■こうやって向き合える時間も少なく
 こんにちは服部です。前回の記事を書いたときは、もうちょっと書くことが増えるのかなと思っていたんですが、意外にそうでもなく。
 最近は仕事と家事と趣味のことで目一杯な毎日です。創作をする時間もぐっと減りました、というより、考えることが少なくなりました。
 頭の中でいろいろと考えるのですが、中々書いていない/描いていない期間が長くなってきたのと、何を考えても誰かのマネか既存作品の焼き直しになってしまう事に悲観して、ペンを持っても、キーボードをたたいていてもすぐにやめてしまいます。
 描くのも書くのも苦しいです。描くほうがまだ気持ちに余裕があるのですが、物語を紡ぎたい欲求とはまた違います。
 少しづつリハビリしないとだめなようです。
 自分に何が出来るのかも、よく分からなくなってきました。書くのが楽しかった自分がまるでうそみたい。自分を表現するのが怖いみたいです。

 ちょっと身動き取れないみたい。今までのように自由に動けることは少なくなりました。
 いや、動けるはずなんですが、自分の足が動きません。
snap_drim_2011720571.jpg
 リハビリついでに夢也なんだけど、夢也のよーなそーでないよーな。
 
スポンサーサイト