FC2ブログ

kakuyomu_bana.jpg
「Little Ts Mind Changers」(イラスト:花田)
R15程度の性描写・暴力描写あり|なんちゃって異能力捜査官系ライトノベル|約4万8千字|完結済み|カクヨムにて掲載
<要素>
男女コンビもの/高校生/異能力/捜査官/ちょっとエッチ
<あらすじ>
 特殊な細胞「EA(Extra Ability) 細胞」を持ち、ESP(超感覚的知覚)やPK(念動力)動物への変身能力(メタモルフォーゼ)の能力が開花した人間――EAPが存在する世界。
 彼らの犯罪を阻止するために作られた、対EAP捜査組織「特殊捜査課」に属する、EAPである若き特殊捜査官―「Little Ts」が活躍する物語である。
 
 高校生のTs捜査官・泉持(せんじ)と真澄(ますみ)は、EAPが絡む麻薬事件解決の為、全寮制の男子校へ潜入捜査をすることになった。
 問題児とのトラブル、夜の学校で密会する男女、そして、泉持へ襲い掛かる謎の男。
 年上おねーさん大好きな三枚目・泉持は様々な人格を操る変心術師! パートナーの天然系ヒロイン・真澄と共に麻薬事件の闇に迫る!
 三枚目ヒーロー&天然系ヒロインが繰り広げる、ちょっとエッチでマジメななんちゃって異能力系ライトノベル。

◆なんちゃって異能力捜査官ものラノベ、完結しました
 5月から毎週月曜日に連載し、最終話更新が2週空きましたが、なんとか完結しました。
 カクヨムの近況ノートに反省点など書いたのですが、こっちでは心情的なぼやきを。
 2年……かかりました……。途中、私事でまったく書いてない時期があったので、それを考慮するとそれでも1年掛かってますね。文字数は短い方なので文書量の問題ではなく、書く時間をどう捻出するかで試行錯誤していたからだと……思いたいです……。
 そして、とりあえず「書く」を優先した結果、プロットを書かずにやっちゃったのであまりスマートな話運びになっていない気がします。良いものを作るためには、ただ「書いた」じゃダメなのが身に沁みました。
 
 正直、自分としては三枚目キャラの泉持と真澄がまた表舞台に出せたこと、ずーっと表に出せなかった自分最古の創作設定「特殊捜査官」のお話を出せたことが嬉しいと同時に、自分の小説に対する意識だとか、ダメな所だとか、そういうマイナスな面が見えてきて、辛いな~辛いな~と思うことが多かったです。
「特殊捜査官」Tsのシリーズは、もう一個自分の中で大事なキャラクターのお話があります。小学生の時から自分の中に存在するキャラクターが活躍する、きちんとしたお話を作りたい、と思っています。

 一応。本編既読かつ、15年前の「ああ、若いな~(棒読み)」を生暖かく味わえる人向けに、改稿前バージョンをプライベッターに載せていますので、ビフォーアフターを楽しんで頂けると嬉しいです。
 第1話 第2・3話 第4・5話 第6話 第7話 エピローグ
 ……そうなんだよね元々「昔々に書いた小説を晒そうぜ」みたいなノリでやり始めたので、これ見て「ああ……」って生暖かい気持ちになろうぜ!!!! っていう事だったんだよ!!!!

◆次は魔法菓子職人です
 短編が~とか思ってたんですが、上記の影響があってちょっと創作アイディア浮かばない……OH……みたいな状況なので、既存作品のまとめ本になる可能性が高いです。
 前回の飯テロBL本のような、軽め~お菓子~美味しいね~な感じの本になる予定です。もうテキレボの準備しないと間に合わないのよね……!
 その前に名古屋コミティア51に参加予定ですので、また告知にまいります。
スポンサーサイト

尼崎文学だらけ 企画ブース内での委託お知らせ

名古屋コミティア50 ありがとうございました&新作連載予告

trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。