◆文章系同人誌即売会第7回 Text-Revolutions 委託参加します
 どうもこんにちは服部です。
 2018年7月16日(月・祝)に都立産業貿易センター台東館4Fで行われる文章系同人誌即売会「第7回 Text-Revolutions」(通称:テキレボ)に委託参加します。「委託-23」です。
 文章系……小説やエッセイ、評論、詩歌など、文字を主体とした同人誌なら一次・二次・評論など問わず参加OKというイベントです。
 ジャンル傾向としては、ファンタジーが多めですが、BLや百合、純文学もあってバラエティ豊かです。そして当日の会場では、ポストカードやラリー、同じジャンルで集まったMAPなど、様々な企画があるようです。今回は【300字企画】【現代ファンタジーMAP】【キャラクターカタログ企画】【青色申告マップ】【優男まとめ】 【日本の架空都市まとめ】(優男・架空都市に関しては企画主)に参加しています。
 ツイッターでの交流も盛んなので、ぜひハッシュタグ「#テキレボ」のリンクをたどってみて下さいませ。オススメ本なども紹介されてますよー。
 という文章を前(第6回)の所からコピペして持ってきたよ!(ズボラ)ここまでコピペ!!そしてさらにここまでコピペ!

◆お品書き
20180716テキレボ7お品書き
Webカタログのサークルページはこちらから

■□■新刊
蒼衣さんのおいしい魔法菓子
hyousi_web_201806302321455f0.jpgkutie4p.jpg
蒼衣さんのおいしい魔法菓子試し読み-001蒼衣さんのおいしい魔法菓子試し読み-005
現代ローファンタジー|キャラクター文芸系|文庫|316p|900円|イラスト:きむらひろき先生 ロゴデザイン:n2coさん
・WEB小説投稿サイト版(カクヨムエブリスタ)の加筆修正あり
・書き下ろし掌編「ダイエットに向かない職業」収録
<あらすじ>
そのパティシエには、秘密があるのです――。
中部地方にオープンした『魔法菓子店 ピロート』は、優男のパティシエ・蒼衣と、陽気なオーナー・八代の親友コンビが営む小さなお店。
魔力のある不思議なお菓子『魔法菓子』を売るピロートには、悩みや困りごとといった「人生のつまづき」を抱える客が訪れる。
星座が現れるチョコレートケーキ、体が宙に浮く雲のシュークリーム……。
客の心に優しく寄り添う一方で、蒼衣は見ないふりをしていた自身の「つまづき」に向き合うことになる。
友情・家族・仕事……この「世界」で生きるのが、時々しんどいひとへ届けたい。
「人生のつまづき」をお菓子で癒す、お仕事小説。

:::10月の名古屋コミティアと前回のテキレボ6で出していたコピー本のお話に加筆修正し、5つの連作短編+5つの掌編に仕上げました。全編ネットで読めますが、本の形+書き下ろし掌編があります。現代ローファンタジー、お店もの、お菓子のお話や、日常の小さな悩みや困りごとを優しく癒していくヒューマンドラマがお好きな人に届くといいなあと思っております。
◆テキレボWebアンソロジーに読み切り掌編を投稿しましたので、雰囲気をつかむのにどうぞ→【サンダーレモンの魔法菓子

■□■既刊

魔法菓子コレクション
hyousi_web_20171023233904804.jpg出力見本-003
出力見本-005出力見本-004
300字小説|現代ファンタジー|文庫版|32p|200円
・魔法×お菓子×現代ファンタジーな世界観「魔法菓子シリーズ」300字小説のまとめ本。
 朝焼けの発泡水・氷の琥珀糖・虹の飴細工・声変わり飴……
 不思議で美味しい、魔力を含んだ食材で作られる「魔法菓子」の存在する世界での、さまざまな様子を描いた作品集。

<収録作> 
いぐあなさん主催のツイッター企画「#Twitter300字ss」(@Tw300ss)で書いた作品+書き下ろし一作
◆感情マフィン
◆黄金ゼリィ
◆春風スフレ
◆朝焼けの発泡(ソーダ)水
◆声変わり飴
◆月クッキーにはご用心
◆新春初くじパイの小さな幸い
◆困った氷琥珀
◆飾らないコトノハマシュマロ
◆鮮やかに染まれ飴細工
◆魔法菓子実験・プリン編(書き下ろし)

変身ヒーロー・ヒロインズ
hyousi_web_20180712222531294.jpg
現代ファンタジー|特撮・魔法少女系変身ヒーロー/ヒロイン|A5|44p|300円
これが!俺の!私の!変身ヒーロー/ヒロインだッ!!
オリジナル変身ヒーロー/ヒロインの「第一話」だけを収録したお気軽な短編集。
<収録作>
おっぱいに命を燃やす戦士 「白銀の戦士シルバーシザー」
バリスタ姿で戦う二つの顔を持つ男 「ネロ・バリスタ」
わたし、織姫と彦星の娘です! 「七夕星羅の秘密の夜」
アラサーOLは少女怪盗!? 「怪盗C・Bはあきらめない!」
(全てWEBおよび過去同人誌の作品を加筆修正した再録集です)
試し読み→創作文芸見本誌会場Happy Reading様

君と食べ物があればいい ブロマンズ・BL掌編作品再録集
おび_2danhyousi_ura.jpg
20161008_sample-004.jpg20161008_sample-038.jpg
飯テロ系ブロマンス・BL|文庫|58p|300円
・飯テロBL本です。男キャラクター(大学生から50近くのオッサンまで)が二人で仲良くイチャイチャご飯やお茶やお菓子を食べているだけの幸せな話ばかりです。

■□■別スペース委託分

砂時計のかき氷
第6回300字ポスカwebカタログ用
現代ファンタジー|ポストカード|無料配布
※A-10「300字企画」さんにて頒布です
・第6回300字SSポストカードラリー参加作品
・魔力のあるお菓子「魔法菓子」がある世界での、不思議なかき氷のお話です


****

◆今回も委託参加ですが、企画を2つやらせていただきました。
 いずれも創作文芸小説同人誌限定ですが、優男キャラクター・優男がテーマの小説同人誌を集めた「優男まとめ」、日本の架空の都市が出てくる小説同人誌をまとめた「日本の架空都市まとめ」です。急遽、当日配布できる紙のマップもご用意しましたので、是非お手に取っていただけると嬉しく思います。
◆当日は一般参加の予定です。12日現在は参加できそうな様子です。ただ、当日の朝までわかりません……。
 東京に行くことができれば、A-10の「300字企画」さんでくじ担当でお手伝い予定なので、ぜひぜひ300字ポスカラリー参加してみてくださいませ!
 
スポンサーサイト

◆お菓子屋さんヒューマンドラマ「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」完結しています

4月から週1でカクヨムエブリスタで連載していたWEB小説「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」先日(6月29日)に完結いたしました。
カクヨム宣伝用画像
<あらすじ>
そのパティシエには、秘密があるのです――。
中部地方にオープンした『魔法菓子店 ピロート』は、優男のパティシエ・蒼衣と、陽気なオーナー・八代の親友コンビが営む小さなお店。
魔力のある不思議なお菓子『魔法菓子』を売るピロートには、悩みや困りごとといった「人生のつまづき」を抱える客が訪れる。
星座が現れるチョコレートケーキ、体が宙に浮く雲のシュークリーム……。
客の心に優しく寄り添う一方で、蒼衣は見ないふりをしていた自身の「つまづき」に向き合うことになる。
友情・家族・仕事……この「世界」で生きるのが、時々しんどいひとへ届けたい。
「人生のつまづき」をお菓子で癒す、お仕事小説。

(約12万字・5つの短編と4つの掌編の連作短編)

改めて、カクヨム・エブリスタ各サイトでの閲覧・評価・コメント、ありがとうございました。そして、ツイッターでコメントして下さった方、閲覧報告して下さった方、とても励みになりました。お礼申し上げます。

さて、今度は同人誌版のお知らせです。
hyousi_web_201806302321455f0.jpgkutie4p.jpg
蒼衣さんのおいしい魔法菓子試し読み-001蒼衣さんのおいしい魔法菓子試し読み-005
「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」※同人誌即売会のWebカタログページに飛びます
現代ローファンタジー|キャラクター文芸系|文庫|316p|900円|イラスト:きむらひろき先生 ロゴデザイン:n2coさん
・WEB小説投稿サイト版の加筆修正あり
・書き下ろし掌編「ダイエットに向かない職業」収録

7月16日(月・祝)に、東京浅草で行われる文章系同人誌即売会「第7回Text-Revolutions(通称:テキレボ)」(委託-23)での新刊です。
小説・評論・短歌など「文章」を扱う同人誌であれば二次創作も含めて頒布できる、同人誌即売会です。さまざまなジャンルの本が集まっておりますので、個人制作のお話や本が気になる方に訪れて戴ければと思います。

イベント後、自家通販(匿名配送・BOOTH)と、どこかの同人誌委託ショップの申請を考えております。通販をお考えのかたはツイッターなどでお知らせしますので、チェックしていただけると嬉しく思います。


****

ここからは作品にまつわるいろいろを。
優男、というキャラクターの性格が好きで、なおかつ、素直で生真面目で、どこか損をしそうな感じのキャラが好きです。それが、髪が長くて顔が女の人のようにきれいならなおさら……という、完全に自分の趣味から生まれたのが、主人公のパティシエ・天竺蒼衣です。
この作品は主人公の蒼衣をはじめ、お店に訪れる客も、なにかしら仕事や家族、友だちとの「人生のつまづき」(=悩みや困りごと)を抱えています。日常、この世界で生きるときに発生するほんのささいなトラブルに、心が摩耗する瞬間。それをどうにか癒したくて書いたお話でした。
若干、蒼衣と親友・八代の仲の良さ(というより、蒼衣が八代へ熱い友情を抱きすぎている……(笑))が目立つ部分もありますが、家族や友だち、仕事場のひと……だれかを信じること、好きになること、そして、だれかと一緒に、どうやって自分らしく生きていくかを考えて書いた作品です。
日常の中でのほんの少しの不思議と、おいしいお菓子、優しく癒されるお店ものがお好きな人に届くといいなと考えています。
表紙のイラストも、作品を読んでくださった上で描いていただいたものです。蒼衣や八代の仕草の意味、背景に描かれたケーキの不思議さを、ぜひお手に取ってご覧いただけるととてもうれしいです。
そしてロゴデザインは、実妹のn2coさんにやってもらいました。明朝体で~なんかしゅる~ってなって~とかいうあいまいな指示のもと作ってくれたロゴ。おいしいの「お」の部分にあるスプーンの意匠がそれっぽくてすごく好きです。


一番最初に発行した(2017年10月8日の名古屋コミティア)コピー本からお付き合いいただき、たくさんのお声をかけて下さった知り合いと友人の方々に改めてお礼を申し上げます。
久しぶりの新作で、あーだこーだと唸りながら毎晩書いていたのを思い出します。最初はよくわからなかった蒼衣たちのことが、あの冬の夜よりもよくわかるようになったので、とてもうれしいです。

◆創作小説同人誌の感想まとめです
・タイトルと作者名のみ。ほぼほぼ所感です。

「暁のTOMCAT」(小出マワルさん)
死んでしまった娘、離婚した妻、友人はインスタでキラキラ~、からのくたびれたおじさんが主人公の研究所もの。研究所の様子がこと細かくて詳しくない私は「ほへ~」と言いながら興味深く読みました。

「ジュエル」(氷砂糖さん)
収録作品「ぬばたま宝飾店とかつての魔法少女」が気になっていた一冊。
こおりさんのおとぎ話のような口調で語られる、日常の中に潜り込んだような不思議さと、心温まるお話が好きです。「チェーン」や「夢の国への案内人」あたりが好きです。ぬばたま宝飾店もまとめて読みたくなる不思議さとやわらかさ。

「椿の海に眠れ」(三谷銀屋さん)
表題作「椿の海に眠れ」の、椿の海というもう見るからに妖しく幻想的な場所での怪談話、大変興味深く読みました。ホラーとありますが、視覚的な意味でのグロさではなく、どちらかというと奇怪な現象の伝承(+創作部分)を楽しむ、という趣向のように感じ、好みでした。
「ツンツン様」は本当にホラーですね…怖いけど、どこか「ああツンツン様なら仕方ないか」と思うような不思議さがあって好きです。

「天使創造」(佐倉愛斗さん)
人工的に作られる生命・倫理に外れた思想・生々しくもリアルな婦人科系統の執着と関わり方が、SFの形で描かれていた作品でした。愛と子どもと技術への執着で倫理がゆがんだ系統のお話がお好きな人にオススメ。


「灰が積もりて嵐が来たる 絶命のユーフォリアEpisode0+trial」(柏木むし子さん)
異形の少年たちが闘うのと、痛キモチイイところの感じがすごくゾクゾクしますね!! 「死生匣」の管理する世界で何度も蘇るのはなぜ、戦うのはなぜ、と謎が謎を呼びます。イゾラさんの思い切りの良さというか謎爽やかさ&新人くんとの関係もきになります。

「タブレットマギウス セフィロトの樹/ラプラスの魔」(森村直也さん)
タブマギでもMANAの使い方がひと味違う森村さんの作品。続編待ってました! 久瀬さんの飄々とした感じと、MANAの関わる事件の展開が好きです。ラプラスの魔のMANAの使い方がすげ~~~と思いました。社会派っぽい作風も読んでてすごいな~と思います。

「Fragrancyclopedia」(碓地海さん)
ファンタジーっぽい世界観で、香りと感情にからめた「香りカタログ」の体裁を取った掌編集。
香りとそのバックストーリーの不思議さと、ひとの感情の豊かさ、愚かさを感じられる一冊でした。銀色海岸の波音が好きです。

「すきまを行列がゆく」(紺堂カヤさん)
200文字とすごく少ない文字数ですが、軽快な語り口とちょっとした不思議さが味わえる本でした。「冷たい雨と春」「猫」あたりが好きです。

「わたしとあなたのあわいのことのは」(藍間真珠さん)
女の子と女の子のかわいくやわらかく、どこかちょっとだけビターな関係性を、近未来SFの舞台で描いた掌編集。「変わり者のあなたと諦めの悪い私」理論的な私と、綺麗なのに着飾らなくて、非効率な料理が好きなアンナへの想いがかわいくもいじらしい。「イマジネション憧憬」アバターという本来の姿とは少し違うところでの関わり合いと憧れというところが好きです。

「彷徨舞弄のファンタズム Trial Edition」(青波零也さん)
フロイラインと幽霊男のラブですとーーーー! 紳士な幽霊男の儚さ最高です……! フロイラインたるコルネリアが船から出られない理由、二人の心の距離、なにもかもが楽しみです。

「白樺の牢獄」(宮崎笑子さん)
優男で腰が低くて弱そうで……な和成さんと、すごくお人好しで優しい女の子・多英さんとの、純愛ラブストーリーなんですけど、もう、すごい(語彙)
元恋人と親友の浮気と失恋、謎のストーカーなどの不穏な空気の中、和成さんのやさしさと理論的な考え方がすごくすごく頼もしいんですよね。そして、優男の魅力である闇の部分もたっぷりと、たっぷりと出ている本で最高でした。いやもう優男との恋愛の醍醐味ってこれですよこれ。依存と執着と独占欲って言葉で察して下さいお願いします最高でした。