FC2ブログ

20140914bunfree_oosaka_space.jpg
今回のスペースレイアウト。
写真撮影の時にお隣の方にはご迷惑をかけました。テンションが上がっているのでいつも映り込みのことを失念します。
気をつけなくてはなあ。

■第二回大阪文学フリマ、参加してきました
 参加してきました! まずは皆様、お疲れ様でした。スペースにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 朝は近鉄特急で。実のところ、あまり寝ていなかった(ねてねーわー電車の中で30分しか寝てなかったわーミサワ風)のですが、松屋でご飯大盛りの朝定食を食べられる余裕はありました。
 地下鉄の2番出口からでるといつも行く方向を迷うのですが、カートの人に付いて行って(イベント恒例)なんとかたどり着けました。

<自分のサークルの話>
 最初から文章系のイベントだと認識して来場頂いている方が多いのか、じっくり立ち読みをして吟味してくださる方が多かった印象でした。おそらく、通路の感覚も大規模のコミティアとは違い、広々している事も、ゆっくりできる原因かなあと思ったり。
 すぐに本を開かれる方が大半だったので、前回のコミティアで実施した「口頭で内容をお伝えする」はあまりやりませんでした。読んでいる最中へのお声かけはやはり躊躇します。
 ディスプレイの仕方も、ポスターを置いて本を縦置きして……をやってみたんですが、なんかちょっと場違い感があって、これはイベントの雰囲気ごとに変えてみてもいいのかなと思いました。
 そして頒布数としては、新規の方はちらほら……。お知り合いさんを差っ引くと、いつもと同じくらいでした。デスヨネー。
 ワンライ無料配布は、無料配布です、というPOPを全面に付けないと、どれが無料配布なのかわかりづらかったみたいで、後半むりやり本の前に差してみたら、少しはもっていってもらえたので、わかりやすいほうがいいのかなと思いました。
(無料配布はもらいづらい、読んでも無料でもらったものへの価値を感じない、とあまりいいイメージがなさそうだったので、あえて頒布価格が0円ですよ、という体裁でやってみたのでした)
 ワンライの無料配布は、ユカリオンみたいなものは興味無いけどお試しで……という方向も考えて作ったものだったので、やっぱり持っていってもらってナンボ、という感じで、積極的に手にとれるアピールをせねば、と思う次第です。
 文フリは本が平積みのサークルさんが多いせいか、立てていた見本誌の存在を忘れられていたようです。何度かこちらからお声かけして、見本誌を試し読みしていただくようお願いしました。

<周りの印象>
 机、でかかったですね(笑) でもその分、余裕をもって本が置けました。
 会場前の舞、なかなか創作意欲を掻き立てられるのはすごく良かった(足を踏んだ時の音、かっこいいね)んだけど、会場の合図はやはりマイクでアナウンスがほしかったです……。(お気持ちはわかるのですが)
 今回、人多い!! と常に思ってました。会場の大きさも関係しているのだと思いますが、1200用意したパンフレットがなくなったと聞いたので、すごい人だったのだなと……。
大阪名物になりつつある、舞台上の見本誌コーナー、アレいいですよね(自分は見本誌を置きに行ったきり、行かなかったのですが)会場の熱気を保ちつつ選べる、いいなあー。
 自分のところでも書きましたが、縦置きで表紙をバーン! と見せるレイアウトが多かったコミティアに対して、平積みにして置いてあるサークルさんが多い印象がありました。
 そしてデザインセンスのある表紙・装丁が凝っている本が多く、やはりすごく興味深いです。本をじっくり見る分には、正直な話文学フリマの雰囲気が好きです。(自分の作品としては、コミティアの方が親和性が高い気がしますが)
 
<閉会後>
 閉会後片付けをしてから、懇親会に参加しました。
 こういうイベント主催の会に出るのは初めてで、片付けがあらかた済んだ後に、世津路さんと堺屋さんに「一人参加なんで一緒に行動していいですかあああ」と泣きつきに行きました。
 懇親会では反省やこれからの展望を聞けて良かったです。会場アクセスは確かに便利。県外から来るのでも、難波からでも新大阪からでもほぼ一本でわかりやすいですし。
 あとはちょこちょこあったミスなどは、反省点として生かして頂ければ……偉そうだぜ。でも、あれだけのことをやるので、何も起きないわけがないと思います。どのイベントもそうですが、本部の方の努力はすごいと思います。本当にお疲れ様です。

<今後の話>
 これ前回と同じやんけ……!
 次は名古屋コミティア45の予定です。新刊はありません。
 前も書きましたが、おおよそ何年ぶりの名古屋かな……。調べてみたら、2009年6月28日の35でした。白鳥一回目。
 ユカリオンがまだ「超絶変身★ユカリオン!!」の時でした。感慨深い。
 そしてそれが終わればもうずっと言い続けてるコミティア110。
 新刊は「女の子同士が夢の中で戦う、バトル現代ファンタジーライトノベル」の作品です。
 現在大きな手直しの最中です。頭を悩ませていますが、ちゃんと出してあげたい作品なので頑張ります。

<以下交流部分の覚え書き>
 どちらかというと交流の覚え書きなので続きから。でも頂いたユカリオン関係の絵があるので、よろしければ見てくださいただの自慢です!!
スポンサーサイト
続きを読む

■第二回大阪文学フリマ参加します
お品書き2014年9月14日大阪文フリ2ぽすた

2014年9月14日「またまたご冗談を!」直参です。
※服部匠のみ参加です
※11:10~12:00の間、服部は買い回りのために席を外す予定です。その後もちょいちょい席をはずしているかもしれませんが、終了までスペースにはおります。
※同人誌取り置き致します。9月13日23:59(前日)までツイッターでのリプライ、DM、サイトメールフォーム、もしくは直メールwagapuri@yahoo.co.jp までご連絡下さい。

 今回の新刊は1冊です。
 8月のコミティアで出した灯宮さんの本「Extra Chirldren 二人の一歩」完全版です。
 異能力バトルライトノベル。捜査官候補生の小学生二人が、絆を深める物語です。もちろん後半には、迫力のある能力バトルシーンも!
 一冊読み切りのお話です。
(ちなみに外伝とありますが、本編のLittle Tsの本編は本にもサイトにもないです。私が小学生~専門学生の頃に書いていた作品なんです……あとは察しろ!)

【新刊】
幼い少年少女が活躍する、なんちゃって警察系異能力現代ファンタジー
●「Little Ts 外伝 Extra Children 二人の一歩」(灯宮義流・原案/服部匠)完全版
0914_hyousi.jpg
 文庫版/自家製本/本文72P/\200
(2014年8月31日コミティア109で出した無料配布版から加筆修正を加えた完全版)
<あらすじ>
 時は現代・日本。
 異能力を持った人間……通称「EAP」が存在する世界。
 EAP犯罪を取り締まる「特殊警察課」……通称「Ts」には、
 様々な能力と葛藤を抱えた、最強の少年少女たちが
 捜査官として所属していた。

 Ts捜査官候補の少女・心通子は、トレーニングに根を詰める
 相棒の少年・獣虎鷹一を心配し、町に連れ出した。
 通子は捜査官審査を前に、己の能力に不安を持つ、鷹一の
 気持ちを知る。
 ひと時の休息を過ごす通子の前に、謎の男が現れて……。

 異能を持った少女と少年の、心を通わせるまでの物語。


【既刊】
小学生! 恋愛! 幻想! そしておっぱい!
●フリーワンライ企画・短編小説まとめ本 ヒロイン理想郷(ユートピア)
heroinutopia_hyousi.jpg
 A5自家製本/本文40P/¥0
 ※Twitter上企画「フリーワンライ企画」(#深夜の真剣文字書き60分一本勝負)短編小説作品集。
 無料配布本です。
 企画で書いた作品の加筆・修正版になります。
<収録作品>
・おっぱい大好き男子高校生の変身ヒーローものコメディ【白銀の戦士シルバーシザー】
・紫陽花をきっかけに思い出す、小学生の時の、甘くて苦い、初恋の思い出【紫陽花の道】
・いたずら少年と天然系少女の、花の種を巡る、可愛い恋愛話【花束を君に】
・七夕の夜だけ魔法少女! 児童文学風【七夕星羅の秘密の夜】
・ある港町で訪れた、妖しくも魅力的なバーでの話【人魚の涙】

 サンプル
 Happy Reading
 「フリーワンライ企画・短編小説まとめ本 ヒロイン理想郷」/「服部匠/天かす」の小説 [pixiv]


90年代風変身ヒロインライトノベル「超絶変身ユカリオン」シリーズ(完結済み)

●超絶変身ユカリオン1.5 しあわせの食卓(無料配布)
※今回より1巻ご購入の方に一緒にお渡しする形式になります。(卓上には並べません)ユカリオン1巻のみお持ちの方でご希望の方は、お声かけ下さいませ。
20140202comitia_free_hyousi.jpg
A6自家製本/本文16P/¥0/イラスト:服部匠
■小学生の女の子・由香利が宇宙人と戦う戦闘少女系ライトノベル「超絶変身ユカリオン」シリーズ。
1巻と2巻の間の小話。
<あらすじ>
 由香利の誕生日……異次元モンスターを撃退した日からおおよそ一週間後。つかの間の平和の中で、由香利に料理を教える早田。
  重三郎の口から語られた、早田の意外な過去にまつわるお話です。

 サンプル
 Happy Reading
 【サンプル】超絶変身ユカリオン1.5 しあわせの食卓Pixiv


再販
●超絶変身ユカリオン2(完結)
20131104_yukarion2_hyousi_web.jpg
「好きな男の子の為に戦って、何が悪い?」
 新書版/表紙込み132P/300円/イラスト:コマ様
<あらすじ>
 小学生の女の子・由香利が宇宙人と戦う戦闘少女系ライトノベル「超絶変身ユカリオン」の完結巻。
 90年代風恋愛あり変身ヒロイン(戦闘美少女)ものを目指して書いた作品です。
 人間の生体エナジーを奪う「異次元モンスター」と戦う毎日の中、学校ではいじめられっ子の少年「優人」と仲良くなる由香利。
  そんな中、かまいたちを操る謎の敵「ロスト・ワン」がユカリオンの前に立ちはばかる。 戦いに貪欲な廃棄怪人カマセイヌ、そして、異次元モンスターのリーダー、サルハーフの真の目的とは。
 
 サンプル
 超絶変身ユカリオン2Happy Reading様 
 【サンプル】超絶変身ユカリオン2【完結】Pixiv


再販
●超絶変身ユカリオン1
20130505_yukrion1hyoushi.jpg
「お父さん、早田さん、私、リオンスーツで、異次元モンスターと戦う……!」
 新書版/表紙込み96P/200円/イラスト:コマ様
<あらすじ>
 六年前の火事で母親を亡くした少女、由香利。
 十二歳の誕生日前夜、宇宙侵略者Dr.チートンが作り出した化け物、異次元モンスターに襲われる。
 絶体絶命の由香利を助けたのは、幾度と無く夢で現れた緑色の宝石、リオンクリスタル・アルファの力だった。
 科学者である父親、重三郎から戦闘用パワードスーツ・リオンスーツを託された由香利は、大切な人達を守るため、異次元モンスター達との戦いに立ち向かう事を決意する。

 サンプル
 超絶変身ユカリオン1HappyReading様
 【サンプル】超絶変身ユカリオン1Pixiv

■コミティア109ありがとうございました!!
865062556.jpg
 コミティア109、ありがとうございました!
 前日夜中の深夜バスに乗って、朝マックして御茶ノ水の風呂に行ってビッグサイトでした。7時くらいになれば東京駅構内地下で豪華な朝ごはん食べられることに気づいてちょっと悲しみ。予想よりも寒かったですね!
 
 さてイベントレポ。
 今日は5・6だけだったけど、その分なんだか人口密度高い感じでした(男性向け系で人気のある人でもいたのかな……?)
 漫画で参加のサークルさんも、今日はたくさん出たよー、と言っている方がいて、なるほど盛り上がったのかなあ。

 ちょっと長くなってしまいました。よっぽど楽しかったんだと思います。お暇なときにどうぞ。


<うちのサークルの話>
 新刊やユカリオン、そして友人の灯宮さんの本をお手に取って頂いた方、お話してくださった方、ありがとうございます! 
・新刊のひとりヒロイン☆ふぇすたもといヒロイン理想郷も、ユカリオンも、新規の方に手に取ってもらえたようで、嬉しいです。新規の方はだいたい予想通りでしたが、驚いたのはツイッターのフォロワーさんが気を使ってくださって、うちのスペースに来てくださったことです。みなさん本当にお気遣いありがとうございます。
・今回より、スペースをご覧になっている方へ、軽く頒布物の概要をお話させていただきました。(今までは「どうぞご覧ください」程度)
 ユカリオンは「変身ヒロインものです。どちらかというと少女漫画のノリに近いです・2巻完結です」とか、理想郷は「恋愛とコメディの短編集になります」とか、切っ先は「女の子が主役の妖怪退治もの現代ファンタジーです、読み切りです」とか、そんな感じではありますが。
(個人的目標としては、自作品を卑下しない、というのを掲げておりました/でも知り合いの前でやっちゃいました、今度は普通にお渡しします)
 これに関しては、強制的に感じられる方もいらっしゃるのかなあという心配もあるのですが、あくまで対面頒布である、というのを意識してみました。お声かけしても、ピンと来なかったのか、普通に去って行かれた方は何人かいらっしゃったので、逆にこちらが安心しました。漫画やイラストとは違い、短い時間で内容を把握しづらい文芸は、こういう方法でも良いのかなと最近は思います。せっかくお金と時間を使って頂くものなので、出来れば好みのものと出会って欲しい。あわよくばそれが、私や友人の作品であれば嬉しい、そういう感じです。
・あとは、ディスプレイをもっと立体的に盛った方が見栄えがいいなあ……と。縦置きするのはいいっすね。

<通販について>
 再開しています。今回の新刊「ヒロイン理想郷」追加しました。
 灯宮さんの本はすべてなくなってしまったため&作者の意向により、現在は取り扱いをしておりません。
 送料は無料にさせて頂いております。その代わり、日常生活の合間に作業をしておりますので、本をお送りするのに少々お時間を頂きます。
 「チャレマ」様のシステムを利用した自家通販です(委託販売ではありません)こちらからどうぞ。


<これからのサークル活動予定>
・次回参加イベントは第二回大阪文学フリマ(9/14)です。同じく「またまたご冗談を!」D-51です。デゴイチだ。
 新刊は今回無料配布で出していたコレ
 ec_free_hyousi.jpg の、完成版です。読み切りです。
 只今、灯宮さんは3回目の手直しをしている最中です。EAP、という超能力を持った人間が存在する世界が舞台。EAP犯罪を取り締まる「特殊捜査官」通称Tsに属する子供たちのお話です。
 Ts任命「前」の二人の少年少女が、信頼を深める物語です。男女コンビもので、にぎやかな医者のお兄さんも出てくるよ!(そのお兄さんは「ユカリオン」の早田と重三郎をもじったキャラクターで私の大変好みでございます/ユカリオンとはつながりはないよ!)
 文庫版サイズになります。
 実際の所、最後までは書きあがっているので、私の編集が遅れない限りは新刊として並びます。頑張ります!

・次々回は名古屋コミティア45(10/5)の予定です。締切ギリギリに申込みをしたので、まだスペースNoはわかりません。
 名古屋は新刊なしですが、今のラインナップでの参加は久しぶりですので、楽しみです。
 確か刈谷から白鳥に移った時の参加が最後だったはず。刈谷時代はまだ学生でした。一般参加ではしゃいでいた記憶があります。

・そしてそれが終わると、11月コミティア110(11/23)です。後で申込みします。
 このコミティア110では、前々から告知している新作・百合風味現代バトルファンタジー「夢守人黒姫」を出します。 ユカリオンよりも対象年齢が上がっている、シリアスものです。あとちょっとエッチ。どの程度かって言われるとAはするって感じです(例え古!)
 百合って言ってるけどこれ本当に百合なんか……? とまだ自分でも首をひねっています。どうしよう。
 こちらもとりあえずは、1冊読み切りです。

 あと、ちょっと先ですが、冬コミに初めて文芸ジャンルで申込みしました。
(今まで二次版権で出たことはあったのですが……)
 受かるかどうかはわかりませんが、スペース頂けたら参加したいと思います。新刊は……ちょっとアレかも。

 とりあえず、秋も『戦う女の子』で突っ走るので、もしよかったらお付き合い頂けると幸いです。
 
:::::

 イベント後は灯宮さんと、創作漫画の友人(岡亭さん)と共に飲み会でした。
 漫画の話や岡亭さんの創作キャラに萌えたり、最近の漫画だとギャグ表現に等身低めデフォルメを使わないとか、異世界ファンタジーは少ないけど、技術やエネルギーの一部が魔法になってる世界で、しかも舞台は学園ものが多いよねとか。最後には「早くマルドゥックスクランブル読めよ灯宮ァァァ」になってましたが。早く読んでくれ。
 創作キャラの話は楽しいね!!! 彼女の再録集の漫画で「これ好き」って言ったら「匠さんその話好きだと思った……」とかまさかのカウンタートラップ帰ってきて私が壁に打ちひしがれる感じね!! 黒髪長髪系男子しかも誰かに依存に近い系大好きなんだよ!!! ってことで私がクソ萌えた作家さん(ファンタジー系漫画描きさん)のサイトはこっちね! 異世界ファンタジー好きな人は行ってらっしゃい!! 今回の新刊は現代ファンタジーだけど、初見さんにめっちゃおすすめだったよ!!

■これからのこと
 とりあえず「黒姫」の仕上げをして、その間にぽつぽつワンライやツイッター遊びがやれればいいなあと思っていたり。
 今まではユカリオンしかなかったウチだけど、いろんなお話を出して「服部のここの部分がおもしろかった/おもろうなかった」って思ってもらえると嬉しいなとか。
 余談ですが、ユカリオンはとにかく読み手さんに脳内でイメージを作ってもらうために、自分が元々好きだった比喩表現やポエム調の表現は使わないようにしていました。(以前のバージョンを男性の友人に読んでもらった際に、表現の意味が解らないといわれてしまったのが地味にショックだったので/後々読み返すと私もなんでここで唐突に謎ポエム&比喩始まるかなとセルフ突っ込みしましたが……)
 今度はそういう感じの趣味に走ったものも作ってみたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。