FC2ブログ

◆委託参加&お買い物代行お願いしました
texrev4.jpg
写真は今回の戦利品。32冊+300字ssポスカセット+300字くじ!

 というわけでこんにちは、服部です。
 10月8日に行われた第四回Text-Revolutions、お疲れ様でした!
 簡単に結果を言いますと、今回の新刊、納品した全てがどなたかのお手元に行ったようで、本当に感謝しています。もし心に余裕がありましたら、どうぞどんな感想をお持ちになったのか教えて頂けると嬉しいです。巻末の感想.ioさんでもいいですし、ツイッターで直接リプでもDMでも構いません。感想頂くのは嬉しい派なので。
 そして、参加した企画「キャラクターカタログ企画」や、寄稿させて頂いたおねショタアンソロジーもいろんな人に渡ったようで、一参加者として嬉しく思います。どちらもとても魅力的な主催者さんが作った本ですので、楽しんで頂ければと思います。
 
 テキレボ後の頒布予定です。
 →2016年10月23日(日)コミティア118
  スタヂオK-ing(L29a) さまスペースにて「君と食べ物があればいい ブロマンズ・BL掌編作品再録集」を委託予定 ※服部はスペースにいません
 漫画スペースになりますが、ご厚意で置かせて頂ける事になりました。

 →スペース欠席の為委託も無しになりました(10/22)
きむら先生のファンタジー漫画は、土の匂いや血の匂いを感じる絵でつづられるものや、ファンタジックな中にも少しトゲのある物語のものが多いです。私はBlue Jungleとワズラが好きです。男キャラがかっこいいんですわ……。

 →2016年10月30日(日)名古屋コミティア49 
 直接参加 またまたご冗談を! C-21 新刊無し
 新刊の用意は難しいのですが、お知り合いの方が作ったアンソロジー本を何冊か委託しますので「秋のアンソロジー祭り」します! どれもこれも面白い本ばかり、名古屋初上陸のアンソロもあるので是非是非!

 そしてBOOTHで通販も開始しています。関東地方や関西などの大規模イベントにはしばらく参加予定が無いので、もしよろしければ通販もご利用くださいませ。


◆本づくりの辺りから書いた長いレポート 
 委託参加ではありますが、主にTwitterに張り付いていた組なので、そのあたりの印象も含めて振り返ってみようと思います。
 ちょっと今回は詳しく書きたいなーと思います。委託参加を考えている方の参考になれば。
 続きからどうぞ。

※一応事前情報としての自己紹介※
・2012~2015年あたりまで年3回くらい東京のコミティアや文フリに出ていた、ライトノベル・ヤングアダルト寄りの文芸サークルです。現代メインで変身ヒロインだとか美少女バトルだとか書いてたのでテキレボでは若干アウェイ勢に近いです。
・地方在住。東京や大阪は基本的に新幹線の距離である名古屋県民です。ちなみに献立いろいろみそ派です
・テキレボは初回から全て委託&お買い物代行で参加しています
・テキレボアンソロは過去に2回目の「再会」と今回の「和」で参加しています
◆うちのサークルの委託参加について
 今回、初めて新刊を委託という形で頒布させていただきました。
 こういう形で新刊、しかも初進出のBLを出すのは初めて。3回目までの雰囲気や、戦利品を見ていると、うちの主力であるキャラクターの表紙・現代ものよりも、デザイン性の高い表紙のものや、読み切りのものがいいのかな~というアタリを付け、デザイン表紙+読み切りの本を作る事を決めました(裏事情として、私事で新作書き下ろしをする余裕が無かったので、WEBで軽めに出していたBLっぽい作品を纏めたいなーという……あれこれ裏事情の方が本音じゃねーの!)
 その間にも、おねショタアンソロに誘って頂いたのでその原稿を上げ(今だから言うけど、本に載せてもらったお話とは別に、とんでもヒーロー系のおねショタを考えていたんですが、最後のオチがぜーんぜん上手いことオチず、お蔵入りしました……)そして、事前情報でアンソロ参加のアピールが高い、と聞いていたので、販促の為に無理やり「和え物」で和を使って参加。
 直参できないので出来うる限りのアピールをしよう! と思い立ちキャラクターカタログ企画にも参加。研究員上司部下の書き下ろし掌編を書きあげました。結構お気に入りです。
 その後再録の為の書き足しや校正・表紙デザインなどなどして入稿(はいここでまさか表紙を作ってる時に「見栄えが良いから」の理由でタイトル変更して、中表紙や奥付のタイトルを直さなかったというミスを発生させましたおバカ!)
 
 こんな経緯で作った新刊でしたが、ありがたい事に搬入した数全てがどなたかのお手元に行ったようです。返送数0は初めてです。……あれこれつまり完売ってこと!?(在庫あります通販してます今後も委託ありますし名古屋なら直接参加します!)

 ……Twitterでママーーーボクちゃんの新刊売れてなかったでしゅうううううって泣き叫んで申し訳なかったです!!

 いやーだって午後に撮影された委託棚にまだ残ってたし(売切れ続出の中で残ってたから……)戦利品の写真でもそうだよねみんなPOPや帯わかりやすい方が手に取りやすいしそもそもみなさん地道に活動されてて信用があるんだしっていうかお前の新刊BLじゃん人選ぶジャンルじゃんっていうかそもそもお前BLジャンルの人間じゃないじゃん寿司屋がカレー出したようなもんじゃん……と分かりやすく落ち込んでたら「買ったよ!」って報告して下さった方々が居て(すごくすごくうれしくて、売れてないんだろうなあっていう不安の腹痛がおさまりました)ちょっと今後は委託結果が分かるまでは自重できるか……できないか……すいません出来そうにないです……。
 
 頒布数は、今までの委託参加の中で最高冊数になりました。新刊ということで、自分としてはかなり強気の搬入数(余ってもいいように普段の倍にした。超強気/あと復帰第一弾だったのでかなり脳内がお花畑だった)にしたのですが、捌けてしまったのでびっくりしました。前回まで1冊かせいぜい3冊だったのにね。
 
 何が理由なのか考えたのですが、

・RTによる宣伝(フォロワーさん以外もRTして下さった/傾向としてはBL側の方がして下さった)
・テキレボアンソロ(あれが果たして入り口になったのかどうか……?)
・#テキレボで優男が出てくる本 のタグ(元は「自分が好きな要素がある本はありますかー?」というような問いかけるタグの派生なんですが)を見て下さった……?
・キャラクターカタログ企画さんへ参加したので、キャラ紹介ツイートを見て頂けた?
・鈍器と噂が高い「おねショタアンソロ」に参加したから名前を知ってもらえた?

 正直「これ!」といった要因が分からず……WEBカタログの「気になる」ボタンも史上最高数でした。
 上の要素を見てみると「とにかく露出して名前とサークル名を覚えてもらえ」作戦が効いた? ということでしょうか?
 (余裕があればどなたか、なにが決め手でうちの本買ったか教えてくれると嬉しいです…)

 とにもかくにも、うちとしてはとても良い結果になったので(いわゆる「テキれぼんドリーム」ですね)とても安心しましたし、逆に言えば、委託参加でも新刊出しても戦えるんだ……! という自信に繋がりました。
 ただ、だから委託でも売れる! というわけでもなく、自分は頒布については半分は「時の運」だと思っているので、おそらく次同じようにやって同じように売れるか……と思うと、それは自信無いです。
 今回、もし少ない頒布数だったとしても「じゃあ次どうやったら目に留めてもらえるだろうか」と考え始める(同時にママーーー!って落ち込んでるとは思うんですけど/笑)とは思う。
 次回4月の新刊は……出せると本当はいいんですけど、ちょっとそこまでまた余裕があるかどうか分からないので、既刊のみになるかと思います(思い立って無配作るかもしれませんが)その時はBLジャンルにはいないので、もしお好みであれば追っかけて頂ければ幸いです。

 改めて、アンソロ作品読んでくださった方、RTして下さった方、「気になる」ボタン押して下さった方、会場で見本誌読んで下さった方、選んで持ち帰って下さった方、そして主催者さんやスタッフ、メンバーズの方々、ありがとうございました。

◆自サークル以外で気になったこと
<ミニブースと地方委託者へのサービス>
 イベントとしては初心者優遇の「ミニブース」、地方委託者への割引サービス等、初めての人や地方などの遠隔地サークルへのサービスが強化された面がありましたね。
 スタート時、ミニブースの定義でやや混乱? したような雰囲気もありましたが……(定義のソース確認しようと思ったら404だった…)会場の事はわからないのでちょっとコメント出来かねます。
 地方委託者の割引サービスは、今の私のような、地元イベントくらいしか直参出来ない立場にはとてもありがたいです。イベント開催に影響が無いようでしたら、今後も続けて頂けると嬉しいです。

<公式アンソロジー「和」>
 前回からWEBでの公開が始まった「公式アンソロジー」。私も今回、時間が出来た&新規開拓のため、初めての感想マラソンやりました(と思ってたら、小泉さんのがツイッターで拾い忘れて……申し訳ないので今読みました。なにこの「何かに滅茶苦茶はまってるオタクを見るのを楽しむコラム」超絶ななめ上で面白かったです)
 自分は、自作品の宣伝! と思って、新刊の番外編を書いたのですが、テーマ書き下ろしの方のを見て「ああ、別に番外編じゃなくても文章読めばその人の味や癖って分かるし、そもそも書き下ろすだけの力があるって分かる一番の宣伝じゃんよ……」と思い、ほぼ全部の作品に打ちひしがれてました。番外編でも、皆さんきちんと初見さんに分かるようなエピソードばかりでこれもまたひれ伏してました。
 4000字という制限も、スマホからもパソコンからも読みやすい(合間にさっと読める分量)ので、私は大概家事の合間に読んでました。結果、サークルさんの新規開拓が出来たのでとても楽しかったです。

 次回の「嘘」は完全書き下ろしで頑張ってみようと思ってます。やれるかなー……。

<ツイッターでの宣伝・WEBカタログ関連・代行利用者の目線から>
 テキレボ常連が「はよ申込してはよWEBカタログ載せとけ! 情報訂正は出来るからとにかく載せろ! 宣伝はウザいくらいやれ! 感想が宣伝になる! タグをつかえ!」と過去の教訓をしっかり言葉に出しているところ、相互扶助の様子が見えました。
 だんだんと、このノリについていける人といない人がいるので、イベントの雰囲気が固定されてきたように思えます。私はテキレボが一番居心地の良い委託イベントなので(代行で好みの本買える・見本誌棚見やすい・委託参加でも宣伝合戦出来る・宣伝するのは苦にならない)、今後もテキレボには出たいと思っています。
 テキレボでは、カタログがWEBのみ・連絡事項がツイッター中心なので、どうしてもツイッターでの宣伝がメインになりますね。代行利用者から見ればとてもありがたいです。
 この辺りは、300字ssポストカード主催の桂瀬さんが公式のれぼんさん並みのRTで周知して下さったようにも思います。特にカタログ登録の辺りは、参加していない自分でも「こうしたらわかりやすいんだ!」と思っていました。(1回目しか参加出来ず申し訳ない……ちょっと余裕がありませんでした)
 すごーく贅沢を言えば「新刊だします! よろしくお願いします!」だけではなく、ジャンルやどんなお話なのか・書影や本文見本などの情報もツイートに入れて下さると嬉しいです。
 あと、今回は「自分の好きな要素のある小説を教えてくれ! 私はこんな要素の本が読みたい!」みたいな話題・ハッシュタグが発生してましたね。それの派生で「テキレボで●●が出てくる本」みたいなタグで自分の嗜好狙い撃ちな本が買えたのが嬉しかったです。(ごめんなさいジャンルで買わない人間なので、こういうタグが本当にありがたかったです)
 ちょっと話はずれますが、個人的に「なんで自分の本が売れないのか」という所からの脱出は「そのお話の中でどんな要素が見てほしいのか・どんな要素が一番売りなのか」が他人にアピール出来てから、でした。(私は自己アピールを考えるのが苦手なタイプなので)
 もし、本が手に取ってもらえないなあ、と思ってる方は、そこを考えて宣伝文句を考えると、もしかしたら「本当に読んでほしい人」の所に届くかもしれません。(あくまで個人の考えなので、必ず売れる訳でもないことを書き添えておきます/ただのクソバイス)


 ただ今回は、皆さま言ってみえますけどWEBカタログオープンから、代行リスト抽出までの期間が短すぎる所が気になりました。
 あとは、直参参加者さんの代行サービス周知が気になりました(期限までにWEBカタログ登録をすれば、代行リストに載る、ということの重要性)。(このあたりは主催側への意見になるので、アンケートに詳しく書くつもりです)

<企画>
 自分は今回、柏木むし子さん・紙箱みどさんが主催の「キャラクターカタログ企画」に参加しました。白衣のオッサンキャラを推したかったんです。私の小説は、文章の技巧やジャンルよりも「自分の作ったキャラクターを一緒に愛でてほしい」という方向が強いので、こういうキャラに特化した企画はありがたかったです。
 他の方のキャラ紹介掌編や、説明文もとても楽しく読ませていただきました。

<総括>
 以前と比べて、積極的に情報を出してくださるサークルさんや、趣味・嗜好をチョイスできる企画さんが増えてきて、本を選ぶという観点から見ると、非常に便利に感じました。有志の方々が過去の結果を生かして「良い本と出会いたい、自分の本を読んでくれる人に届けたい」と尽力して下さったんだなと、改めて思います。本当にお疲れ様です。
 逆を言えば、あまり宣伝活動をしないサークルさん(時間の制約などあると思います)などがどうしても埋もれてしまう……(代行利用者は、エクセルリストに抽出された(=期限までにWEBカタログに登録した)タイトルから選ぶことになるので、リスト提出後に好みの本が現れても買えない、という状況になるんです)
 そこのあたりで、自己アピールの方向性が違うとテキレボが合う/合わないは出てくるのかなと思います。
 内輪化が懸念されてますが、テキレボの良さは、

・(今の所)小規模なので大規模の文フリやコミティアではおっくうな人が参加しやすい
・文芸に特化した企画が立てやすい(実績もある)
・当日企画もたくさんあって買い回りが楽しい
・本を売りたいし買いたい、でも地方住みだから遠い……時間がとれないから会場に行けない……という人に、どちらの事も一度に出来る(私にとってはこれが一番の魅力です)
・一次創作も二次創作もOK

 だと思います。
 この良さを一緒に楽しんでくれる人にテキレボを知ってもらえればいいなあ、と遠く名古屋の地で思います。
 
 楽しかったよ~。
 時間とお金とその他もろもろの事情が許したときには、直参したいです。
texrev4.jpg
 今回の戦利品です。大切に読ませていただきます。
スポンサーサイト

名古屋コミティア49参加のお知らせ

テキレボ4新刊自家通販のお知らせ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。