FC2ブログ

20140203_yukari.jpg
■コミティア107お疲れさまでした!&ありがとうございました!

 コミティア107参加して参りました。
 まずはスペース来ていただいた方、お手にとっていただいた方、ありがとうございました!
「超絶変身ユカリオン 2」は現在在庫なしです。1も少ないです。
 再販予定はあります。
 5月5日の文学フリマには申し込み済みです。
 同日のコミティア108は現在検討中ですが、売り子さんに頼んで参加しようかなと思っています。
(文フリにもコミティアにも行きたいサークルさんが居るンだよおおぉぉぉ!! ちなみにどっちも参加することになったら、文フリに服部本人、コミティアに売り子という予定です)

 今回は藍間さん主催の「文芸めぐり」も参加させていただいて、様々な方の作品の「さわり」を読むことが出来てすごく新鮮でした。あの合同冊子、凄く良かったです。
 いくつか手に入れることが出来たのですが、うっかり巡る時にパンフ持ってくのを忘れてしまい、「げへへ、本ください」とか言って現れたのは私です。
 主催の藍間さん、本当にお疲れさまでした!

 そして自分が驚いているのは、予想以上の数を頒布出来たことでした。
 2巻も「3冊あれば十分でしょう」と思ってたんです、マジで。いつもイベントは「知り合い以外の方が、一冊でも手に取ってくれればもうけもん」の気持ちで参加しているので、午後になってふらっとみてくれる方がいらっしゃってびっくりしました。
 だいたいの方が、ポスターで足を止めてくれてるのかな、というのが印象に残りました。そしてそういう方は、お試し版よりも先に本文をぱらっと見て、決めて下さる方も多くて、もしかしてお試し版はあまり効果ないのかな、と思ったりも。
 かくいう自分も、POPなどのあらすじと、本文を見て決めるパターンが多いです。
 後でいただいた無料配布をじっくり読むことは、もちろんあるのですが、イベントの高揚感のまま、購入を決めることが多いので。
(もちろん、こちらとしては無料配布のお試し版だけでも持っていってもらえてうれしいのは事実)
 うちはA4サイズに1と2のあらすじを乗せたPOPを置いていますが、それよりも短いキーワードの方が効果あるのかな。ぱっと足を止めていただく、という意味では。
それで今回A2ポスターに「90年代風変身ヒロイン」「超が付くほどご都合展開」「男性向けの顔をした女児向けアニメ」「最後は愛の力でパワーアップ(笑)……それの何が悪いッ!」というキーワードを乗せてみたけどどうだったのか。
 
 何はともあれ、拙作ではございますが、楽しんでいただければ幸いでございます、ハイ。
 新作は間に合わないフラグが凄くて(ツンデレポニーテール少女が陰獣と呼ばれる怪物と戦うそんなライトノベル)でもそれも書きたい話なんだよおおお。

■全体の印象
 アフターでファンタジー・少年マンガジャンルの岡亭みゆさんとも話していたんですが、人の数が多く感じられました。
 あとで某所みたら、どうも結構人気のサークルさんがいたらしいのでその影響なのかなあとも思いますが、年々サークルも一般参加も多くなってるとは聞きますので、単純に増えただけかなとも。
 
 

■とか言ってたらコメントもらたあああ!!!
 サークル「ゆにわ荘102号室」の藤辰さんから頂いてしまいましたコメントおぉぉぉっ! ありがとうございますすっごくうれしいです!
 藤辰さんの作品「~少女仙機譚~晴天のヴァルリッツァー」も、実は戦う女の子というジャンルもので、これから下巻を読むところです(上巻はイベント会場でニヤニヤしながら読んでいた)
 詳しく感想を後ほどお送りしたいのですが! とにかく「主人公の成長」を丁寧に描かれていて、そして手汗握る戦闘シーン! 出てくるキャラも個性的で可愛い!! 仙機の魅力的な設定!! そして上巻の引き!! 上巻楽しかったっす! 
 コメントのお返事は追記にて!

・会場ではほんと、お声掛け頂いてありがとうございますというのと、まさか買い物に出たときに「あ、女の子が大きな剣持ってる……あ、術の力を使うんだ……女の子が戦うんだやったーーー!」って見つけた本の作者さんにまさか自分のスペースで会えるとは思わなかったのでびっくりしました。
 そして感想までありがとうございます!! 
 基本に忠実わーい! 嬉しい! です! そう、女の子に戦って欲しかったんですという自分の欲望のままに書いた作品ですほんと。
 そういえばあとがきで「少女の成長が~」とかえらそーに書いてましたね自分……。藤辰さんの作品の丁寧さに比べたらぺらっぺらに見えてきました! 自分のが!(笑) 
 やはり表紙とのイメージが違う感じなんですねー。がっかり残念されるかといつも不安だったのですが、良い意味に受け取っていただけて嬉しいです。
 
 2巻は1巻の雰囲気と少し違い、少女マンガチックな展開になってしまうので、お好みに合うかどうか不安ですが、もしお手に取る機会がありましたら、どうぞ宜しくお願いいたします!
スポンサーサイト

貴方の小さな恋人より(バレンタインネタ)

コミティア107サークル参加

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。