FC2ブログ

◆コミティア114&文フリ委託情報
s_tabearuki_hyousi.jpg
【飲食系アンソロジー なないろ世界の食歩記(たべあるき)】
飲食に関する掌編を集めたアンソロジー/文庫版/表紙込み100P/自家製本(HPJ製作工房 様)/2015年05月05日発行/頒布価格200円
美味しい物語、集めました――「食べ物・飲み物」に関する6つの掌編小説アンソロジー。
ファンタジーから現代コメディ、日常ミステリまで、貴方の空腹を満たす極上の物語を「いただきます!」
本文サンプルはHappy Reading様/Pixivにて公開中

※今回イベント分で増刷停止します。イベント以外の入手方法に関しましては、アリスブックス様の委託をご利用くださいませ。

★2015年11月15日(日)COMITIA114 委託サークル様★
火色星」(ほ13b)さん 「こんぽた。」(Y27b)さん 「S.Y.S.」(た03a)さん 3サークル
終了しました、ありがとうございました!
★2015年11月23日(月祝)第二十一回文学フリマ東京 委託サークル様★
HPJ製作工房」(C-70)さん 「こんぽた。」(B-63)さん 2サークル

◆イカしたサークルを紹介するぜ!
 というわけでこんにちは、服部です。
 ティアにいたっては前日になってしまいましたが、委託情報の告知です。
 飲食系掌編小説アンソロジー「なないろ世界の食歩記」のご案内。今回は表紙を描いてくださった岡亭みゆさんのサークル「火色星」(ほ13b)さんが久しぶりにサークル参加されますので、委託をお願いしました。一言お伝えすれば、ファイルに入れられた生原画を見ることが出来るそうです。みゆさんのお手すきの時間を見計らって、ご興味ある方はごらんになってはいかがでしょうか。コピック画好きな人にお薦め。
 新刊もあるよー! 森と植物に囲まれたファンタジー世界で繰り広げられるキャラクターを描いた4こま漫画です。
 世津路さんのサークル「こんぽた。」さんでは、300字ssのグルメ本「おなかがすいて眠れぬ夜に」や、人気シリーズ/最強傭兵お姉さん×ショタ羊執事の「ミス・アンダーソンの安穏なる日々」2巻&幼馴染百合新装版(書き下ろしアリ)「朱梨と月音」が新刊。
 堺屋さん&よたくさんのサークル「S.Y.S.」(た03a)さんでは、堺屋さんのオタク×レンアイ×ミステリー! な小説シリーズ「オタクな彼女のレンアイ事情」の2巻! BLじゃない兄萌えこじらせ男子コメディー漫画「もう、いっそのことお兄ちゃんになればいいと思う。」や、様々な解釈は貴方の中に、なミステリー小説も多数。
 よたくさんの巫女萌え神様が奮闘する可愛いR18漫画「己巫女」。愛らしい女の子&男はかっこいいよたくさんの絵は素敵。「己巫女」は本編はもちろん、4こま漫画も面白いので是非是非。

 文フリではおなじみ、森村さんのサークル「HPJ製作工房」さん。機械仕掛けのシニカル・ノベルの通り名が表すとおり、しっかりとした文章、構成、設定に、魅力的なキャラクターたち。頭から尻尾まであんこたっぷり大満足なお話ばかり。
 お試しには豊富な無料配布本がお薦め。ちなみになないろ世界~の製本は、こちらの自家製本です。初見の方は大概、印刷所に出されたと思われるそうです、ソレくらいハイクオリティの製本技術。

 簡単にサークルさん紹介させていただきました。秋のコミティア&文フリは盛り上がるので是非行かれる方は愉しんでいってほしい! そしてたくさん、素敵な同人誌と出会ってほしい! 
 そして今回で「なないろ世界~」増刷停止です。イベント委託もしばらくの間予定ありません。
 たくさんの方にお手にとってもらえて本当に幸せなアンソロだと思います。貴方の大切な食卓ならぬ本棚に収めていただけることを祈っております。 

◆追記に各作品の感想を載せています
 主催なので、自作以外の寄稿していただいた作品について感想を書きました。
 どれも素敵なお話なので、ぜひご参考にしていただけたら幸いです。
【うンまいジャムの、その半分】世津路 章 さん(こんぽた。) Twitterアカウント @compota_nomoo
 人生誰しも一度は直面しそうな、進路や将来のことに関する世津路式寓話。丁寧に語られる「魔女のジャム作り」そこから見えるのは、何事も一瞬にしては作られず、さまざまな思いや試行錯誤の末に結果があるのだということのようにも思えます。
 そして出来上がったジャムのおいしそうなこと! 主人公・クラリッサと共に味わってくださいませ。

【分かれ道はデミグラスソースを入れるか入れないか】柑橘 さん Twitterアカウント @kankitu0_hon
 料理男子ですよ奥さん。しかもツンツンのおかん系男子ですよ。それに対して組み合わされる腹ペコ系おばか男子。これって定職セット並みに定番じゃないかしら。
 小気味良い文章のリズム、短い中でも楽しいコメディー。鉄板レベルの美味さ。タイトルの意味も、最後まで読めば納得の一作。

【砂糖衣に包まれて】いぐあな さん(一服亭) Twitterアカウント @sou_igu
 冥界の神様・ウロボロス様と、死者となった少女のほろりと苦くて甘いファンタジー。
 いぐあなさんらしい、優しくも決して容赦しない運命のドラマだからこそ、ラストに胸締め付けられるのだと思います。
 ボンボン(砂糖菓子)とのリンクが本当に素敵な物語。


【幻獣料理のレシピ】森村直也 さん(HPJ製作工房) Twitterアカウント @hpjhal
 読んで爽快感のあるアクション×独特の「術式」(プログラミング言語かしら…?)×ファンタジーな逸品。
 個人的には独特の(これ、専門外でなんとなーく分かるくらい、だからなんでしょうね)術式に中二心がくすぐられます。
 そして出来上がったもの、私も食べてみたい。

【葉桜の頃、桜葉の味】堺屋皆人 さん(S.Y.S.文学分室) Twitterアカウント @minahiton Pixiv
 和菓子屋を軸にした、惚れっぽいワトスン役男子と、安楽椅子系男子の日常ミステリ。
 読みやすい文体で語られる和菓子職人の小さな謎。ちょくちょく挿入される和菓子豆知識は、まるで店先にいるような臨場感。
 ぜひラストにご注目。

【表紙イラスト・各扉カット・飾り枠】岡亭みゆ さん(火色星) Twitterアカウント @miyu16tb Pixiv
 この本のために、表紙はもちろん、各扉の料理イラストカットと、扉や目次等々、各所に使わせていただいた飾り枠のデザインをお願いしました。岡亭さんはカラーイラストと、フリーハンドで描かれる幾何学的な模様が特徴の描き手さんであり、それを文庫本にしてみたかった、という私の欲がありました。

◆それぞれの書き手さんの個性が現れた掌編集になりました。取り扱いメニューもジャム、ガッツリ系夕食、お菓子、ジャーキー、和菓子(そして主催のコーヒー……?)、そして舞台もファンタジー、現代、コメディ、日常ミステリと幅広く、お好みの一作を見つけていただけたら、と思います。
スポンサーサイト

2015年総括

拍手お返事&コミックス版ゾロリにまつわるちょっとだけ思い出

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。