FC2ブログ

◆お菓子屋さんヒューマンドラマ「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」完結しています

4月から週1でカクヨムエブリスタで連載していたWEB小説「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」先日(6月29日)に完結いたしました。
カクヨム宣伝用画像
<あらすじ>
そのパティシエには、秘密があるのです――。
中部地方にオープンした『魔法菓子店 ピロート』は、優男のパティシエ・蒼衣と、陽気なオーナー・八代の親友コンビが営む小さなお店。
魔力のある不思議なお菓子『魔法菓子』を売るピロートには、悩みや困りごとといった「人生のつまづき」を抱える客が訪れる。
星座が現れるチョコレートケーキ、体が宙に浮く雲のシュークリーム……。
客の心に優しく寄り添う一方で、蒼衣は見ないふりをしていた自身の「つまづき」に向き合うことになる。
友情・家族・仕事……この「世界」で生きるのが、時々しんどいひとへ届けたい。
「人生のつまづき」をお菓子で癒す、お仕事小説。

(約12万字・5つの短編と4つの掌編の連作短編)

改めて、カクヨム・エブリスタ各サイトでの閲覧・評価・コメント、ありがとうございました。そして、ツイッターでコメントして下さった方、閲覧報告して下さった方、とても励みになりました。お礼申し上げます。

さて、今度は同人誌版のお知らせです。
hyousi_web_201806302321455f0.jpgkutie4p.jpg
蒼衣さんのおいしい魔法菓子試し読み-001蒼衣さんのおいしい魔法菓子試し読み-005
「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」※同人誌即売会のWebカタログページに飛びます
現代ローファンタジー|キャラクター文芸系|文庫|316p|900円|イラスト:きむらひろき先生 ロゴデザイン:n2coさん
・WEB小説投稿サイト版の加筆修正あり
・書き下ろし掌編「ダイエットに向かない職業」収録

7月16日(月・祝)に、東京浅草で行われる文章系同人誌即売会「第7回Text-Revolutions(通称:テキレボ)」(委託-23)での新刊です。
小説・評論・短歌など「文章」を扱う同人誌であれば二次創作も含めて頒布できる、同人誌即売会です。さまざまなジャンルの本が集まっておりますので、個人制作のお話や本が気になる方に訪れて戴ければと思います。

イベント後、自家通販(匿名配送・BOOTH)と、どこかの同人誌委託ショップの申請を考えております。通販をお考えのかたはツイッターなどでお知らせしますので、チェックしていただけると嬉しく思います。


****

ここからは作品にまつわるいろいろを。
優男、というキャラクターの性格が好きで、なおかつ、素直で生真面目で、どこか損をしそうな感じのキャラが好きです。それが、髪が長くて顔が女の人のようにきれいならなおさら……という、完全に自分の趣味から生まれたのが、主人公のパティシエ・天竺蒼衣です。
この作品は主人公の蒼衣をはじめ、お店に訪れる客も、なにかしら仕事や家族、友だちとの「人生のつまづき」(=悩みや困りごと)を抱えています。日常、この世界で生きるときに発生するほんのささいなトラブルに、心が摩耗する瞬間。それをどうにか癒したくて書いたお話でした。
若干、蒼衣と親友・八代の仲の良さ(というより、蒼衣が八代へ熱い友情を抱きすぎている……(笑))が目立つ部分もありますが、家族や友だち、仕事場のひと……だれかを信じること、好きになること、そして、だれかと一緒に、どうやって自分らしく生きていくかを考えて書いた作品です。
日常の中でのほんの少しの不思議と、おいしいお菓子、優しく癒されるお店ものがお好きな人に届くといいなと考えています。
表紙のイラストも、作品を読んでくださった上で描いていただいたものです。蒼衣や八代の仕草の意味、背景に描かれたケーキの不思議さを、ぜひお手に取ってご覧いただけるととてもうれしいです。
そしてロゴデザインは、実妹のn2coさんにやってもらいました。明朝体で~なんかしゅる~ってなって~とかいうあいまいな指示のもと作ってくれたロゴ。おいしいの「お」の部分にあるスプーンの意匠がそれっぽくてすごく好きです。


一番最初に発行した(2017年10月8日の名古屋コミティア)コピー本からお付き合いいただき、たくさんのお声をかけて下さった知り合いと友人の方々に改めてお礼を申し上げます。
久しぶりの新作で、あーだこーだと唸りながら毎晩書いていたのを思い出します。最初はよくわからなかった蒼衣たちのことが、あの冬の夜よりもよくわかるようになったので、とてもうれしいです。

◆創作小説同人誌の感想まとめです
・タイトルと作者名のみ。ほぼほぼ所感です。

「暁のTOMCAT」(小出マワルさん)
死んでしまった娘、離婚した妻、友人はインスタでキラキラ~、からのくたびれたおじさんが主人公の研究所もの。研究所の様子がこと細かくて詳しくない私は「ほへ~」と言いながら興味深く読みました。

「ジュエル」(氷砂糖さん)
収録作品「ぬばたま宝飾店とかつての魔法少女」が気になっていた一冊。
こおりさんのおとぎ話のような口調で語られる、日常の中に潜り込んだような不思議さと、心温まるお話が好きです。「チェーン」や「夢の国への案内人」あたりが好きです。ぬばたま宝飾店もまとめて読みたくなる不思議さとやわらかさ。

「椿の海に眠れ」(三谷銀屋さん)
表題作「椿の海に眠れ」の、椿の海というもう見るからに妖しく幻想的な場所での怪談話、大変興味深く読みました。ホラーとありますが、視覚的な意味でのグロさではなく、どちらかというと奇怪な現象の伝承(+創作部分)を楽しむ、という趣向のように感じ、好みでした。
「ツンツン様」は本当にホラーですね…怖いけど、どこか「ああツンツン様なら仕方ないか」と思うような不思議さがあって好きです。

「天使創造」(佐倉愛斗さん)
人工的に作られる生命・倫理に外れた思想・生々しくもリアルな婦人科系統の執着と関わり方が、SFの形で描かれていた作品でした。愛と子どもと技術への執着で倫理がゆがんだ系統のお話がお好きな人にオススメ。


「灰が積もりて嵐が来たる 絶命のユーフォリアEpisode0+trial」(柏木むし子さん)
異形の少年たちが闘うのと、痛キモチイイところの感じがすごくゾクゾクしますね!! 「死生匣」の管理する世界で何度も蘇るのはなぜ、戦うのはなぜ、と謎が謎を呼びます。イゾラさんの思い切りの良さというか謎爽やかさ&新人くんとの関係もきになります。

「タブレットマギウス セフィロトの樹/ラプラスの魔」(森村直也さん)
タブマギでもMANAの使い方がひと味違う森村さんの作品。続編待ってました! 久瀬さんの飄々とした感じと、MANAの関わる事件の展開が好きです。ラプラスの魔のMANAの使い方がすげ~~~と思いました。社会派っぽい作風も読んでてすごいな~と思います。

「Fragrancyclopedia」(碓地海さん)
ファンタジーっぽい世界観で、香りと感情にからめた「香りカタログ」の体裁を取った掌編集。
香りとそのバックストーリーの不思議さと、ひとの感情の豊かさ、愚かさを感じられる一冊でした。銀色海岸の波音が好きです。

「すきまを行列がゆく」(紺堂カヤさん)
200文字とすごく少ない文字数ですが、軽快な語り口とちょっとした不思議さが味わえる本でした。「冷たい雨と春」「猫」あたりが好きです。

「わたしとあなたのあわいのことのは」(藍間真珠さん)
女の子と女の子のかわいくやわらかく、どこかちょっとだけビターな関係性を、近未来SFの舞台で描いた掌編集。「変わり者のあなたと諦めの悪い私」理論的な私と、綺麗なのに着飾らなくて、非効率な料理が好きなアンナへの想いがかわいくもいじらしい。「イマジネション憧憬」アバターという本来の姿とは少し違うところでの関わり合いと憧れというところが好きです。

「彷徨舞弄のファンタズム Trial Edition」(青波零也さん)
フロイラインと幽霊男のラブですとーーーー! 紳士な幽霊男の儚さ最高です……! フロイラインたるコルネリアが船から出られない理由、二人の心の距離、なにもかもが楽しみです。

「白樺の牢獄」(宮崎笑子さん)
優男で腰が低くて弱そうで……な和成さんと、すごくお人好しで優しい女の子・多英さんとの、純愛ラブストーリーなんですけど、もう、すごい(語彙)
元恋人と親友の浮気と失恋、謎のストーカーなどの不穏な空気の中、和成さんのやさしさと理論的な考え方がすごくすごく頼もしいんですよね。そして、優男の魅力である闇の部分もたっぷりと、たっぷりと出ている本で最高でした。いやもう優男との恋愛の醍醐味ってこれですよこれ。依存と執着と独占欲って言葉で察して下さいお願いします最高でした。

◆というわけでオススメ本のご紹介です
 7月16日に東京・浅草で行われる文章系同人誌即売会「第7回Text-Revolutions」に参加されるサークルさんのオススメ本リストです。
 各サークルさんから1冊づつ、自分の読んだことのある作品や、作品傾向が好きなサークルさんから紹介しています。
 それぞれWEBカタログにリンクしてありますので、お買い物代行利用にもご活用ください!(代行リスト提出は締め切りは6月25日までです)
※お買い物代行は注意書きをよく読んでご利用くださいませね。通販とはまた違うサービスなので、欲しい本が完売等で買えなくても手数料は返金されません。複数のサークルの本を買うのにとても便利なサービスです。

※オススメというかほぼほぼ感想になってるところもありますが、ご了承ください。

魔法のひまわりリーガルユカナ(A-05〜06:人生は緑色)小高まあなさん
・ぴえろ系変身魔法少女が好きな人にめっちゃめっちゃオススメしたい。
 突然力を得る、正体を隠している、あこがれのお兄さんの、変身前と後の姿の接し方の違いとか、喧嘩ばかりしてるクラスメートのピンチを救ったり。もうほんとお約束オブお約束で構成されてます。
 なおかつ、作者さんの筆力でするっと読みやすいし、法律関係の世界を垣間見れるある意味ではお仕事系小説です。2巻もあるしむしろ2巻のほうがお約束(略)なので一緒に買うと絶対幸せ!

魔法使いは飛行機械の夢を見るか?(A-07:灰青) 凪野基さん
・魔法使いが少数派になり、蒸気機関や自動車、飛行機などが発達しつつある世界。魔法使いの少女と、機械産業に関わる少年との交流と事件が面白いです。変わりゆく世界で戸惑う魔法使いと、機械文明に傾倒していく世界の行く末にドキドキします。それでいて爽やかで読後感も良いし、微笑ましいカップルもいるのでオススメ。

とある探偵と花の魔女 第1巻(A-08:すてばちや) 末広圭さん
・現代異能系アクションFT! クラフト使いと呼ばれる能力者設定の緻密さと魅力に唸る人は必ずいるはず。あとアクション好きさんにも!
 一見さえない男性と、強くてかっこいい女性の男女バディものでもあります。気になるところで1巻は終わってるので二巻を一緒に正座して待とうぜ!
 あと優男好きでBL好きな人は、同世界観の短編集もオススメなのでぜひに! そっちはほのぼのしてるよ!

Letters -300字SS集-( A-09:SiestaWeb) 桂瀬衣緒さん
・みんな大好き「城ノ内探偵事務所」も好きですが、あえてこちらをオススメ。
 オチの女王・桂瀬さんの技が発揮されてるシリーズ。ミステリ系なので、どんな人もぜったい驚くはず! 300字だから疲れない!

国王と七音の旋律〜ムジーク王国記〜( B-04: 勇者斡旋所) 卯月慧さん
・豊かなムジーク王国での、魅力的な王族たちによる、心温まる国政ファンタジー。王族であるきょうだいたちは、国王たるお兄さんから末弟まで個性的! でもみんな国(=お兄ちゃん)大好き(時にツンだしどうやら別のひとにラブなひとも……?)! 特に国王陛下たるトーン様のほがらかさと心の広さときょうだいたちへの愛の深さやさしさにみんなひれ伏すがいい。さあ王国民になろう! 
 1巻は比較的ほのぼのしてるけど、巻が進むにつれて国の問題やデリケートな事件にも関わっていくので、シリアスが好きな人もどんと来いだ!

Cis.1 冒険は授業の後で(B-11:ひとひら、さらり)新島みのるさん
・普通に中学受験に事に悩んだりしてる女の子が、壮大な冒険に出かける正統派児童書風ファンタジー。
 いろんな国のひとたちとふれあい、交流をしながら大冒険を繰り広げる姿は、胸が熱くなります。2巻は船の上で海上冒険!

甘味組曲 Extra Sweets Remix(B-19: シアワセモノマニア)青波零也さん
・優しいアキとアキの作るお菓子が大好きなナツのラブラブ甘々な掌編集だよ(棒読み・嘘は言ってない・だって優男まとめにもいるんだもん)
……まあまあ最後までこのリア充カップルの様子を楽しんでから一緒に絶叫して関連作品をよみましょうそうしましょう。

アルテアの魔女 1(B-20:七月の樹懶) たつみ暁さん
・優しい王女様と、死神と呼ばれる「英雄」との運命と、国同士の戦い、政治を容赦なくぶち込んでる本格ファンタジー。物語の展開がザ・王道で、登場人物たちがみんな真っすぐで芯のある、親しみと憧れを抱くキャラばかりです。子世代の話もある長編ですが、大丈夫、山場が多くて面白いのでぜひどうぞ!

【R18】エフェメラと永き航海の夜(C-05:むしむしプラネット) 柏木むし子さん、枳はどりさん
・真面目系青年×幽霊的なおじさんとのエッチオブエッチな18禁本です。おじさんのはかなさと、それに惹かれながらも己の欲望と戦う(※抗えませんでした)真面目系青年ヘイズくんとのエッチだけどももの悲しい感じが大好きです。いわゆる「うちよそ」本なのですけど、あまり気にせず読めたのではかないおじさん受け好きなひととか、真面目系青年が頑張って攻めやってるお話好きな人にオススメ!!

僕の真摯な魔女(C-06:博物館リュボーフィ)まるた曜子さん
・日本に7人しかいない《魔女》に恋したしたたかな少年の恋物語。一般文芸に近いジュブナイルノベルだなあという印象があります。容赦ない現実の怖いところ、人間の心の冷たいところを感じさせながらも、それでも好きな人のために頭を使って傍に居続ける系の頭いい男子が好きな人にオススメ。

薄鈍色のパラダイム(C-19:藍色のモノローグ)藍間真珠さん
・多重世界SFファンタジー「white minds」も推したいけど、個人的好みだけで突っ走ればこれがめちゃくちゃおすすめ。
 弟が殺された謎を探るべく、違法な脳改造にも手を出すイブキの姿と、彼女をそれぞれ別の感情を理由に手に入れようとしている二人の男との愛憎が見どころ。オキヒロの一方的な盲目の恋が最高に好きです。

エモーショナル・サイオニック(C-25〜26:千美生の里) 野間みつねさん
・何度も推してますが、私はほんとこの本好きです。未来世界で生きる超絶超能力者クレインのアクションとドラマを描いた一作。なによりもルビ芸と重厚なSF超能力アクション。超絶な所以でいろいろな騒動に巻き込まれるクレインの過去がつらい。あと、あとがきの「実はこういうはなしですよ」っていうのを読むのが好きです。

繋ぎ屋台帳(D-02:つばめ綺譚社)紺堂カヤさん
・年齢不詳の店主が営む「繋ぎ屋」の日々をつづった連作集。ひととひと、ものを繋ぐ不思議なお店のお話は、書記として雇われている「私」の視点から描かれています。どこか夢に迷い込んでしまったような、幻想的で静かな語り口と、その不思議さは、現代ローファンタジーお店ものが好きな人にもオススメ。

ウィッカン・ガールズ!(D-06:亜細亜姉妹)あきらつかささん
・電子魔術系シェアワールド「タブレットマギウス」のお話。電子魔術を競技に使う「ウィッカン・マッチ」で奮闘する女の子たちの青春ライトノベル。女の子ばかりですが、基本的にあきらさんの描かれる女子は応援したくなるような性格が多いので、前向き部活ものが好きな人にオススメ。

勇者のいない世界で(セット)(D-08:DA☆RK'n SIGHT) DA☆さん
・気になる女の子は異世界では「魔王」でした――! 異世界で繰り返し「世界を変える」学園青春ライトノベル。部活要素もどんでん返しもあるので、高校生たちがワイワイして驚きのあるラノベが好きな人にオススメ。

アクリルガラスのあいだ(D-15:まよなかラボラトリー) 紙箱みどさん
・ご存知人魚トラック。人魚が水族館にいる世界観、そんな人魚に恋をした男の物語。男側の過去の描き方の秀逸さに舌を巻いた記憶。この読みやすいのに刺さってくる感じが凄い。そしてだからこその人魚との恋。

結婚相談員の桐島です(D-23〜24:シュガーリィ珈琲) ヒビキケイさん
・ひょんなことから謎のイケメンに拾われてしまった青年と、残念イケメンの桐島さんの同居生活ヒューマンコメディ。社会で働くことや、だれかと家族になること、そのグラデーションのドラマを存分に楽しめる一作。怒涛のラストが好きです。つらいよな桐島さん……でもそれでも、結婚相談所に訪れるひとびとの幸せの手伝いをする彼がいとおしい。

落ち星拾い (E-25:アリスチルス月面研究所)文野華影さん、青川有子さん
・流れ星ハンターをモチーフにした合同誌。ファンタジーの世界で〈修復士〉を目指す青年と星拾いの少女との旅物語「花と星の歌」。幻想的でまさにファンタジーにふさわしい文体は、彼らの不思議な職業のお話を際立たせていると感じます。
「フリージアと流れ星の夜」は学園すこしふしぎファンタジー。だれかのためになにかをする、自己愛と他者への愛が入り混じる切なくも真っ直ぐなお話は、心に刺さる人が居るはず。というか私の事です。センシティブな物語に触れたい人にオススメ!

あるペロリストの酒記・壱(E-26:三日月パンと星降るふくろう)雲形ひじきさん
・短いながらも幻想的かつ艶やかな文体で、実在する日本酒の「味」の物語を紡ぐ「ペロリスト」シリーズ総集編。
 粋な語り口で、まるで口の中にそのお酒の味が染みわたるようです。

《女の子と女の子が結婚する世界》WEDDING INVITATION(F-24:冬青)あずみさん、柳川麻衣さん
・同性同士でも結婚が出来るようになった現代日本を舞台に、社会人女性たちが「結婚」し、生活を共にするドラマを静かに、しかし心に刺さるタッチで描いた一冊。
 『ついの棲みか』 は、シェアハウスで暮らす女性が、周りの結婚話に感化されて、自分たちの関係性を見つめなおす一作。同性間だけの問題ではなく、男女の関係も並行して語られ、だれかと「籍をいれること」に関して見えてくる景色が描かれているように思えます、学生時代の過ちの辺りは心が痛みました。
『風船と鍵穴』は、《推し》を愛する腐女子同士が「結婚」を選んで暮らしているけれど…というところから始まるお話。同人活動や、CP論争や活動スタンツなどがリアル。同人活動に絡めた自己の秘めた願望や欲望、不安が痛いほど伝わってきます。
 二作に共通するのは、同性同士だからこその淡い関係性。燃えるような情熱の愛ではなく、あくまで生活と人生を共にする「パートナー」の契約としての「結婚」。名前にしがたい関係性のグラデーションの一端を見せてくれた本でした。
 ラブラブとか、シチュエーションが、ということよりも、多様な関係性を覗いてみたいひとにオススメの一冊です。

人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」(G-16:柳屋文芸堂)杉背よいさん、柳田のり子さん、匹津なのりさん、西乃まりもさん
・人形をテーマにしたアンソロジー。現代FT、SF、現代文芸系、時代小説風といった硬派なジャンルで描かれる「人形」のあり方が興味深い一冊。

赤目のおろく(I-04:UROKO) 三谷銀屋さん
・江戸時代を舞台にした、地獄とこの世を行き来する和風怪奇ファンタジー。偶然地獄で不思議な目玉を手に入れてしまった少女・おろくの数奇な運命のドラマです。目玉売りの青年・英太郎と同居してる死神の左之吉、閻魔大王の一人娘のお辰の三人組の関係がすごく好きです。英太郎さんは優男だし左之吉はひょうひょうとしてる感じですがいろいろ抱えてるしお辰さんはカッコイイ。特に英太郎と左之吉の関係性はドラマにも影響しているので、要チェックだ! 

江戸川悠の考察教室(I-08:S.Y.S.文学分室)堺屋皆人さん
・日本の文学作品を文字通り「考察」する、文学の面白い教科書のようなシリーズ。元ネタである文学作品を知らないと読めない仕様ですが、大概の作品が青空文庫で読めるし、親切な事に巻頭に案内もあるので読んでない人でも安心。
 一度は聞いたことのある文学作品の「読み」が江戸川先生の講義でがらりと変わります。文学的な読みは詳しい人にお任せするとして、キャラ萌えとしては平々凡々な男子大学生の淡い恋(ぜんぜん望み薄)だったり、江戸川先生をはじめとする講師陣の仲の良さ(?)を追いかけるのも楽しい一冊です。

変人伯爵の暇つぶし 〜追懐案件〜(I-11:POINT-ZERO) 青銭兵六さん
・自他ともに認める天才の通称「伯爵」と、主人に対しては辛辣なメイドの物語。お困りのご婦人の悩みをこの変人……いえいえ、天才と謎の多いメードが解決していきます。メイドさんの辛辣さが大好きです。

ジェミニとほうき星(委託-03:午前三時の音楽)高梨 來さん
・双子の姉に片思いを続ける男子高校生・海吏くんが、留学先で出会った同性の恋人と親友との交流を経て、ゆっくりと自分の痛みと苦しみに向き合う、青春小説。まず恋人のマーティンがめちゃくちゃ優しいし、好きをきちんと形にするひとで、海吏くんがそれを受け入れて求めていくのはほんとにみてて嬉しくなる。そして、親友の春馬くんは、親友という距離感で、優しく真面目で本当は素直な海吏くんを受け入れ、支えていくのが本当に最の高。とくに春馬くんとのエピソードは、恋人とも、家族とも、普通の友だちとも違う、熱とあたたかさを感じる距離感で、同性の恋人マーティンとは違う立ち位置なのが好きです。
 こちらも、ひとえに一言で言えない、しかし愛と信頼のある関係性を、丁寧かつ文学的な表現で描いた一作です。

誉無きイヴ(委託-08:一服亭) いぐあなさん
・遠い未来のコロニー群、地球の「日本」を下敷きにした第八コロニー、宇宙駅『神田』で繰り広げられる下町人情SFドラマ。可愛い5歳の男の子と子守ロボットが、いろんな怪異に出会います。時代や場所が変わっても、ひとの「思い」は変わらない。表題作の「誉無きイヴ」は、少々シリアス度が高くなりますが、SFスキーさんは納得の緻密さとドラマがありますので必読です。
 ひとのおろかさ、冷たさは存在する。でも、そんなものに負けない優しさが存在するいぐあなさんのお話好きです。

巴市の日々(上)(委託-26:N.T.P.)歌峰由子さん
・広島県にある、怪異が日常に存在する街「巴市」を舞台に、新米公務員陰陽師(!)宮澤美郷が悩みつつ前に進む理屈系オカルトファンタジー。
 妖怪やひとの思念が作り出す怪異ってあると思うんですけど、それがかなりロジカルな論理の元に描かれている「理屈のあるオカルト」が特徴の一作。ただたんに不思議だね~妖怪のしわざだね~的なものでは満足できない人にぜひぜひオススメしたい。
 そしてお役所勤めの悲喜こもごものリアルさと、一見普通に生きたいはずの主人公・美郷のとんでもない設定に驚いてくれ。長髪黒髪の美青年の上に●●の家を出ている訳アリ青年だ! 
 あと特記しておきますが、もしご興味持たれた方は下巻と一緒に買うのを強く強く推奨します。なぜかというと、作者さんはテキレボ後の通販予定が今の所無いので、物理本で手に入れるチャンスはテキレボしかねえんだよ!!!! 分かって!!!!!(WEB公開はされていますが紙媒体読みやすいよ自家製本すげえよ)

空気をソーダで割る方法(委託-34:a piacere)西乃まりもさん
・男子大学生専用下宿『桧山荘』での、どこにでもいそうな人々の欠片を切り取った短編集。まりもさんの描かれる人物たちのドラマは、自分ないし自分の身近にいそうという共感が凄くあります。特に5.魔女の采配は、二つの家族が形を変えて支え合い、一概に恋愛と一言では言えない関係性の良さと切なさが詰まったお話で大好きです。


●全体的に、ジャンルというよりは「キャラクターの関係性」のところが好きな本が多いですね……。特に、恋愛とも友情、BLGLとも区別できない、名前のない関係性といったものが多めです。ひとがひとに好きだと、一緒にいたいというような本が好きです。傾向が似ている方の参考になるといいなあ……。

◆名古屋コミティア52直接参加でした
 先日、3月25日に開催された「名古屋コミティア52」直接参加してまいりました。スペースを訪れて下さったかた、無配をお持ち帰り頂いたかた、本をお買い上げ頂いたかた、ありがとうございました!
 うっかりブログでの告知を忘れてしまいました(ツイッターは便利ですね……)とりあえずレポートは書きます。

・晴れたこともあり、人も多くて賑やかでした。ポートメッセのほうではオンリーが開催されてたからハシゴした人もあったのかなあ。レイフレ行きたかったわ!!(私情)
  

 今回のディスプレイ。
・メインを名古屋初頒布(テキレボ6新刊だった)「魔法菓子コレクション」と、同系統の掌編集「君と食べ物があればいい」を中心に展開しました。
 表紙のキャッチ―さが功を奏したのか、だいぶ数が出ました。同時に前回の300字ポスカもお配りしました。300字小説ってなんでしょうか? という質問があったり、テキレボのポスカラリーのことをご存知ないかたが多く、ご説明が捗りました。(勧めるの大好き)少々おしゃべりしすぎてしまったと思うので、押し売りのように感じられていたら申し訳ないです。
 「君と食べ物~」(通称飯テロ本)は、「以前読みました、良かったです」と直接お伝えしてくださるかたがいて、嬉しかったです。そしてPOPの「優男」に反応してくださった方もいて(しかも速攻読んでくださった!)POPに書いといてよかった優男!!と思いました。好みの要素は大きく書くのは効果的!!
・B2ポスターを導入したPOSUTAで飾りました。大きくて見やすく、目立ったのですが、うっかり後ろに倒れることがあったので(その節はご迷惑おかけしました)島中での使用に関しては、次回気を付けたいと思っています。
 調べたら机にピッタリつければ転倒の可能性が少しは低くなるかな。でも、名古屋ティアのスペース数が多くなっていて、サークル側の空間が狭くなってるのでやっぱり控えたほうがええかなあ。悩ましい。でもあれ目立つし。自分がどこだかもすぐに分かるんですよねえ。
・今回、A4三つ折りで既刊情報・読み切りss&裏面折り本という仕様のペーパーをお配りしました。
 ssですが、うっかり文字を消してしまって、慌ててシールで訂正したので少し不格好になってしまいました。
 あとのちほど思ったのですが、3つ折りじゃなくて4つ折りなら折り本になった時にスジ入らないでいいじゃない~~って後悔しました。
 これも足を止めたかたなどにお話しながら配らせて頂きました。またお時間のあるときに折り本にしてみてくださいませ。
 まだ余っているので、今後の委託イベントや通販で同梱したいと思っています。
・あとは「変身ヒーローヒロインズ」も後半見て頂けて嬉しかったです。表紙のインパクトが少ない本なので、次回にはカバーを作りたいと思っています。子供向け王道変身ヒーロー&ヒロインで、作ってる本人としては好きな要素ばっかりなんですが、いかんせんどうやって他人にアッピールできるか分かんないんですよね……次回予告をヴィレバンみたいなPOPとして張り付けるとか…?
・スタンプラリーも参加しました。うちはスペース見て下されば押します形式だったのでそれなりに押したかなとは思うのですが、スタンプもらう人と買う人は別なのかな~と思ったり思わなかったり。スタンプ押してる間に「よかったら見てって下さい」と声かければよかったのでは自分。
・寄せ書き企画「2と5のひとこま」にも参加しました。結局寄せ書き見に行くの忘れたので見え方が分かりませんが、一応データで公開しときます。
 初稿は600文字くらいあったのですが、いくらなんでも読めないだろうと140文字程度に修正しました。ショートとロングどっちも載せときますね。25歳サラリーマン二人が誕生日を祝ってます。お前ら大学生のノリのままだろって突っ込みたくなる。
 あと、ペーパーに乗せた「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」番外編の「桜シブーストの魔法」ものせときます。こちらは疲れた勤め人がケーキ食べる話。名前は出てませんが蒼衣も少しだけいます。客視点のお話ですね。
<2と5のヒトコマショートバージョン>
2と5のヒトコマショートバージョン
<2と5のヒトコマロングバージョン>2枚
 テキスト版はこちら
2と5のヒトコマロング12と5のヒトコマロング2
<ペーパー読み切りSS 桜シブーストの魔法>(蒼衣さんのおいしい魔法菓子」番外編(単独で読めます)
 テキスト版はこちら
web公開用桜シブーストの魔法

◆次回参加予定はしてますが
 秋開催の名古屋コミティア53にも直参予定ですが、欠席の可能性もあるのでそこらへんごめんなさい。
 行けるようなら、2018/07/16(月)の第7回Text-Revolutions(文章系オールジャンル同人誌即売会)で「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」文庫版を出す予定なので、それが名古屋初売りになる予定です。優男イケメン!スイーツ!お仕事もの!という、近年はやりのライト文芸系の要素があるのに、センシティブという名のめんどくさい人(主役含む)たちしか出てこない!!そんな現代ファンタジーです
 
 その前に2018/06/10(日) 「第二回静岡文学マルシェ」に委託参加です。「魔法菓子コレクション」1種を委託予定です。
 どうぞよろしくお願いします。

◆BOOTHで通販&折本DLやってます
 イベント行けないとか、テキレボまで待てない(テキレボはお買い物代行があるのですが)人、自宅で折り本印刷できるよって人向けに、BOOTHを使っています。
 折本は全部A4サイズ、ご自宅のプリンターやメディア保存でコンビニコピーなどで出力して折ってみて下さい。
 同人誌は匿名配送サービス「あんしんBOOTHパック」(310円)でお送りします。
(※「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」コピー本版は頒布終了しましたので、BOOTH一覧からは見れません)
 BOOTHのページはこちらからどうぞ。(pixivIDが必要です)

◆4月13日(金) カクヨム等で「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」本編掲載はじめます
 ペーパーに書いたので有言実行します。7月テキレボ新刊の優男スイーツもの「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」(現代ファンタジー)をネット小説の形で先行掲載します。掌編連作の形を取るので、全18話前後の予定です。全部で6万字~8万字いくかいかないかなので、ギリギリ短編の形ですね。
 先行で本とほぼおんなじものを出すのはこれが初めてかもしれません。(先にネットで出したものを手直しして本にしたりはしてますが)今までは本にしてそれが完売OR完売間近でPDF化なりカクヨム移植を行っていたのですが、ここ数年の間で発表形態に関しては考え方が変わったので。
 早い話が!!!読んでほしい!!!(率直)
 わあ率直。いきなり本を買うのは高いとか、文体や作風が合わなかったら、とか、少し作者の事知りたいけど本までは買うのちょっとなあ、っていう段階の人を引きずり込みたいからです。ネットだったら読んだことを宣言しない限り、スルーもできる。好みに合わなかったらその金を他の本や娯楽に使ってくれよな! って気分になるんですよ。お金も時間も有限よ。
 というわけで、優男・お菓子(スイーツ)・ブロマンス・お仕事ものな要素を含む、センシティブという名の「めんどくさい人たち」のお菓子屋ストーリー、気になる方はお付き合い頂けると嬉しいです。

icon.jpg
この記事は、2018年7月16日に行われる文章系同人誌即売会「第7回Text-Revolutions」内ユーザー企画のリストです

優男まとめ参加作品リスト
参加作品リスト(PDF版:B5サイズ8p|約5MB)
※敬称略しております
※作品名にリンクがあるものはWEBカタログにジャンプできます
※ブースNoは番号順です

【A】


<作品名>
海に流れる(ブースNo:A-04)
庭鳥草紙/庭鳥【HPアドレス/Twitter
IMG_4465.png
<作品紹介文>
飛鳥から奈良時代にかけての歴史創作短編集。表題作の他、「遠く離れて大和をおもう」「高殿に座して」を収録。
<登場する優男のアピールポイント>
「遠く離れて大和をおもう」は、万葉集で有間皇子が詠んだ二首の和歌にちなむ作品。
謀反の疑いで捕縛、護送される有間皇子。磐代の地で、かつて宮中に仕えた嫗とのつかの間の交流を描いた短編。


<作品名>
魔法使いは飛行機械の夢を見るか?(ブースNo:A-07)
灰青/凪野基【HPアドレス/Twitter
wiz.jpg
<作品紹介文>
滅びゆく魔法文明と、日々発展してゆく機械文明が交差する国で、魔法使いの少女と機械工の少年が出会う。飛行機械で空を飛ぶのが夢だと語る少年に、少女は憧れと嫉妬を覚えつつも微笑むのだった。
<登場する優男のアピールポイント>
馬具や革製品を扱っていたエーテン社の若社長シグルド。さらさら銀髪に銀縁眼鏡とステッキ、特注のおしゃれスーツがトレードマーク。
機械文明の発展に伴い、自動車の開発に着手して実用化を果たす。学生の頃は「王子」と呼ばれてモテまくっていたふんわり天然系。中身は計算高く合理的。
学友のシア、アルターが属するグレニッツ商会とはライバル関係にある。激務のかたわら、魔法使いたちの住む風車村に自ら赴いて大量の花を買い付け、子どもたちにお菓子を配るなど、魔法使いにも寛容。気障で奇矯にも見える振る舞いには、誰にも明かさぬ理由があった。


<作品名>
城ノ内探偵事務所(ブースNo:A-09)
SiestaWeb/桂瀬衣緒【HPアドレス/Twitter
jdo01.jpg
<作品紹介文>
その問いを疑え。その解を疑え。
ちょっと変わった探偵城ノ内と事務員あかりの日常系エセミステリ。
<登場する優男のアピールポイント>
物腰柔らかな探偵・城ノ内紘。
数々の依頼をしれっと解決しますが、読者からは殴りたいとのコメント続出。


【B】

<作品名>
魔宝樹の鍵(ブースNo:B-01)
桐瑞の本棚/桐谷瑞香【HPアドレス/Twitter
魔宝樹の鍵
<作品紹介文>
己の運命を変えるために、少女は武器をとって堅物の黒髪騎士と優男の銀髪騎士と共に旅に出る。それが大樹を取り戻す戦いへ繋がっていくとは知らずに。
鍵と大樹を巡る、剣と魔法の長編冒険ファンタジー。(完結済)
<登場する優男のアピールポイント>
主人公と共に旅に出る、序盤から登場する銀髪の騎士ロカセナ。いつもにこにこしており、人当たりも良く、女性へのフォローもさりげなく上手いことから、城の侍女の中では密かに人気があったりしています。
しかし穏やかな日常の顔とは裏腹に、戦闘中では敵に容赦はせず、残忍な顔を見せることもあります。目的を達成するためには人を切り、戦闘不能にさせます。その姿は相棒にも恐れられるほどです。彼がなぜそこまで行動をするのかは、読み進めれば自ずとわかることでしょう。
3巻の表紙絵がロカセナとなります。



<作品名>
国王と七音の旋律 ~ムジーク王国記~(ブースNo:B-04)
勇者斡旋所/卯月慧【HPアドレス/Twitter
表紙書影-カタログ用
<作品紹介文>
【みんなが大好き! 愛にあふれるお兄ちゃんは国王様】
恵み豊かなムジーク王国。そこにはちょっと冴えないけれど愛は人一倍大きい王様と、個性豊かな6人の弟妹たちが暮らしています。
仲良しほのぼのファンタジー。
<登場する優男のアピールポイント>
ムジーク王家7人兄弟の三男、フラット。彼がこの作品の『優男』です。
修道院長兼国王側近である彼は、紺色の髪を風に揺らし、線の細さと優美な面立ちから女性に間違われることも。ただし身長も声も男性のそれなので単に間違えた人の思い込みである説が濃厚です。
物腰柔らかく、誰とでも敬語で話し、柔和な笑顔を絶やさぬ紳士。国王である兄に対しては世話焼きの一面が出て口うるさくなったりもしますが、基本的に気遣いのできる優しい人物です。
兄弟や周囲の人々の諍いの調停役となり、親身に話を聞く姿が見られます。他人に対して強く出られずに嫌な事でも引き受けてしまうタイプ。しかも心配性。それゆえにいろいろ溜め込んでしまいがちです。


<作品名>
神域のあけぼし 試製 第1巻(ブースNo:B-08)
オービタルガーデン/夕凪悠弥【HPアドレス/Twitter
akeboshi01.jpg
<作品紹介文>
剣と魔法の惑星に降下したのは、遙か遠く地球からやってきた航空戦闘母艦「あけぼし」。そこへ一人の少女が生贄として捧げられた時、運命の歯車は大きく動き出す。地球から遙か離れた惑星での出会いと激突の物語。
<登場する優男のアピールポイント>
伏原和貴は宇宙生まれの第一次惑星降下隊の外交官。
現地の言語に堪能で有能な外交官。策士だけどそうは見えない優男。
……だけれども妹には弱く、先輩にはタジタジで、メインヒロインは甘やかす。根のヘタレと優しさが隠しきれないお兄ちゃんキャラ。
銀髪の少女ティルと並ぶシリーズのもう一人の主人公。
心優しく、けれども強い女の子ティルを助けながら、世界を動かしていきます。

<作品名>
眠リ猫ノ夢(ブースNo:B-09〜10)
空想工房/小田島静流【HPアドレス/Twitter
nemuri_hyoushi.jpg
<作品紹介文>
「伝説の卵神官」シリーズ外伝。
「未来の卵」から遡ること約二十年。北大陸の外れに位置する「冒険者の村」エストにふらりとやってきた旅人の正体は?(ネタバレはありますがシリーズ未読でもお楽しみいただけます)
<登場する優男のアピールポイント>
くすんだ金髪に、いつも笑っているかのように細められた瞳。誰に対しても丁寧な口調を崩さない旅の青年、ヒュー。「気ままに旅をしている」とはいうものの、剣の達人にも見えなければ魔術や精霊術の使い手でもない。経歴を尋ねても、柔和な笑みと巧みな話術ではぐらかされてしまう……。
そんな彼ですが、実は重要な任務を帯びて、辺境の村エストへとやってきたのです……!

<作品名>
誓いの魔法を、あなたに(ブースNo:B-15)
たそがれの淡雪/夕霧ありあ【HPアドレス/Twitter
書影
<作品紹介文>
「いつか王国魔法士となり、あなたにお仕えいたします」
幼い頃、約束を交わした王子ダリルと少女アシュレイ。再会した二人は徐々に距離を縮めるが、その過程には数々の試練があった。恋と冒険のファンタジー。
<登場する優男のアピールポイント>
真昼の日差しのような金髪と夕焼けに似た色の瞳を持ち、柔和な表情と言葉遣いをする、王子様然とした王子ダリル。ですが彼は、王族の不自由な生活や身分制度が嫌いで、従者とも対等に接したがる傾向があります。何故か魔物に懐かれますが、追いかけられたり襲撃されたりすることもしばしば。
そんなダリルは、ひょんなことで専属魔法士アシュレイの秘密を知り、執務のかたわら、彼女のために奔走します。お節介で諦めの悪い王子の、魔法士のお姉さんへの想いの変遷をお楽しみいただければと思います!

<作品名>
甘味組曲(ブースNo:B-19)
シアワセモノマニア/青波零也【HPアドレス/Twitter
hshs_mid.jpg
<作品紹介文>
お菓子が大好きな男アキと、そんなアキの作るお菓子が大好きな女ナツ。二人の日々は、いつだって甘くてあたたかくて、とびきり幸せ。
お菓子な二人の幸せを綴る、純愛連作掌編集。
<登場する優男のアピールポイント>
長身痩躯で天パに眼鏡。見た目がゆるふわなら中身もゆるふわ、おっとりのんびりとした優男アキは、甘いものが大好きでお菓子作りも大好きで、恋人のナツのことはもっと大好き。
そんな、リア充で何だかんだハイスペックな彼、時にはお仕事でちょっと弱ってしまうこともあるけれど、ナツと一緒の時間を、甘く、あたたかく、幸せに過ごしていきます。


<作品名>
真昼の月の物語(ブースNo:B-21)
雨の庭/深海いわし【HPアドレス/Twitter
moon_twi_0.png
<作品紹介文>
機械と魔法が共存する荒廃した世界。閉ざされた町に住む記憶喪失の少女フィラは、領主としてやってきた重い秘密を抱える騎士ジュリアンと少しずつ惹かれ合っていく。SF恋愛ファンタジー。
<登場する優男のアピールポイント>
第二巻から登場するフランシス・フォルシウス。ジュリアンのライバルポジションの光王親衛隊隊長。銀髪碧眼の優しげな美貌の持ち主だが、決して真意は見せない。物語のヒーローであるジュリアンと対立する立場でありながら不思議と親しげな様子も見せる、フィラにとっては謎の青年。

【C】

<作品名>
Just Like a Friend(ブースNo:C-01)
R.B.SELECTION/濱澤更紗【HPアドレス/Twitter
b1fb31161ff72d54c7408b0b4dae7320a38c4b3e_large.jpg
<作品紹介文>
静岡県西部を実際に走っていた「遠州鉄道奥山線」鉄道擬人化小説。優しくて、一本筋が通っていた濱松。やがて戦争が彼のすべてを奪った。そんな時手を差し伸べたのは…。そして彼の新しい名は「奥山」。
<登場する優男のアピールポイント>
本人は自覚がないが、女性と間違えられる容姿と仕草。ジェントルマンで純情なところがあるが、酒が入れば人が変わったかのように。そんな「奥山」がメインのこの本では最初この名前ではありません。そして、別の本でまた名前が変わります(カズハ)。そんな彼は一度だけ恋をし、永遠にその人だけを想い続けます。そんなひたむきな彼の生涯をご堪能ください。

<作品名>
おやすみ、スターダスト(ブースNo: C-05)
むしむしプラネット/柏木むし子【HPアドレス/Twitter
エリラビ表紙RGB切り取りカタログ用
<作品紹介文>
『花と星屑の街で、私たちはとびっきりのデートをするの。仕事のことなんて忘れて、君の手を取って、どこまでも』
ふしぎな出版社のファンタジー社畜カップルの、甘ったるくちょっと切ない幻想恋愛リア充観察短編。
<登場する優男のアピールポイント>
ふしぎな出版社・アカシア書房の記者であるエリルベート(通称エリー)は、『実在する奇妙な仕事』を探すべく様々な異世界に赴き、ろくでもない短期の仕事を身をもって体験しまくる不憫バイト野郎である。そんな彼がオフの日に見せる、同僚でありなんでそこ付き合ってないの?な仲である女の子ラビィステフ(通称ラビ)へ向けた顔が本作の見どころです。普段の胃が痛そうな顔とは違う、穏やかにスマートに、そしてすっとこどっこいな面や下心もポロリしつつ。不憫おかっぱ眼帯男子の彼氏面をたっぷりご賞味ください!

<作品名>
砂の棺(ブースNo:C-17)
アメシスト/天海六花【HPアドレス/Twitter
suna-jou.jpg
<作品紹介文>
砂漠の国の傭兵カルザス。彼の中には記憶と実体を失くした「俺」という別人格がおり、彼の痕跡を求めて旅している。
ある日、美麗の詩人シーアと出会い、彼らの運命は国を揺るがす大きな闇に翻弄されていく。
<登場する優男のアピールポイント>
褐色の肌に黒髪黒目で、傭兵という生業に見合わないほど温厚な青年カルザス。
傭兵でありながら、斡旋される仕事には、おじいちゃんおばあちゃんの世間話のお付き合いや、ご婦人の買い物のお手伝いまで、とにかく来るもの拒まずなところが、人生の先輩方に可愛がられる所以だったり。
けれど、やる時はやります。見た目にそぐわぬ力強い剣撃は、チンピラもどきな盗賊風情に負けやしません。
実力はあるのに、それをひけらかすことなく、事件を解決していく姿はとても勇ましいのです。
本編にはもう一人、優男が登場しますが、こちらはまだ秘密。


<作品名>
ミディアミルド物語(ブースNo:C-25〜26)
千美生の里/野間みつね【HPアドレス/Twitter
mmss-2kan_line.jpg
<作品紹介文>
架空世界“ミディアミルド”の一地域を舞台に、戦乱から統一へ向かう或る一時代を描く、歴史群像小説。本伝は現在10巻まで刊行済、外伝集も6冊刊行済。ぶっちゃけた話“ミディアミルド版『三国志』”(汗)。
<登場する優男のアピールポイント>
【タリー・リン・ロファ】 本作の重要脇役のひとり。本伝登場時は、マーナ国の三等近衛兵。▼人畜無害と大書されているような童顔、一見穏やかな物腰、切迫感が薄いように聞こえる物言い故に、彼のことを深く知らない人々からは「温和な紳士」「優男」と評されている。しかし、にこにこしながらすらっと毒を吐いたり、言い寄ってくる同輩をぼっこぼこに叩きのめしたりなど、決して温厚温和なだけではない青年。▼生母が庶民の出であるが為に軽んじられることもあるが、強兵揃いのマーナ近衛隊の中でも指折りの剣の腕前を持っており、武人としての総合力も高い。紆余曲折を経て、三十歳の若さで近衛副長に任じられることになる。

【D】


<作品名>
嫌犬(ブースNo:D-14)
インドの仕立て屋さん/藤和【HPアドレス/Twitter
twin001a.jpg
<作品紹介文>
高等遊民の青年と、ちょっと嫌な感じの喋る犬が織り成すハートフルストーリー。
色々な人に振り回されつつ、迎える結末とは
<登場する優男のアピールポイント>
容姿その物は平凡だけれども、いつも和服を着ているため服装で目立つ。
落ち込むことは多いけれど、怒ったりすることはほとんど無く、優しく穏やかに接してくれる。
飼い犬を甘やかし気味。

<作品名>
見果てぬ海のトリエステ(ブースNo:D-15)
まよなかラボラトリー/紙箱みど【HPアドレス/Twitter
トリエステ仮書影(小)
<作品紹介文>
オレがルールだ!二度目はないと言ったのは誰?
――さあ潜れ、手を取り合った【魔王】の命がけダイビング!!

定期ゲーム『四畳半魔王城~本日営業中!~』 ENo.18 深夢想水族館『トリエステ』の日記まとめ本です。
<登場する優男のアピールポイント>
ニーユ=ニヒト・アルプトラ。書影の赤縁アンダーリムの眼鏡。
マッチョだが穏やかというより臆病な性格、そして致命的なまでのお人好し(【水族館の従者】談)、そして料理上手の良物件。なお彼女持ち。
本業は整備士だが、本作では【水族館の料理人】として大活躍している。(たぶん)

<作品名>
アリアドネの珈琲(ブースNo:D-23〜24)
シュガーリィ珈琲/ヒビキケイ【Twitter
Web用
<作品紹介文>
住宅街にひっそりと建っている喫茶「合縁奇縁」には、今日も迷い人が救いと指針を求めてやってくる。喫茶店マスターとウェイターが見せる夢は、とても甘く、ほろ苦い。
珈琲という名の希望を淹れる喫茶店の物語。
<登場する優男のアピールポイント>
柔和な笑顔で温かく客を迎える喫茶店マスターの士郎は、元・探偵という異例な経歴の持ち主。柔らかな物腰と聞き惚れるテノールの優しい声、そして穏やかな口調の士郎に、常連客は口を揃えてこう言った。
「マスターと話していると、悩みも怒りも馬鹿らしいモノのように思えてくるよ。ここのブレンドとマスターは安定剤だね。心が和む」
士郎は、今日も小さな悩みを吹き飛ばす珈琲を淹れて語りかける。
「美味しい珈琲、美味しいスイーツ。そして、小さな夢は如何ですか?あなたのお越しをお待ちしております」


【E】

<作品名>
二九六銀座でいただきます(ブースNo:E-26)
三日月パンと星降るふくろう/雲形ひじき【HPアドレス/Twitter
20180417_ginza_omote_20180603112654dc2.jpg
<作品紹介文>
古き良き駅前商店街・二九六銀座の一角にその珈琲店はある。幼馴染アオイとの再会を喜ぶアズサは、アオイのバイト先である星田珈琲へ通い始める…。地元で愛される星田のモーニングをシリーズ既刊と合わせてどうぞ。
<登場する優男のアピールポイント>
どこか垢抜けないレトロな喫茶店、星田珈琲。そこを切り盛りするサカイ店長は、フンワリした喋り口に目尻のトロッと下がったまなざしの優男です。常連客から「サカイくん」と呼ばれ、「ヌカ」だの「馬耳東風」だのと評されるサカイ店長と、おっとり優しい(そしてちょっとズレた)珈琲タイムを過ごしてみませんか?


【F】

<作品名>
白樺の牢獄(ブースNo:F-06)
notice me senpai/宮崎笑子【HPアドレス/Twitter
IMG_20180311_195422.jpg
<作品紹介文>
彼氏を親友に寝取られた女子大生・多英は、ふとしたきっかけで知り合った男との時間を重ねるうち彼に惹かれてゆく。そんな中迫る恐怖のことは、まだ知らない。
<登場する優男のアピールポイント>
儚い・ワンパンで骨が折れる・幸薄そうの三拍子揃った優男です、ヒーローです。優しくてちょっとスケベで風が吹いたら飛んでいきそうなくらい身も心も軽い男です。でもヒロインの窮地には必ず駆けつけて、身を挺して守ってくれます!

<作品名>
彼の名はA 前期総集編(ブースNo:F-16)
恋人と時限爆弾/鳴原あきら(Narihara Akira)【HPアドレス/Twitter
karenonaha_a_zenki_soshuhen.jpg
<作品紹介文>
喫茶Jの片隅で、悩める少女達の相談にのるA(エイ)。
街で起こる不思議な事件を、解決したり、しなかったり――?
大人気ミステリシリーズ「彼の名はA」の初期2冊の合本です。
<登場する優男のアピールポイント>
女のような美貌のAちゃんは、女の子の味方。
喫茶店の片隅で、何でも屋と名乗って、少女達の話に耳を傾けます。
姉さんにはめっぽう弱いし、「僕は、僕のできることしか、やらないよ?」と弱腰なことを言いますが、相談されたトラブルに対しては、最後まで親身につきあいます。普通の人が解決できることは、実はたくさんあるはずで、Aちゃんはそれを体現する優男なのです。

<作品名>
彼の名はA 番外総集編(ブースNo:F-16)
恋人と時限爆弾/鳴原あきら(Narihara Akira)【HPアドレス/Twitter
karenonaha_a_bangai_soshuhen.png
<作品紹介文>
大人気ミステリ「彼の名はA」総集編その2。
喫茶Jの片隅で、悩める少女達の相談にのるA。
街で起こる不思議な事件を、解決したり、しなかったり?
初期総集編の未収録作品を、一冊にまとめました。
<登場する優男のアピールポイント>
女のような美貌のAちゃんは、女性の味方。
喫茶店の片隅で、何でも屋と名乗って、困っている少女達(年齢にかかわらず!)の話に耳を傾けます。
姉さんにはめっぽう弱いし、「僕は、僕のできることしか、やらないよ?」と弱腰なことを言いますが、相談されたトラブルに対しては、最後まで親身につきあいます。普通の人が解決できることは、実はたくさんあるはずで、Aちゃんはそれを体現する優男なのです。

<作品名>
彼の名はA 北風と太陽と(ブースNo:F-16)
恋人と時限爆弾/鳴原あきら(Narihara Akira)【HPアドレス/Twitter
karenohana_a_kitakazeto_taiyouto.jpg
<作品紹介文>
大人気ミステリ「彼の名はA」その3。
今回の相談は「北風と太陽とその次の場所にいる」という謎の言葉を残して失踪した親友の行方さがし。これは学校で起きている怪奇現象と関係あり?
書き下ろし短編も収録。
<登場する優男のアピールポイント>
女性のような美貌のAちゃんは、女の子の味方。
喫茶店の片隅で、何でも屋と名乗って、困っている少女達の話に耳を傾けます。「僕は、僕のできることしか、やらないよ?」と弱腰なことを言い、今回の依頼の難易度の高さに尻込みしますが、やはり最後までつきあいます。孤独に寄り添ってもらえるだけで、彼女たちは救われるのです。

【G】

<作品名>
翼交わして濡るる夜は(ブースNo:G-16)
柳屋文芸堂/柳田のり子【HPアドレス/Twitter
翼交わして濡るる夜は表紙イメージ
<作品紹介文>
恋愛を怖がるようになってしまった司のために、僕は優しい友達のふりをする。ピアノを弾いてあげて、一緒に美味しいものを食べて。でもこの関係、いつまで続くのだろう? ボケ×ボケのボケ倒しグルメBLです。
<登場する優男のアピールポイント>
ドイツ文学者の父と音楽家の母に大切に育てられた熊本のお坊ちゃん。大学に通うために東京で一人暮らしをしている。特技はピアノと作曲。愛らしい容姿と気さくな性格のせいで「優しい」と思われがちだが、本人は内心複雑。母親が食材を次々に送ってくるので、やっつけるように野菜たっぷりのパスタやスープを作る。好物は甘いものとサラリーマン。
「自分がどれだけ酷い人間で、それをいかに必死で隠して司と接しているか。全部懺悔してしまいたい。ダメだ。今の司には優しい友達が必要なんだ。「本当に」優しい友達でなくたっていい」

【H】

<作品名>
Love Story~とある恋物語~(ブースNo:H-11)※Webリスト掲載のみ
アテナ戦記/橋本野菊【HPアドレス/Twitter
<作品紹介文>
カップルの男側視点と女側視点の、二つの視点から恋の物語を紡いでゆきます。
何気に当サークルで扱っている、聖闘士☆矢ネタも。
海の日に海の見えるカフェで、話し合いをする男女。
別れたのか分かれなかったのか、果たして結末は?
<登場する優男のアピールポイント>
ひょんな事からオタクに染まりつつある彼女へ、一般人でありながら、寄り添い付き合う、優しさを持った男性です。

【I】

<作品名>
赤目のおろく(ブースNo:I-04)
UROKO/三谷銀屋【HPアドレス/Twitter
hUaeJN__.jpg
<作品紹介文>
死神の手違いで三途の川に連れてこられた少女・おろくは、目玉売り屋の英太郎によって右の目玉を妖力の宿る赤い目に換えられてしまう。妖力を得たおろくは数奇な運命をたどる。時代小説風の和風怪奇ファンタジー。
<登場する優男のアピールポイント>
本作の「優男」英太郎は、三途の川のほとりに店を構える目玉売り屋。地獄に住む鬼や妖怪、死神達を相手に、様々な色の瞳や形を持った目玉を売って商売をしている。元々は死神として閻魔王庁で働いていたが、死にゆく人間に同情する心が強すぎるため死神稼業に向いていなかった。そのため、百年程前に死神を辞めて目玉売り屋に職替えをした。口数は少ないが、心根は優しく、真面目で心配性。同居人の死神の左之吉によく振り回されている。


【委託】


<作品名>
蒼衣さんのおいしい魔法菓子(ブースNo:委託-23)
またまたご冗談を!/服部匠【HPアドレス/Twitter
表紙先行1
<作品紹介文>
「魔法菓子店ピロート」は優男のパティシエ・蒼衣と陽気な店長・八代が営む店。不思議なお菓子『魔法菓子』を売るピロートには”人生のつまづき”を抱える客が訪れる。現代FTヒューマンドラマ連作短編集。
<登場する優男のアピールポイント>
サラッサラの長めの髪の毛に、女性と見まごうほどの顔をした優男・天竺蒼衣は「お菓子で人を幸せにしたい」と考える少々お花畑な思想のアラサー男性。おまけに店長である親友・八代への依存もひどいものです。通称おぼろ豆腐メンタル。優しくあろうとする彼の胸の内には、ひとの醜い部分……嫉妬やわがままなども潜んでいます。他人に優しくありたいと思いつつも、自分もどこかで優しくされたい、報われたいという相反する感情を抱いている闇深き男をよろしくお願いします!

<作品名>
巴市の日々(上)(ブースNo:委託-26)
N.T.P./歌峰由子【HPアドレス/Twitter
<作品紹介文>
長い黒髪の美青年・宮澤美郷は、巴市役所のオカルト対策係に呪術者として就職した。しかし術を駆使して大活躍! と簡単には行かず…。リアルお役所事務と、不思議が入り混じる日々を描く現代オカルトFT。
<登場する優男のアピールポイント>
 主人公の美郷(みさと)は長い髪が似合う中性的な美青年ながら、「頼りない」と思われてしまうタイプ。無難に日々を過ごそうとする美郷だが、引っ越し早々路頭に迷ったり、高校時代の友人に無視されたりと地味~に前途は多難だ。
 出身は大変な名家だが、ワケあって実家を捨てた美郷。へらりと貼り付けた曖昧な笑みの下に他人に言えない過去を隠し、新しい「居場所」を探す彼の日常やコンプレックス、仕事の苦労を描いています。
 長い黒髪の美青年、頼り無さそうな雰囲気、薄暗い過去と背負う特殊体質など、要素てんこ盛りでお送りします! 真逆な雰囲気の友人、狩野怜路との友情も宜しくお願いします!


<作品名>
あけびかづら(ブースNo:委託-31)
花うさぎ/usaurara【Twitter
優男企画参加画像2
<作品紹介文>
絹と着物をめぐる現代ファンタジー「海柘榴シリーズ」。主人公の大桑は一見優男です。あけび葉模様の絹地貼り表紙、和紙の本文紙を使い蛇腹型手製本でお届け。やわらかな色と手触り、そして物語をお楽しみ下さい。
<登場する優男のアピールポイント>
夢使いにして養蚕教師の大桑は仕事柄いつも着物。(洋服はもう持ってないが靴下だけは履くことがある) とにかく仕事熱心。「仕事」となれば、男とも女とも寝る。(時には自分より二十歳も若い女の世話になったりもする) 独り暮らしが長く家事全般ソツなくこなす。何かとこだわりが多いタイプ。ぎょうざはお酢に限る、お味噌汁は具によってはアゴ出汁でないと云々。大学卒業後勤めた製糸会社が潰れてからいっとき花柳界に身を寄せ身過ぎ世過ぎの苦労を知る。なにかと事情通、訳知りである。幼馴染の晃一と亡くなった妹への想いを長年胸に秘める。

<作品名>
空気をソーダで割る方法(ブースNo:委託-34)
a piacere/西乃まりも【HPアドレス/Twitter
hiyamatanpen-omotehyosi.jpg
<作品紹介文>
男子大学生専用下宿『桧山荘』。その周辺に集う人たちの日常は、大体いつも、まぬけで滑稽。
痛々しくも憎めない――そんな日々の欠片を切り取った短編集。
<登場する優男のアピールポイント>
家事も仕事も、他人の子供の面倒だってきっちり見てしまう、現実にいたら一家に一人は欲しいタイプの優男。ワケ有りのため、人と深い仲になることを避けていることもあって、物腰はあくまでやわらか、良くも悪くも大人です。日々の家事労働に追われる皆様の心の癒しになればと思い、今回こちらの企画にエントリーさせていただきました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。