FC2ブログ

◆というわけでオススメ本のご紹介です
 7月16日に東京・浅草で行われる文章系同人誌即売会「第7回Text-Revolutions」に参加されるサークルさんのオススメ本リストです。
 各サークルさんから1冊づつ、自分の読んだことのある作品や、作品傾向が好きなサークルさんから紹介しています。
 それぞれWEBカタログにリンクしてありますので、お買い物代行利用にもご活用ください!(代行リスト提出は締め切りは6月25日までです)
※お買い物代行は注意書きをよく読んでご利用くださいませね。通販とはまた違うサービスなので、欲しい本が完売等で買えなくても手数料は返金されません。複数のサークルの本を買うのにとても便利なサービスです。

※オススメというかほぼほぼ感想になってるところもありますが、ご了承ください。

魔法のひまわりリーガルユカナ(A-05〜06:人生は緑色)小高まあなさん
・ぴえろ系変身魔法少女が好きな人にめっちゃめっちゃオススメしたい。
 突然力を得る、正体を隠している、あこがれのお兄さんの、変身前と後の姿の接し方の違いとか、喧嘩ばかりしてるクラスメートのピンチを救ったり。もうほんとお約束オブお約束で構成されてます。
 なおかつ、作者さんの筆力でするっと読みやすいし、法律関係の世界を垣間見れるある意味ではお仕事系小説です。2巻もあるしむしろ2巻のほうがお約束(略)なので一緒に買うと絶対幸せ!

魔法使いは飛行機械の夢を見るか?(A-07:灰青) 凪野基さん
・魔法使いが少数派になり、蒸気機関や自動車、飛行機などが発達しつつある世界。魔法使いの少女と、機械産業に関わる少年との交流と事件が面白いです。変わりゆく世界で戸惑う魔法使いと、機械文明に傾倒していく世界の行く末にドキドキします。それでいて爽やかで読後感も良いし、微笑ましいカップルもいるのでオススメ。

とある探偵と花の魔女 第1巻(A-08:すてばちや) 末広圭さん
・現代異能系アクションFT! クラフト使いと呼ばれる能力者設定の緻密さと魅力に唸る人は必ずいるはず。あとアクション好きさんにも!
 一見さえない男性と、強くてかっこいい女性の男女バディものでもあります。気になるところで1巻は終わってるので二巻を一緒に正座して待とうぜ!
 あと優男好きでBL好きな人は、同世界観の短編集もオススメなのでぜひに! そっちはほのぼのしてるよ!

Letters -300字SS集-( A-09:SiestaWeb) 桂瀬衣緒さん
・みんな大好き「城ノ内探偵事務所」も好きですが、あえてこちらをオススメ。
 オチの女王・桂瀬さんの技が発揮されてるシリーズ。ミステリ系なので、どんな人もぜったい驚くはず! 300字だから疲れない!

国王と七音の旋律〜ムジーク王国記〜( B-04: 勇者斡旋所) 卯月慧さん
・豊かなムジーク王国での、魅力的な王族たちによる、心温まる国政ファンタジー。王族であるきょうだいたちは、国王たるお兄さんから末弟まで個性的! でもみんな国(=お兄ちゃん)大好き(時にツンだしどうやら別のひとにラブなひとも……?)! 特に国王陛下たるトーン様のほがらかさと心の広さときょうだいたちへの愛の深さやさしさにみんなひれ伏すがいい。さあ王国民になろう! 
 1巻は比較的ほのぼのしてるけど、巻が進むにつれて国の問題やデリケートな事件にも関わっていくので、シリアスが好きな人もどんと来いだ!

Cis.1 冒険は授業の後で(B-11:ひとひら、さらり)新島みのるさん
・普通に中学受験に事に悩んだりしてる女の子が、壮大な冒険に出かける正統派児童書風ファンタジー。
 いろんな国のひとたちとふれあい、交流をしながら大冒険を繰り広げる姿は、胸が熱くなります。2巻は船の上で海上冒険!

甘味組曲 Extra Sweets Remix(B-19: シアワセモノマニア)青波零也さん
・優しいアキとアキの作るお菓子が大好きなナツのラブラブ甘々な掌編集だよ(棒読み・嘘は言ってない・だって優男まとめにもいるんだもん)
……まあまあ最後までこのリア充カップルの様子を楽しんでから一緒に絶叫して関連作品をよみましょうそうしましょう。

アルテアの魔女 1(B-20:七月の樹懶) たつみ暁さん
・優しい王女様と、死神と呼ばれる「英雄」との運命と、国同士の戦い、政治を容赦なくぶち込んでる本格ファンタジー。物語の展開がザ・王道で、登場人物たちがみんな真っすぐで芯のある、親しみと憧れを抱くキャラばかりです。子世代の話もある長編ですが、大丈夫、山場が多くて面白いのでぜひどうぞ!

【R18】エフェメラと永き航海の夜(C-05:むしむしプラネット) 柏木むし子さん、枳はどりさん
・真面目系青年×幽霊的なおじさんとのエッチオブエッチな18禁本です。おじさんのはかなさと、それに惹かれながらも己の欲望と戦う(※抗えませんでした)真面目系青年ヘイズくんとのエッチだけどももの悲しい感じが大好きです。いわゆる「うちよそ」本なのですけど、あまり気にせず読めたのではかないおじさん受け好きなひととか、真面目系青年が頑張って攻めやってるお話好きな人にオススメ!!

僕の真摯な魔女(C-06:博物館リュボーフィ)まるた曜子さん
・日本に7人しかいない《魔女》に恋したしたたかな少年の恋物語。一般文芸に近いジュブナイルノベルだなあという印象があります。容赦ない現実の怖いところ、人間の心の冷たいところを感じさせながらも、それでも好きな人のために頭を使って傍に居続ける系の頭いい男子が好きな人にオススメ。

薄鈍色のパラダイム(C-19:藍色のモノローグ)藍間真珠さん
・多重世界SFファンタジー「white minds」も推したいけど、個人的好みだけで突っ走ればこれがめちゃくちゃおすすめ。
 弟が殺された謎を探るべく、違法な脳改造にも手を出すイブキの姿と、彼女をそれぞれ別の感情を理由に手に入れようとしている二人の男との愛憎が見どころ。オキヒロの一方的な盲目の恋が最高に好きです。

エモーショナル・サイオニック(C-25〜26:千美生の里) 野間みつねさん
・何度も推してますが、私はほんとこの本好きです。未来世界で生きる超絶超能力者クレインのアクションとドラマを描いた一作。なによりもルビ芸と重厚なSF超能力アクション。超絶な所以でいろいろな騒動に巻き込まれるクレインの過去がつらい。あと、あとがきの「実はこういうはなしですよ」っていうのを読むのが好きです。

繋ぎ屋台帳(D-02:つばめ綺譚社)紺堂カヤさん
・年齢不詳の店主が営む「繋ぎ屋」の日々をつづった連作集。ひととひと、ものを繋ぐ不思議なお店のお話は、書記として雇われている「私」の視点から描かれています。どこか夢に迷い込んでしまったような、幻想的で静かな語り口と、その不思議さは、現代ローファンタジーお店ものが好きな人にもオススメ。

ウィッカン・ガールズ!(D-06:亜細亜姉妹)あきらつかささん
・電子魔術系シェアワールド「タブレットマギウス」のお話。電子魔術を競技に使う「ウィッカン・マッチ」で奮闘する女の子たちの青春ライトノベル。女の子ばかりですが、基本的にあきらさんの描かれる女子は応援したくなるような性格が多いので、前向き部活ものが好きな人にオススメ。

勇者のいない世界で(セット)(D-08:DA☆RK'n SIGHT) DA☆さん
・気になる女の子は異世界では「魔王」でした――! 異世界で繰り返し「世界を変える」学園青春ライトノベル。部活要素もどんでん返しもあるので、高校生たちがワイワイして驚きのあるラノベが好きな人にオススメ。

アクリルガラスのあいだ(D-15:まよなかラボラトリー) 紙箱みどさん
・ご存知人魚トラック。人魚が水族館にいる世界観、そんな人魚に恋をした男の物語。男側の過去の描き方の秀逸さに舌を巻いた記憶。この読みやすいのに刺さってくる感じが凄い。そしてだからこその人魚との恋。

結婚相談員の桐島です(D-23〜24:シュガーリィ珈琲) ヒビキケイさん
・ひょんなことから謎のイケメンに拾われてしまった青年と、残念イケメンの桐島さんの同居生活ヒューマンコメディ。社会で働くことや、だれかと家族になること、そのグラデーションのドラマを存分に楽しめる一作。怒涛のラストが好きです。つらいよな桐島さん……でもそれでも、結婚相談所に訪れるひとびとの幸せの手伝いをする彼がいとおしい。

落ち星拾い (E-25:アリスチルス月面研究所)文野華影さん、青川有子さん
・流れ星ハンターをモチーフにした合同誌。ファンタジーの世界で〈修復士〉を目指す青年と星拾いの少女との旅物語「花と星の歌」。幻想的でまさにファンタジーにふさわしい文体は、彼らの不思議な職業のお話を際立たせていると感じます。
「フリージアと流れ星の夜」は学園すこしふしぎファンタジー。だれかのためになにかをする、自己愛と他者への愛が入り混じる切なくも真っ直ぐなお話は、心に刺さる人が居るはず。というか私の事です。センシティブな物語に触れたい人にオススメ!

あるペロリストの酒記・壱(E-26:三日月パンと星降るふくろう)雲形ひじきさん
・短いながらも幻想的かつ艶やかな文体で、実在する日本酒の「味」の物語を紡ぐ「ペロリスト」シリーズ総集編。
 粋な語り口で、まるで口の中にそのお酒の味が染みわたるようです。

《女の子と女の子が結婚する世界》WEDDING INVITATION(F-24:冬青)あずみさん、柳川麻衣さん
・同性同士でも結婚が出来るようになった現代日本を舞台に、社会人女性たちが「結婚」し、生活を共にするドラマを静かに、しかし心に刺さるタッチで描いた一冊。
 『ついの棲みか』 は、シェアハウスで暮らす女性が、周りの結婚話に感化されて、自分たちの関係性を見つめなおす一作。同性間だけの問題ではなく、男女の関係も並行して語られ、だれかと「籍をいれること」に関して見えてくる景色が描かれているように思えます、学生時代の過ちの辺りは心が痛みました。
『風船と鍵穴』は、《推し》を愛する腐女子同士が「結婚」を選んで暮らしているけれど…というところから始まるお話。同人活動や、CP論争や活動スタンツなどがリアル。同人活動に絡めた自己の秘めた願望や欲望、不安が痛いほど伝わってきます。
 二作に共通するのは、同性同士だからこその淡い関係性。燃えるような情熱の愛ではなく、あくまで生活と人生を共にする「パートナー」の契約としての「結婚」。名前にしがたい関係性のグラデーションの一端を見せてくれた本でした。
 ラブラブとか、シチュエーションが、ということよりも、多様な関係性を覗いてみたいひとにオススメの一冊です。

人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」(G-16:柳屋文芸堂)杉背よいさん、柳田のり子さん、匹津なのりさん、西乃まりもさん
・人形をテーマにしたアンソロジー。現代FT、SF、現代文芸系、時代小説風といった硬派なジャンルで描かれる「人形」のあり方が興味深い一冊。

赤目のおろく(I-04:UROKO) 三谷銀屋さん
・江戸時代を舞台にした、地獄とこの世を行き来する和風怪奇ファンタジー。偶然地獄で不思議な目玉を手に入れてしまった少女・おろくの数奇な運命のドラマです。目玉売りの青年・英太郎と同居してる死神の左之吉、閻魔大王の一人娘のお辰の三人組の関係がすごく好きです。英太郎さんは優男だし左之吉はひょうひょうとしてる感じですがいろいろ抱えてるしお辰さんはカッコイイ。特に英太郎と左之吉の関係性はドラマにも影響しているので、要チェックだ! 

江戸川悠の考察教室(I-08:S.Y.S.文学分室)堺屋皆人さん
・日本の文学作品を文字通り「考察」する、文学の面白い教科書のようなシリーズ。元ネタである文学作品を知らないと読めない仕様ですが、大概の作品が青空文庫で読めるし、親切な事に巻頭に案内もあるので読んでない人でも安心。
 一度は聞いたことのある文学作品の「読み」が江戸川先生の講義でがらりと変わります。文学的な読みは詳しい人にお任せするとして、キャラ萌えとしては平々凡々な男子大学生の淡い恋(ぜんぜん望み薄)だったり、江戸川先生をはじめとする講師陣の仲の良さ(?)を追いかけるのも楽しい一冊です。

変人伯爵の暇つぶし 〜追懐案件〜(I-11:POINT-ZERO) 青銭兵六さん
・自他ともに認める天才の通称「伯爵」と、主人に対しては辛辣なメイドの物語。お困りのご婦人の悩みをこの変人……いえいえ、天才と謎の多いメードが解決していきます。メイドさんの辛辣さが大好きです。

ジェミニとほうき星(委託-03:午前三時の音楽)高梨 來さん
・双子の姉に片思いを続ける男子高校生・海吏くんが、留学先で出会った同性の恋人と親友との交流を経て、ゆっくりと自分の痛みと苦しみに向き合う、青春小説。まず恋人のマーティンがめちゃくちゃ優しいし、好きをきちんと形にするひとで、海吏くんがそれを受け入れて求めていくのはほんとにみてて嬉しくなる。そして、親友の春馬くんは、親友という距離感で、優しく真面目で本当は素直な海吏くんを受け入れ、支えていくのが本当に最の高。とくに春馬くんとのエピソードは、恋人とも、家族とも、普通の友だちとも違う、熱とあたたかさを感じる距離感で、同性の恋人マーティンとは違う立ち位置なのが好きです。
 こちらも、ひとえに一言で言えない、しかし愛と信頼のある関係性を、丁寧かつ文学的な表現で描いた一作です。

誉無きイヴ(委託-08:一服亭) いぐあなさん
・遠い未来のコロニー群、地球の「日本」を下敷きにした第八コロニー、宇宙駅『神田』で繰り広げられる下町人情SFドラマ。可愛い5歳の男の子と子守ロボットが、いろんな怪異に出会います。時代や場所が変わっても、ひとの「思い」は変わらない。表題作の「誉無きイヴ」は、少々シリアス度が高くなりますが、SFスキーさんは納得の緻密さとドラマがありますので必読です。
 ひとのおろかさ、冷たさは存在する。でも、そんなものに負けない優しさが存在するいぐあなさんのお話好きです。

巴市の日々(上)(委託-26:N.T.P.)歌峰由子さん
・広島県にある、怪異が日常に存在する街「巴市」を舞台に、新米公務員陰陽師(!)宮澤美郷が悩みつつ前に進む理屈系オカルトファンタジー。
 妖怪やひとの思念が作り出す怪異ってあると思うんですけど、それがかなりロジカルな論理の元に描かれている「理屈のあるオカルト」が特徴の一作。ただたんに不思議だね~妖怪のしわざだね~的なものでは満足できない人にぜひぜひオススメしたい。
 そしてお役所勤めの悲喜こもごものリアルさと、一見普通に生きたいはずの主人公・美郷のとんでもない設定に驚いてくれ。長髪黒髪の美青年の上に●●の家を出ている訳アリ青年だ! 
 あと特記しておきますが、もしご興味持たれた方は下巻と一緒に買うのを強く強く推奨します。なぜかというと、作者さんはテキレボ後の通販予定が今の所無いので、物理本で手に入れるチャンスはテキレボしかねえんだよ!!!! 分かって!!!!!(WEB公開はされていますが紙媒体読みやすいよ自家製本すげえよ)

空気をソーダで割る方法(委託-34:a piacere)西乃まりもさん
・男子大学生専用下宿『桧山荘』での、どこにでもいそうな人々の欠片を切り取った短編集。まりもさんの描かれる人物たちのドラマは、自分ないし自分の身近にいそうという共感が凄くあります。特に5.魔女の采配は、二つの家族が形を変えて支え合い、一概に恋愛と一言では言えない関係性の良さと切なさが詰まったお話で大好きです。


●全体的に、ジャンルというよりは「キャラクターの関係性」のところが好きな本が多いですね……。特に、恋愛とも友情、BLGLとも区別できない、名前のない関係性といったものが多めです。ひとがひとに好きだと、一緒にいたいというような本が好きです。傾向が似ている方の参考になるといいなあ……。
スポンサーサイト

最近読んだ創作小説同人誌の感想まとめ

#名古屋コミティア52 ありがとうございました!

trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。