこと、自分の納得いく話やキャラクターができたことで、印象深い作品になりました。
 現在、カクヨムの公式コンテスト「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」へ参加しております。同人誌発行をした部分を「第一部」とし、第二部からWEB先行の新作になっております。一部や同人誌版を楽しまれた方も、キャラクターや世界観がお気に召しましたらお付き合いいただけるとうれしいです。
 また、この機会にご興味を持たれた方、ぜひ「recette1 心の魔物と魔法菓子(全5話)」をお試しにどうぞ。蒼衣~のテーマや特徴が全て入ったお話になっています。
 出来れば期間内にrecette(本編)を一つでもあげたいのですが、題材にしたいことを勉強するのにちょっと時間がかかりそうです。
 二部のテーマは「結婚・恋愛」などの要素を含む「人生のパートナー」がメインになる予定です。蒼衣の恋愛面での過去も描いていきたいな~とも。これもまとまれば同人誌として発行したいです。

巴市×蒼衣クロスオーバー」完結済み・全3話・12,753文字・2018年9月3日
(歌峰由子さん作「巴市の日々」と「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」クロスオーバー二次創作)
雑感
・厳密に言えば二次創作なのですが、お互い一次創作ということもあり、コラボという体で書かせていただきました。
 というよりは、私が「巴市の日々」の主人公・宮澤美郷さんが好きすぎて、自分のキャラをカッコよく助けて!!!という欲から生まれたので不純です。美青年公務員陰陽師がカッコよすぎるので本編を読んでください(宣伝)

「フォーチューン・フラワーのメッセージ」 蒼衣さんのおいしい魔法菓子番外編・第8回 Text-Revolutions(2019/03/21(木))公式WEBアンソロ寄稿作品・約4000字
雑感
・テキレボ8用のWEBアンソロ原稿です。完全ご新規さん用に、魔法菓子の面白さと、蒼衣~のメインテーマである、些細な「人生のつまづき」(=悩み)を癒す、という部分をメインとした作品です。
 同人の書き手の方の中には、こんな悩みを持つ人がいるよなあと思いながら書いたお話です。
 比較的早く投稿できたので、年明けにはご案内できるかと思います。

<2019年活動予定イベント>
・文章系同人誌即売会「第8回 Text-Revolutions」(2019年03月21日(木)・委託にて申込済み・新刊あり)
・一次創作同人誌即売会「名古屋コミティア53」(2019年03月24日(日)・直参申込済み・当落待ち・新刊未定)
・創作系文学同人即売会「第三回静岡文学マルシェ」(2019年06月16日(日)・未申込・枠があれば委託参加)

<作品予定>
・「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」公式二次創作アンソロジー「みんなのスペシャリテ!」主催
→歌峰さんのコラボをきっかけに「オリジナルの魔法菓子」「自創作のキャラに魔法菓子を食べさせる・ピロートへ来店させる」という二次創作を複数頂く機会に恵まれたため、折角なので本の形にしてまとめて、ついでに書いてくれるならこの際どうぞ!と募集したのです。
 複数の方に参加表明していただけ、現在作品を待っている途中です。あ、その、お正月中に書いちゃったテヘペロ☆ってなったらぜひ参加を……ですね……こっちからどうぞ!!!(締め切りに間に合うなら是非に!!! といったところで原稿の締め切りは1月20日という鬼スケジュールですのでほぼ無理だと思いますが私は希望を捨てない。自作二次大好き)

・以下やりたいこと妄想
 →あやかし・妖怪・イケメンの出てくるキャラ文芸系
  ……巴市の日々っていう好きな作品があるんですけど(しつこい)自分も挑戦してみたいなあって思ってるんです。いっそのこと人気ジャンルをかけば何か見えるかもしれないと思って……こういう思想がダメなんだけど……。
 →近未来SFもの
 少女と青年の不思議な力のアクションとかそういうの。SFなにそれおいしいの状態なので、実現はむずかしいんですけども
 →ヘタレトラウマ持ち優男×クーデレOLのTL(ティーンズラブ)もの。
 ずーーーっと頭の中で妄想し続けるもので、エッチなシーンもかくぞ~~~とか思いつつTLなにそれおいしいの?社長?セレブ?オレ様?なんのことでしょう……ってなってる。
 →蒼衣~二部
 上記にも書きましたが新しいテーマのものを。こっちは今ウンウン唸りながら考えてるし、たぶん書かないと自分が納得しないので、こいつが先にできるかもですね。
 →変身ヒーロー・ヒロインズの「本編」
 一話だけってどういうことじゃオラァっていう声が囁いてくるので、本当はこっちが先なんですけど、いかんせん今の興味が蒼衣で書いている事がメインなので、そこが落ち着かないとちょっと世界観に浸れないです。いやだって4クール分考えるのしんどい……でもお気に入りなの……。

<2017年の目標達成できたのか>

・「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」を本にする
 →できました! きちんと予定通りの文庫本に新規エピソード追加表紙絵追加で。
・イベント面→無料配布必須、ポスターなどは目を引くもので
 →一応魔法菓子コレクションで大きめに。無料配布も冊子や折本などを作って積極的に。感想も頂けました。
・創作面→たくさん本を読んで、書く。それに尽きる。
 →たくさん読めたか、は前年比ではそれなりに。意識して、キャラ文芸系でお店やお菓子といったテーマのものを中心に読みました。30冊くらいかな。書く、は、蒼衣では書きましたが、他のものがさっぱりです。

<来年の目標>

 →蒼衣アンソロの完成
  これはたぶん大丈夫でしょう。だって私読みたいもん。
 →話に使いたい部分の知識をきちんと調べる
  常に疎かにしがちな部分なので。
 →短い自由時間の中でも少しでも書けるような体制にする
  すぐにツイッターに逃げるのヨクナイ
 →近似ジャンルだけではなく、一般文芸にも手を出して読む
  どうしても、蒼衣の参考&ラノベよりも現代舞台のキャラ文芸系が好みだという事に気づいて、そればかり手に取ってしまうので、なるべく一般文芸のものにも手を出していきたいです。



<おわりに>

・同人活動および書く・考える時間がなかなか取れず、私生活の悩み事にもメンタルが左右される一年でした。もっと書きたい、というよりは、自分の納得の出来るものが作れたら、と思います。
 同人のスタンツも、だんだんと固まってきたように思えたのですが、知識や雰囲気はまた変わっていくものだし、自分が見ている世界も狭いと思ったのも今年の特徴でした。
 来年も、楽しく書くこと作ることをしていきたいです。ご興味のあるとき、気になるときにお付き合い頂ければ幸いです。
 それでは良いお年を!