FC2ブログ

20140914bunfree_oosaka_space.jpg
今回のスペースレイアウト。
写真撮影の時にお隣の方にはご迷惑をかけました。テンションが上がっているのでいつも映り込みのことを失念します。
気をつけなくてはなあ。

■第二回大阪文学フリマ、参加してきました
 参加してきました! まずは皆様、お疲れ様でした。スペースにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 朝は近鉄特急で。実のところ、あまり寝ていなかった(ねてねーわー電車の中で30分しか寝てなかったわーミサワ風)のですが、松屋でご飯大盛りの朝定食を食べられる余裕はありました。
 地下鉄の2番出口からでるといつも行く方向を迷うのですが、カートの人に付いて行って(イベント恒例)なんとかたどり着けました。

<自分のサークルの話>
 最初から文章系のイベントだと認識して来場頂いている方が多いのか、じっくり立ち読みをして吟味してくださる方が多かった印象でした。おそらく、通路の感覚も大規模のコミティアとは違い、広々している事も、ゆっくりできる原因かなあと思ったり。
 すぐに本を開かれる方が大半だったので、前回のコミティアで実施した「口頭で内容をお伝えする」はあまりやりませんでした。読んでいる最中へのお声かけはやはり躊躇します。
 ディスプレイの仕方も、ポスターを置いて本を縦置きして……をやってみたんですが、なんかちょっと場違い感があって、これはイベントの雰囲気ごとに変えてみてもいいのかなと思いました。
 そして頒布数としては、新規の方はちらほら……。お知り合いさんを差っ引くと、いつもと同じくらいでした。デスヨネー。
 ワンライ無料配布は、無料配布です、というPOPを全面に付けないと、どれが無料配布なのかわかりづらかったみたいで、後半むりやり本の前に差してみたら、少しはもっていってもらえたので、わかりやすいほうがいいのかなと思いました。
(無料配布はもらいづらい、読んでも無料でもらったものへの価値を感じない、とあまりいいイメージがなさそうだったので、あえて頒布価格が0円ですよ、という体裁でやってみたのでした)
 ワンライの無料配布は、ユカリオンみたいなものは興味無いけどお試しで……という方向も考えて作ったものだったので、やっぱり持っていってもらってナンボ、という感じで、積極的に手にとれるアピールをせねば、と思う次第です。
 文フリは本が平積みのサークルさんが多いせいか、立てていた見本誌の存在を忘れられていたようです。何度かこちらからお声かけして、見本誌を試し読みしていただくようお願いしました。

<周りの印象>
 机、でかかったですね(笑) でもその分、余裕をもって本が置けました。
 会場前の舞、なかなか創作意欲を掻き立てられるのはすごく良かった(足を踏んだ時の音、かっこいいね)んだけど、会場の合図はやはりマイクでアナウンスがほしかったです……。(お気持ちはわかるのですが)
 今回、人多い!! と常に思ってました。会場の大きさも関係しているのだと思いますが、1200用意したパンフレットがなくなったと聞いたので、すごい人だったのだなと……。
大阪名物になりつつある、舞台上の見本誌コーナー、アレいいですよね(自分は見本誌を置きに行ったきり、行かなかったのですが)会場の熱気を保ちつつ選べる、いいなあー。
 自分のところでも書きましたが、縦置きで表紙をバーン! と見せるレイアウトが多かったコミティアに対して、平積みにして置いてあるサークルさんが多い印象がありました。
 そしてデザインセンスのある表紙・装丁が凝っている本が多く、やはりすごく興味深いです。本をじっくり見る分には、正直な話文学フリマの雰囲気が好きです。(自分の作品としては、コミティアの方が親和性が高い気がしますが)
 
<閉会後>
 閉会後片付けをしてから、懇親会に参加しました。
 こういうイベント主催の会に出るのは初めてで、片付けがあらかた済んだ後に、世津路さんと堺屋さんに「一人参加なんで一緒に行動していいですかあああ」と泣きつきに行きました。
 懇親会では反省やこれからの展望を聞けて良かったです。会場アクセスは確かに便利。県外から来るのでも、難波からでも新大阪からでもほぼ一本でわかりやすいですし。
 あとはちょこちょこあったミスなどは、反省点として生かして頂ければ……偉そうだぜ。でも、あれだけのことをやるので、何も起きないわけがないと思います。どのイベントもそうですが、本部の方の努力はすごいと思います。本当にお疲れ様です。

<今後の話>
 これ前回と同じやんけ……!
 次は名古屋コミティア45の予定です。新刊はありません。
 前も書きましたが、おおよそ何年ぶりの名古屋かな……。調べてみたら、2009年6月28日の35でした。白鳥一回目。
 ユカリオンがまだ「超絶変身★ユカリオン!!」の時でした。感慨深い。
 そしてそれが終わればもうずっと言い続けてるコミティア110。
 新刊は「女の子同士が夢の中で戦う、バトル現代ファンタジーライトノベル」の作品です。
 現在大きな手直しの最中です。頭を悩ませていますが、ちゃんと出してあげたい作品なので頑張ります。

<以下交流部分の覚え書き>
 どちらかというと交流の覚え書きなので続きから。でも頂いたユカリオン関係の絵があるので、よろしければ見てくださいただの自慢です!!

<その他、お知り合いさん関係のこと>
・フォロワーさんたちがたくさん来てくださいました。お菓子いつもありがとうございます。大概会場で食べてしまいます。
・堺屋さんがユカリオンのイラストをくださいました!
sakaiya_yukarion_hayata.png
 早田だあああああああああ!!! しかもイケメン!! イケメンだよおおお!
 由香利も可愛いよおお。お気に召して頂けた1.5巻、そして2巻の冒頭のイメージでしょうか。もう嬉しい。嬉しいなあ!
 コメントで「腐ったイミではなく 重三郎さんとの 夫婦感がたまらんです」ありがとうございますありがとうございます。やっぱり語り足りないのでもっかいお話してください。
 堺屋さんは通称「いその」という、お兄ちゃん属性萌えな残念イケメンが、お兄ちゃんぽい同級生に萌え萌えする面白い漫画を描かれてる方です! 
 今更、家に帰ってから裏面見たら。
sakaiya_yukarion_kamaseinu.png
 カマセイヌーーーーーーーーーーー! カマセイヌじゃないですか!!!うっひょおかっこいいよおお。
 ツイッターでも熱い感想を頂いて、本当に本当に、本当にありがとうございました!

・そして一般参加だった森村さんがお話してくださいました。
 ユカリオンを読了していただいて、2巻に出てくる「ロスト・ワン」というキャラが居るのですが、彼をイメージした写真と、フェイク・クリスタル・ベータをイメージした写真、そして、アルファをイメージしたネックレスを頂きました!
DSC_0377.jpgDSC_0382.jpg
 自分の作品を二次創作されるのがうれしい自分ですが、立体は初めてでした。
 ロスト・ワンは、この状態のあの子を気にかけてくださったというのがうれしくて。当時、慣れない専門書を読み、昔の記憶を引っ張り出し、うんうん唸って作り上げた彼。そしたら「あの彼がいたから、後半が引き立つんです」という意味のことを言ってくださって、なんか自分も報われました。
 そして文字とイラストだったものが実際にこうして手元にある、というのがすごくうれしいです>アルファ
 このほかにも月餅と(ごちそうさまです。ほんとごはん替わりでした)製本術の同人誌を頂き(HPで見てほしいなと思っておりましたのでびっくりしました)お話もさせて頂いて、本当に楽しかった。
 森村さんはSF得意な方で、文章のテンポが好きな人。お知り合いになれてよかったなあと思います。

・懇親会からずっと、堺屋さんと世津路さんと一緒に行動していました。世津路さんの切込み隊長的なテンションに助けられ、堺屋さんの気遣いにずっと甘えていました。おまけに置いてあったビールを遠慮なく頂いたため、ただのコミュ障の酔っ払いが誕生し……すみません。
 懇親会ではそのお二人にくわえ、「藍色のモノローグ」の藍間さんと、「シアワセモノマニア」の青波さんともお話させていただきました。企画等でお会いするので、すっかりニコニコと馴れ馴れしくお話してしまいましたが、楽しかったです。
・酒が入っていたせいもあって、基本馴れ馴れしい上に隙あらば自作の話ばかりに持っていこうとするあたりがもうアチャーでした。
・そして懇親会後に、夜ご飯を食べようとしたファミレスで「ショボ~ン書房」の石井さん・御拗さん、「冬青」のあずみさんと偶然(ほんと偶然なんだよ)お会いし、流れで一緒のテーブルでお食事することに。
 創作文芸のことや企画等々、いろんなお話をさせてもらえました。楽しかったなあ。
 ちょうどそこで百合・BL・レズ・ホモ……の表現というか、そのあたりの話が出たので、次回新刊の事で百合ってのはどういうのを百合というのでしょう…みたいな相談までさせてもらえました。
 新作に、百合要素があるのか、という判断がまだしづらいです。私は女の子同士の恋愛が書きたかったわけではなく、たまたま相手が同性の女の子だっただけで、しかも恋愛が主軸なわけでも(=ゴールインするのが目的の話ではない)ないので、これを百合ものですとは言えないのです。きっと百合島いっても浮いててしょうがないと思う。つまりそういう事なのです。
 とりあえずもうちょっと様子見て、考えてみたいと思います。
・帰りは堺屋さんの車で駅まで送ってもらうことに。流れているのはテニミュだし話の内容もセラムンだったりまさかの劇団新感線だったりであれこれ創作文芸のメンツだったよね……? と首をかしげる事態が発生(笑)
・新幹線は方面の同じあずみさんと一緒に。活動への心持ちとか、作品の事とか、新幹線の中でやっと「ワスレナウタ」シリーズの感想言えましたよ……遅いっつうの……。

・水の飲み方が焼酎飲んでるおっさん臭いって言われました。正解です。


<とりあえずまとめ>
 本当に人と話した一日でした。
 みなさん気遣いの出来る方だし、それでいてちゃんと意見が言えるので聞いていて楽しかったです。
 
 
スポンサーサイト

【10月5日まで二番目記事】名古屋コミティア45参加します

【9月14日まで二番目記事】第二回大阪文学フリマ参加します

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。